2021年12月23日

GMOクリエイターズネットワークが、
建設現場で働く人を支えるアプリ「助太刀」に
『ファクタリング API』提供を開始
~「助太刀」上で受注した工事代金を最短即日中に現金化~

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社であるGMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:伊藤 毅 以下、GMOクリエイターズネットワーク)が運営する日本初のフリーランス(※1)に特化した金融支援サービス「FREENANCE byGMO」(URL:https://freenance.net/)は、株式会社助太刀(代表取締役社長兼CEO:我妻陽一 以下、助太刀)が提供する約160,000超の登録事業者を有する「建設現場で働くすべての人を支える」アプリ「助太刀」(URL:https://suke-dachi.jp/)へ、子会社である株式会社助太刀ファイナンシャルサービス(代表取締役社長:金谷圭晃)を通じ、ファクタリング APIの提供を開始しました。これにより「助太刀」ユーザーは、「助太刀」のアプリ上から短時間かつ少ない工数で、終了した案件の工事代金を最短即日中に現金化できるようになります。

 「FREENANCE byGMO」では、2020年11月に請求書(売掛債権)を最短即日中に現金化できるファクタリングサービス『FREENANCE 即日払い(以下、即日払い)』や最大で5,000万円までの業務上の事故の補償を行う『FREENANCE あんしん補償』をはじめ、「FREENANCE byGMO」のさまざまなサービスを外部に提供する「FaaSファッース(FREENANCE / Factoring as a Service)(※2)構想」を発表しました。2021年11月現在、提携事業者数は50社を超えます(FaaS以外の提携も含む)。
 2021年12月21日からは、フリーランス向けのサービスを運営する事業者が、自社のサービスにファクタリングサービスを組み込むことができる『ファクタリング API』の提供を開始しました。今回の「助太刀」へのAPI提供は、その第一弾となります。

(※1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(※2)URL:https://freenance.net/archives/news/1724/

【「助太刀」へのAPI提供の背景】

 助太刀は、現場で働く職人からのニーズを受け、受注者が業務終了後に素早く工事代金を受け取ることができる『助太刀あんしん払い』(URL:https://suke-dachi.jp/pay/)を自社で提供していましたが、審査から支払いまでのスピードなどが課題となっていました。今回の『ファクタリング API』の導入によって、それらの課題を軽減しながら、『助太刀あんしん払い』を運用することができるようになります。

 「助太刀」ユーザーはこれまでと同様、引き続きアプリ上から『助太刀あんしん払い』を利用することができます。その際の手数料は一律10%で、審査が完了していれば申込当日中の着金も可能です。

【利用フロー】

1:「助太刀」ユーザーはアプリから、『助太刀あんしん払い』を利用したい案件の業務内容や金額を正確に入力し申請します。
 ※請求書の添付は不要です。
 ※個人間でのお取引(発注者・受注者が共に個人)にも利用いただけます。

2:申請が承認されれば、全国のセブン銀行ATMで受取り可能です。申請者の本人口座で受け取ることもできます。

【今後の展望】

 今回の助太刀への『ファクタリング API』の提供によって、ファクタリングサービス『即日払い』の利用可能なシーンが広がり、より多くのフリーランサー・個人事業主をサポートできるようになりました。今後も引き続き、フリーランサー・個人事業主が「より自由に、もっと安心して働くためのインフラ」となることを目指し、さまざまな業界への『ファクタリング API』の提供を進めてまいります。

【『ファクタリング API』とは】

 GMOクリエイターズネットワークは、幅広い業界のフリーランス・個人事業主への支援を加速させるべく、「FREENANCE byGMO」の機能を外部へ提供する「FaaS構想」を展開し、「FREENANCE API」や「FREENANCE OEM」でさまざまな企業と提携してきました。

 これまでの「FREENANCE API」は、API提供を受けたサービスのユーザーによる「FREENANCE byGMO」への会員登録が必須でした。それにより「FREENANCE byGMO」の付帯サービスであるフリーランス特化型の損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』や反社チェックといった手厚いサポートを実現していましたが、「補償はなくてもいいので会員登録の手間を省きたい」「すぐに即日払いを利用したい」といったニーズに応え、「FREENANCE byGMO」への会員登録なしでファクタリングサービスを利用できる『ファクタリング API』の提供を開始しました。(※3)

(※3)URL:https://freenance.net/archives/news/2659/

【「FREENANCE byGMO」とは】

 GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランス・個人事業主のための金融支援サービスです。収納代行用口座『FREENANCE口座』を事業収入の受け取り先とすることで、請求書(売掛債権)をすぐに現金化できる『FREENANCE即日払い』が利用でき、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』が無料付帯します。また、ユーザー登録時に本人確認および反社チェックを行なっているため、「FREENANCE byGMO」のユーザーであることを信用の証として利用いただけるなど、さまざまな形でフリーランスの方の働き方を支援しています。

【「助太刀」とは】

 株式会社助太刀は、建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」を運営しております。登録事業者数は16万を超え、建設業界におけるマッチング領域では圧倒的なシェアを誇ります。「助太刀」では建設業界のあらゆる課題を解決するべくマッチングサービスをはじめ、求人、ファクタリング、ECなど様々なサービ
スを展開しております。「助太刀」は国土交通省の「令和2年度 i-Construction大賞」において国土交通大臣賞を受賞しており、建設業のDXを推進する優れた取り組みとして評価されております。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOクリエイターズネットワーク株式会社
     FINTECH事業部 広報担当 中野・森
     TEL:03-5458-8056 E-mail:pr@gmo-cn.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社
     広報担当 伊早坂
     TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 寺山
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社

    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 伊藤 毅
    事業内容 フリーランス向け金融支援サービス
    資本金 9,165万円
TOP