2023年1月12日

GMOグローバルサイン・HD、
CloudCREWクラウドクルー byGMO」で『AWSマネージドセキュリティ』提供開始

~AWS環境を24時間365日、セキュリティ監視・運用~

  • GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOグローバルサイン・HD)は、2023年1月12日(木)よりマルチクラウド対応のフルマネージドサービスを展開する「CloudCREWクラウドクルー byGMO」において、24時間365日アマゾン ウェブ サービス(AWS)環境のセキュリティ監視・運用を行う『AWSマネージドセキュリティ』を月33,000円(税込)からの料金で提供を開始いたします。
 これにより、AWS環境のセキュリティ強化を急務とする中堅・中小企業のお客さまは自社システムに関わるセキュリティリスクをリアルタイムに把握し、AWSのベストプラクティスにそったセキュリティ対策を迅速かつ効果的に実践できるようになります。

【『AWSマネージドセキュリティ』提供開始の背景】

 昨今の円安や、世界的な半導体不足によるサーバー、ストレージなどのハードウェアの供給遅延、そして原油価格上昇による電力料金の高騰といった背景を受け、システム調達時の選択肢がオンプレミスからクラウドへシフトしています。企業や組織において主要クラウドのひとつであるAWSの活用が進む中、適切なセキュリティ強化対策を講じることは、取り組むべき重要課題としてあげられます。
 一方、年々国内のIT人材不足は深刻化しています。AWSとセキュリティの専門知識を有する技術者を確保し、セキュリティの観点で常時監視する体制を自社だけで構築・運用する難易度は低くありません。
 AWS環境を対象とした、セキュリティ管理体制の導入から監視・運用における負担を軽減し、企業が効果的なセキュリティ対策を実践できるよう、「CloudCREW byGMO」において『AWSマネージドセキュリティ』をご提供するに至りました。『AWSマネージドセキュリティ』を利用すれば、初期投資を抑えつつ、最短で常時監視体制を整え、セキュリティ対策の効果を速やかに享受できるようになります。

【『AWSマネージドセキュリティ』について】
(URL:https://managed.gmocloud.com/aws/managed_security/

 『AWSマネージドセキュリティ』は、AWSが提供する9つのセキュリティおよびアイデンティティサービスを活用し、AWS アドバンストティアサービスパートナーであるGMOグローバルサイン・HDがセキュリティ管理体制の迅速な導入を推進し、24時間365日の監視・運用を持続的にご提供するものです。
 AWS環境において、脆弱性、インシデント発生および発生前の予兆、AWSのベストプラクティスにあわない設定変更などのセキュリティリスクを検知した場合は、速やかにお客さまへアラート通知いたします。また、アラート通知に対しての二次調査(対応方法の調査)を実施し、その対応策をご案内するセキュリティサポートのご用意もあります。これにより、お客さまは自社システムに関わるセキュリティリスクをリアルタイムに把握し、AWSのベストプラクティスにそったセキュリティ対策を迅速かつ効果的に実践できるようになります。

【『AWSマネージドセキュリティ』の特長について】

1.AWSのベストプラクティスに基づくセキュリティ対策
 主要クラウド認定資格を有するアカウントSEが、AWSが提供する9つのセキュリティおよびアイデンティティサービスの導入・設定から監視・運用までサポートいたします。AWS Well-Architectedパートナープログラムの認定取得を受けた「CloudCREW byGMO」は、その運用ノウハウをいかし、AWSのベストプラクティスに従ったセキュリティ対策をご提案いたします。

2.セキュリティリスクをリアルタイムで分析・検知し、速やかに通知
 24時間体制で、AWS Well-Architected Frameworkに準拠したセキュリティ監視を行います。高度な分析により、セキュリティリスクを検知した場合、即時アラートを通知いたします。また、アカウントSEがセキュリティリスクへの対処方法を調査してご案内するセキュリティサポートも利用できます。

3. セキュリティ対策の導入効果を可視化するレポート
 毎月、お客さまのAWS環境で発生したセキュリティリスクをレポートにまとめてご提出いたします。実際に起きた攻撃をどのようにブロックしたのか、月次レポートによってセキュリティ対策の導入効果を可視化いたします。

【『AWSマネージドセキュリティ』のサービス仕様および料金について】

■サービス仕様
(URL:https://managed.gmocloud.com/aws/managed_security/service.html

①AWSが提供する9つのセキュリティおよびアイデンティティサービスの導入支援
  1.AWS Identity and Access Management Access Analyzer
  2.Amazon GuardDuty
  3.AWS Config
  4.AWS CloudTrail
  5.AWS Security Hub
  6.AWS Web Application Firewall
  7.Amazon Macie
  8.AWS Systems Manager Patch Manager
  9.Amazon Detective

②24時間365日対応のセキュリティ監視・運用

③ログ/イベント記録、アラート通知によるサポート対応

④アラートに対しての二次対応(対応方法の調査)を実施し、その対応策をお客さまへお伝えするセキュリティサポート対応

⑤月次レポートのご提出

■料金(URL:https://managed.gmocloud.com/aws/managed_security/pricing.html

プラン名
ライトプラン
スタンダードプラン
アドバンスドプラン
カスタムプラン
対象台数
5台迄
5台迄
10台迄
5台迄
10台迄
16台以上
初期費用(税込)
110,000円
165,000円
220,000円
個別見積もり
月額費用(税込)
33,000円
55,000円
99,000円
132,000円
165,000円

※ 対象台数は、AWS アカウント内に存在するリソースの合計台数を指します。
※ AWS 各種サービスのご利用料金は、実費をご負担いただきます。

【「CloudCREW byGMO」とは】
(URL: https://managed.gmocloud.com/

 GMO グローバルサイン・HD は、27 年にわたって IT インフラの設計・開発、監視・運用・保守を手掛けるクラウドインフラ事業を運営しています。オンプレミスから大規模クラウドまで多様なプラットフォームの開発・運用実績、法人サポートで培った技術力、提案力、ノウハウを集結させた「CloudCREW byGMO」のフルマネージドサービスは、AWS および Google Cloud に対応しています。主要クラウド認定資格を有する SE を中心としたチームで、お客さまのクラウドファーストの成功体験を最大化できるよう支援いたします。

【GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社とは】
(URL:https://www.gmogshd.com/

 11万社の法人のサーバー運用実績、国内販売代理店 約6,800社の販売代理店を有するホスティング事業者であり、世界で5社(※1)しかないグローバルでシェアを持つ電子認証局の中で唯一の国産認証局「GlobalSign」を保有する老舗IT企業です。政府関連機関・大手企業をはじめ世界各国の企業・団体に電子証明書を導入しています。

(※1)有償SSL認証局。英Netcraft社「Netcraft SSL Survey」調べ

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 
     TEL:03-6415-7076
     お問い合わせフォーム:
    https://managed.gmocloud.com/contact/

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
     社長室 広報担当 大月・遠藤
     TEL:03-6415-6100 E-mail:pr@gmogshd.com

    ●GMOインターネットグループ株式会社
     グループコミュニケーション部
     広報担当 川縁
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

    株式情報 プライム(証券コード3788)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長執行役員 青山 満
    事業内容 ■電子認証・印鑑事業
    ■クラウドインフラ事業
    ■DX事業
    資本金 9億1,690万円
TOP