2022年4月4日

2022年6月開催
「KIKKAKE(きっかけ)~ガールズプログラミングフェス~2022」
イベントの趣旨に賛同いただけるプログラミングスクールの募集を開始

~参加費無料、SDGsの達成に向けた活動の機会を提供~

  • GMOメディア株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)は、株式会社アフレル(代表取締役社長:小林靖英 以下、アフレル)と共同で2022年6月に1ヶ月にわたり開催する「KIKKAKE(きっかけ)~ガールズプログラミングフェス~2022」(以下、KIKKAKE2022)に参加いただけるプログラミングスクールの募集を開始いたしました。

 「KIKKAKE2022」の開催目的であるSDGsの「4.質の高い教育をみんなに」と「5.ジェンダー平等を実現しよう」の達成に向けてイベントに賛同いただけるプログラミングスクールが対象となります。本イベントには無料でご参加可能で、スクールイベントの実施だけでなく、プログラミング教育におけるジェンダーギャップ解消のヒントとなる限定セミナー等に参加いただくことができます。さらに、組織内でのSDGs達成に向けた取り組みの推進や対外的なブランディングにもお役立ていただくこともできます。

 この度の募集開始に伴い、「KIKKAKE2022」への参加を検討しているプログラミングスクール・事業者を対象とした説明会を2022年4月に開催いたします。

「KIKKAKE(きっかけ)~ガールズプログラミングフェス~2022」特設サイト
URL: https://kikkake2022.coeteco.jp/


※イベントのスケジュールやコンテンツは随時更新してまいります。

【プログラミングスクール・事業者向け説明会概要】

タイトルイベント事前説明会
日時4/6 (水)12:00~13:00
4/15(金)11:00~12:00
4/21(木)12:00~13:00
4/25(月)11:00~12:00
参加費無料
対象「KIKKAKE2022」への参加を検討しているプログラミングスクール、事業者
お申し込み方法以下のサイトから必要事項を入力しお申し込みください
https://learninglab.afrel.co.jp/seminar/kikkake/

【「KIKKAKE(きっかけ)~ガールズプログラミングフェス」とは】

 「KIKKAKE(きっかけ)~ガールズプログラミングフェス~」は、「コエテコ byGMO」とアフレルが2021年6月に初めて開催した高校生までの女の子を対象としたプログラミング体験イベントです。SDGs「4.質の高い教育をみんなに」と「5.ジェンダー平等を実現しよう」を達成することを目的に開催しました。

 2021年のイベントは、全国20都府県のプログラミングスクール107ブランドがブランドの垣根を超えて「女の子への質の高いプログラミング教育の提供」「プログラミング教育への女の子の参加率向上」という課題に対して業界全体で向き合った画期的な取り組みとなり、合わせて1,500名以上に参加いただきました。

■プログラミングスクール・事業者参加条件
 下記の全ての条件に該当するプログラミングスクール・事業者であればどなたでも参加可能です。

・本イベントの企画趣旨に賛同すること
・2022年5月時点で子ども向けプログラミングスクールを運営していること(使用教材や運営方法は問いません)
・「体験コンテンツ」の企画、実行していただけること
※教室の安全管理体制が確認できない場合、参加をお断りする場合があります。
※本イベントへの参加はプログラミングスクールのブランド単位となります。参加をご希望されるスクールは、各社ブランドを管理する本部にご確認の上、お申し込みください。

【「コエテコ byGMO」とは】(URL:https://coeteco.jp/

■小学生向けのプログラミング・ロボット教室情報掲載数業界No.1
 GMOメディアが運営する「コエテコ byGMO」は、「プログラミング教育がわかる、プログラミング・ロボット教室がみつかる」をコンセプトに、2017年11月に開設した小学生向けのプログラミング・ロボット教室情報掲載数業界No.1のプログラミング教育ポータルサイトです。2021年12月時点で掲載された教室数は11,000を超えています。

■プログラミング教育解説記事など関連情報も充実し、保護者の方々のスクール選びをサポート
 2020年4月からの小学校でのプログラミング教育の必修化に伴いプログラミング教室への注目が高まっていることから、国内のプログラミング教室の数も10,000を超えるなど急激に拡大しています。また、保護者の多くはプログラミング学習が未経験ということから「子どもに合うプログラミング教室がわからない」という悩みを抱える方も少なくありません。

 「コエテコ byGMO」では、サービス開始当初から「わからないことをわかりやすく」という理念の基、プログラミング教育の解説記事や教室の情報を充実させることで、保護者のニーズを満たしてきました。

 また、SDGsの1つである「4.質の高い教育をみんなに」の達成に向け、プログラミング教育に関する最新ニュースや調査結果をはじめ、様々なプログラミング教室の情報を伝えることで、小学生のお子さんを持つ親御さんを対象に、プログラミング教育への理解を深めるとともに、プログラミング教室選びの参考となることを目指しています。

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOメディア株式会社 
     広報担当 森島
     TEL:03-5456-2626 E-mail:pr@gmo.media

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 寺山
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOメディア株式会社

    株式情報 グロース(証券コード6180)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 森 輝幸
    事業内容 ■メディア事業   
    ■その他メディア支援事業
    資本金 7億6,197万円
TOP