2020年12月23日

賞金総額1億円、競技で魅せるNo.1のゴルフトーナメントへ
GMOインターネット・レディース
サマンサタバサグローバルカップ
2021年7月12日~18日に初開催決定!

  • GMOインターネット株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループは、株式会社サマンサグローバルブランディングアンドリサーチインスティチュート(以下、サマンサグローバル)の特別協賛のもと、2021年7月12日(月)~7月18日(日)に、茨城県稲敷郡のイーグルポイントゴルフクラブにて『GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ』を開催いたします。
 この度初開催となる本大会には、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(以下、JLPGA)選考選手100名と主催者推薦選手20名の計120名が出場する予定で、賞金総額は1億円となります。
 GMOインターネットグループとサマンサグローバルは、本大会の開催を通じて、日本のみならず世界で活躍する女子ゴルフ選手へ活躍の場を提供するとともに、ゴルフ競技の発展に寄与してまいります。

【『GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ』について】

■概要

大会名称GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ
(略称:GMO&サマンサカップ)
主催GMOインターネット株式会社
特別協賛株式会社サマンサグローバルブランディングアンドリサーチインスティチュート
大会期間2021年7月12日(月)~7月18日(日)
本戦期間2021年7月16日(金)~7月18日(日)【3日間競技】
開催コースイーグルポイントゴルフクラブ(茨城県稲敷郡)
賞金総額1億円(税別)

■背景
 GMOインターネットグループは、「No.1」を目標に掲げ、新たなインターネットの文化・産業と人々の笑顔・感動を創造し、社会と人々に貢献することを使命として、インターネット関連事業を展開する総合インターネットグループです。この使命を果たすための取り組みの一環として、様々なスポーツ関連の支援を行っており、2016年4月には「世界に通用するNo.1アスリートの育成」を目的にGMOアスリーツを創部し、男子陸上競技のアスリートを支援しています。また、2020年7月にはプロゴルファー脇元 華選手と所属契約を締結するなど、スポーツ支援の輪をゴルフ界にも拡大してまいりました。
 一方、サマンサタバサは“ファッションとスポーツのチカラでHappyを。女性の輝く力で日本を元気に。”という想いのもと、2012年より、ファッション×スポーツ×エンターテインメントを融合させた『サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント』を開催してまいりました。
 こうした中GMOインターネットグループとサマンサタバサは、女子ゴルフ界で活躍する選手たちを支援するとともに、競技そのものの発展に寄与することを目的として、2020年7月に『サマンサタバサ&GMOインターネット ガールズコレクション・レディーストーナメント』の共同開催を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、中止を余儀なくされていました。
 そこで両社は、この度改めて女子ゴルフトーナメントを開催することに合意し、2021年7月に『GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ』として開催することを決定いたしました。

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 福井
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■暗号資産(仮想通貨)事業
    資本金 50億円
TOP