GMOインターネット株式会社は、2022年9月1日よりGMOインターネットグループ株式会社に商号変更いたしました。

詳細はこちら

2021年5月10日

GMOインターネットグループ
新型コロナウイルス感染防止のため
緊急事態宣言の延長を受け、出社許可制(原則在宅勤務)を継続
独自の緊急事態宣言が発令された宮城県仙台市、宮崎県も移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループは、新型コロナウイルスの感染者数の増加を受けて政府より緊急事態宣言が発令された、東京都・大阪府のオフィスに勤務するパートナー(従業員)について、独自の判断基準に基づき、2021年4月26日(月)より出社許可制で原則は在宅勤務とする体制へ移行し、該当地域の出社率の約8割削減を維持しておりますが、2021年5月7日(金)に政府により緊急事態宣言の延長が決定されたため、同様の出勤体制を継続してまいります。
 また、独自の緊急事態宣言が発令された宮城県仙台市、宮崎県のオフィスに勤務するパートナー(従業員)についても同様に出社許可制で原則は在宅勤務とする体制へ移行しています。

 GMOインターネットグループでは、感染症等によるパンデミックの発生時における勤務体制について、パートナーの命を守ることを最優先としたうえで、サービス・事業活動を継続していくために、社会状況(国や都道府県の定めるルール、感染規模、医療環境)から総合的に判断する独自の基準を設けています。本基準に則り、現体制は「レベル3:出社許可制(原則在宅勤務)」となります。今後の体制については、外部環境に応じて判断してまいります。
<参考>GMOインターネットグループの「パンデミック時における対策発令・対応レベル」
    URL:https://www.gmo.jp/pdf/info/news/gmo_news_49.pdf

 今後もGMOインターネットグループでは、緊急事態・自然災害や当社グループを取り巻く経営環境の変化に速やかに対応し、お客様、株主様、パートナー、すべてのステークホルダーの「笑顔」「感動」につながる企業活動を通じて、社会と人々に貢献してまいります。

TOP