2021年11月4日

GMOインターネット株式会社、採用拡大で福岡県北九州市の小倉駅前に
ITエンジニアの開発拠点「GMO kitaQキタキュー」を2022年2月に移転オープン

~グラマラス・森田恭通氏が”イノベーションを巻き起こすワークプレイス”をデザイン~

  • GMOインターネット株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネット株式会社(代表取締役会長兼社長:熊谷 正寿 以下、GMOインターネット)は、2022年2月より、ITエンジニア部門の開発拠点「GMO kitaQキタキュー」を、福岡県北九州市の“小倉駅前の顔”として親しまれる商業施設「セントシティ」(所在地:北九州市小倉北区京町3-1-1)の12階に拡張移転オープンすることをお知らせいたします。
 「GMO kitaQ」は、GMOインターネットが2018年4月2日にエンジニア部門初の地方拠点として福岡県北九州市小倉北区にオフィスを開設して以来、GMOインターネットグループが提供するインターネットサービスのシステム監視・保守運用、開発業務を行う“システムの攻守両方の拠点”として行政の強力なサポートを受けながら発展。この度、そのさらなる機能強化とエンジニアのUIターンや、地元の高等専門学校、大学などのインターンの受け入れなど、200名規模の組織を目指す積極的な採用活動を目的に、北九州市の玄関口である小倉駅前に移転いたします。
 新オフィスの内装は、GMOインターネットグループ第2本社である渋谷フクラスのコミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours・フクラス」なども手がける、国内外で活躍するデザイナーでGLAMOROUS co.,ltd.代表の森田恭通氏がデザイン。北九州市に新たなイノベーションの風を吹き込むワークプレイスに、ぜひご期待ください。

(※画像はイメージです)

【北九州市長・北橋健治様からのコメント全文】

 「GMO kitaQ」のセントシティへの移転拡張、誠におめでとうございます。「GMO kitaQ」は、平成30年4月にエンジニア部門の初の地方拠点として本市に開設され、これまで、多くの女性や若者の雇用を生み出していただき、心から感謝を申し上げます。
 来年2月にオープンする新オフィスは、本市で幼少期を過ごされた森田恭通氏、本市在住の黒田征太郎氏、小倉織の復元を手掛けられた築城則子氏がコラボレーションしてデザインされたと伺っております。新オフィスのお披露目を心待ちにしております。新オフィス移転後の「GMO kitaQ」を始め、貴社グループの今後益々の発展を祈念いたします。

【北九州における拠点開設および移転オープンの背景】

 2018年に北九州市の小倉にエンジニアの新拠点を開設することとなった背景には、当時GMOインターネットグループが提供するサービス数の増加に伴う利用者拡大を受け、サービスを安定して提供し続けるために、監視運用・保守の専門技術を持つエンジニアとお客様と接するカスタマーサポート担当と密に連携できる新たな拠点の立ち上げが検討されていた状況がありました。そうした中、グループの数多くのサービスのカスタマーサポートを担っている「下関オフィス」(山口県下関市)から近く、優秀な大学や高等専門学校
が集まりIT人財も豊富で、なおかつ企業立地や移住者への支援が充実している、福岡県北九州市に着目。また、地域に根差した「ものづくり文化」とGMOインターネットの「最先端IT」を融合させ、継続的な発展が望める点も決め手となりました。
 北九州市は行政の強力なバックアップ体制もその魅力のひとつで、GMOインターネットでは過去に子供向けのプログラミング教育を支援するプロジェクト「GMOデジキッズ」の活動やキャリア教育イベント「北九州ゆめみらいワーク2019」などにおいても、市と連携して地域の方と仕事や学びを通したつながりを育む場を創造してまいりました。
 この度は、エンジニア拠点としてさらなる機能強化とエンジニアのUIターンや、地元の高等専門学校、大学のインターンの受け入れなど、200名規模の組織を目指す積極的な採用活動の成長拡大を目的とし、さらに、地域の皆様との繋がりをより強固なものにすべく、福岡県北九州市の玄関口である“小倉駅前の顔”として親しまれる商業施設「セントシティ」(所在地:北九州市小倉北区京町3-1-1)の12階に移転することといたしました。

【新オフィスデザインについて】

 「GMO kitaQ」の内装デザインは、2019年12月にオープンしたグループ第2本社である渋谷フクラスのコミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours・フクラス」をデザインいただいたGLAMOROUS co.,ltd. 代表で、ご自身も幼少期を北九州市小倉で過ごされた森田恭通氏(URL:http://www.glamorous.co.jp)にご担当いただきました。
 新たに誕生する「GMO kitaQ」のオフィスは、GMOインターネットが掲げる在宅勤務と出勤を掛け合わせたハイブリッドな働き方に最適化すべく、オフィスという場を先鋭化すると同時に、地域と共に発展し、この地が豊かにもなる“循環型社会”を目指す想いがデザインに込められています。この地ならではのシンボリックな地産の素材として、江戸初期から豊前小倉藩で作られていた綿織物で歴史ある「小倉織」と、豊かな自然の中で育まれた小倉の「竹」を、新たな解釈によってデザインに融合。
 強いテーマ性を持って誕生するこの唯一無二のオフィスが、働く方のみならず、近くに住まわれる方、訪れる方々からも長く愛され、地域を牽引し、発展する“ランドマーク”のような存在となることが期待されます。

【北九州オフィス「GMO kitaQ」について】

 「GMO kitaQ」は、GMOインターネットグループで提供するインターネットサービスの、システムの監視・運用保守を中心とした業務を行う、初のエンジニアの地方拠点です。全システムの永続的な安定稼働と発展をミッションに掲げ、多くのサービスを支えるGMOインターネットグループ全体の“システムの攻守両方の拠点”として、現在、約85名のエンジニアが在籍し、サービスの監視・運用保守、開発業務に携わっています。
 さらに、“アジアの玄関口“という地域の特性を生かし、GMOインターネットグループが、アジア地域を中心とした世界20ヵ国、59拠点で展開するグローバルブランド「Z.com」のサービス開発も担っています。今後は200名規模の組織を目指し、エンジニアのUIターンの受け入れはもちろん、地元の高等専門学校や大学などの教育機関と連携した取り組みの検討や、インターンの受け入れの実施など、積極的な採用活動を行ってまいります。
 「GMO kitaQ」は、今後も地域に根差した企業となるべく、北九州市の地域活性化と雇用の創出に貢献し、地域と一体となり発展していくことを目指してまいります。

<拠点概要>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
拠点名   GMOインターネット 北九州オフィス「GMO kitaQ」
所在地   福岡県北九州市小倉北区京町3-1-1
延べ床面積 848.49㎡
業務内容  ■インフラエンジニア
      ・GMOインターネットグループのインターネットサービス(一部を除く)
       の監視、運用保守
      ■アプリケーションエンジニア
      ・フロントエンド開発、バックエンド開発
      ・将来的には新規開発を行う予定
      ■セキュリティエンジニア

採用について  https://recruit.gmo.jp/locations/kitakyushu/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 松井
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■暗号資産(仮想通貨)事業
    資本金 50億円
TOP