2020年8月7日

FREENANCEフリーナンスbyGMO」
生活面もサポートする所得補償サービス『あんしん補償プラス』
を提供開始
〜個人加入時の約6割低い掛金で、フリーランサーの病気・ケガによる就業不能時の所得を補償〜

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社であるGMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:伊藤 毅 以下、GMOクリエイターズネットワーク)は、日本初のフリーランス(※1)に特化した金融支援サービス「FREENANCEフリーナンス byGMO(以下、FREENANCE)」(URL:https://freenance.net/)において、病気やケガによる就業不能に備えた所得補償サービス『あんしん補償プラス(URL:https://freenance.net/shotoku)』を本日2020年8月7日(金)より提供開始いたしました。(※2)
 「FREENANCE」のユーザーは、無料付帯している『FREENANCEあんしん補償(損害賠償保険)』に加え、個人加入時よりも約6割低い掛金で『あんしん補償プラス(所得補償)』に加入できます。
 これにより、会社員と比べて手薄になりがちな「業務中のトラブル」に加え、病気・ケガなどによる就業不能時の「生活に直結する収入減」も補償されるので、より安心してフリーランサーとして活動することが可能となります。

(※1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(※2)加入は任意です。保険契約の説明・締結はフリーランスインシュアランス(同)が行います。

【『あんしん補償プラス』提供の背景】

 通常会社員は、病気やケガによる就業不能時には疾病手当金等が支給され、すぐに収入が途絶える心配はありません。一方、フリーランサー・個人事業主はそのような補償がなく、就業不能時には収入が大きく減少してしまうリスクを抱えています。これまでにGMOクリエイターズネットワークが実施した座談会やアンケート(※3)等でも、「収入減が最も怖い」「所得が補償される保険が欲しい」といった声が多く寄せられていました。しかし、フリーランス人口が増加し続ける現在も、そのリスクを補償する保険は少ないのが現状です。
 そこで、「FREENANCE」では、就業不能時の不安やリスクを解消し、フリーランサー・個人事業主が働きやすい環境を作るため、生活面もサポートする所得補償『あんしん補償プラス』を提供することといたしました。
(※3)2020年4月22日実施「FREENANCE」ユーザーアンケート 回答数約1,400

【『あんしん補償プラス』とは】

 『あんしん補償プラス』は、他社が提供する同様の保険よりも低い掛金で、仕事中に限らずレジャーや天災による病気やケガによる収入減もサポートする所得補償です。加入時は医師の診断や対面での手続きは不要で、WEBからのお申し込みと必要書類の郵送で加入が完了します。
 「FREENANCE」は、『あんしん補償プラス』の提供により、フリーランサー・個人事業主が自由かつ安心して活動するためのインフラを目指します。

同一条件での保険料比較(35歳Webデザイナーが月額25万円を最長1年間受け取る場合)
 FREENANCE他社
団体年会費3,000円10,000円
月々の保険料1,475円1,925円
年間支払い額20,700円33,100円

保険料は2020年8月7日現在の試算。年間支払い額は団体年会費を含みます。

■特徴
1:「受け取りたい月額」を最長1年間補償(てん補期間:1年間)
 ケガや病気で長期間にわたり働けなくなったときに、あらかじめ自身が設定した「受け取りたい月額」を、最長1年間お支払いいたします。
2:病気・ケガなどによる就業不能時はもちろんレジャーや天災によるトラブルもカバー
 フリーランサーとして働く際の懸念事項となる、就業不能時の収入の補償に加え、レジャーや旅行、天災(地震・噴火・津波)などによるケガでも保険金が支払われ、補償対象期間は24時間・365日です。
3:個人加入よりも約60%低い掛金で加入可能、医師の診断も不要
 ユーザーは団体加入(※4)により、個人加入時よりも約60%(※5)低い掛金で『あんしん補償プラス』への加入が可能です。また、『あんしん補償プラス』の加入にあたって、医師の診断は不要です。

(※4)一般社団法人フリーナンスAWS協会はフリーランスをはじめとする新しい働き方(Alternative Work Styles)を提案する「FREENANCE」の関連団体です。同協会に加入することで団体割引等適用により保険料が割安になります。
(※5)変動する可能性がございます。

■保険料(1名あたり)
例:35歳/WEBデザイナー/受け取りたい金額が「月額25万円」の場合 月額掛金は1,475円(年間17,700円)
・WEBデザイナーはタイプ1(級別1級)に該当するため、1万円(1口)あたりの月払保険料は59円
・59円×25万円(25口)=月額掛金1,475円

保険金額(月額)1万円(1口)あたりの月払保険料 団体割引20% 損害率による割引50%

タイプ1(級別1級)小売・卸売店主(危険物を取り扱わない方)、事務職、営業職、管理職 など
タイプ2(級別2級)自動車教習所教員、半導体製品製造工、看護師、電気工事作業者、電気技師(危険物を取り扱わない方) など
タイプ3(級別3級)自動車運転者、自動車整備工、普通大工、配管工、電気溶接工、電気技師(危険物を取り扱う方)など
タイプに関する詳しい説明はこちらをご覧ください。https://freenance.net/shotoku#modal


■加入方法

加入手順1)「FREENANCE」のマイページから「フリーナンスAWS協会」に加入(年会費あり)

2)指定代理店(フリーランスインシュアランス合同会社)より届く加入申込書を記入後、返送

【今後の展開】

 「FREENANCE」は、『あんしん補償プラス』の提供開始により、フリーランサー・個人事業主の仕事面だけでなく、生活面もサポートできるようになりました。今後も引き続き、フリーランサー・個人事業主が自由かつ安心して活動する上で欠かせないインフラとなることを目指し、社会的信頼の確立・補償の向上・キャッシュフローの改善等を支援すべく、さまざまな機能の追加・サービスの向上に努めてまいります。

【「FREENANCE」とは】

 GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランサー・個人事業主のための金融支援サービスです。収納代行用口座『FREENANCE振込専用口座』を事業収入の受け取り先とすることで、請求書(売掛債権)をすぐに現金化できる『FREENANCE即日払い』が利用でき、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』が無料付帯します。また、会員登録時に本人確認・反社チェックを行なっているため、FREENANCE会員であることを、クライアント企業に対する信用の証として利用いただけるなど、フリーランサーの方の働き方を支援しています。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOクリエイターズネットワーク株式会社
     FINTECH事業部 広報担当 中野・森
     TEL:03-5458-8056 E-mail:pr@gmo-cn.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社
     社長室 広報チーム 伊早坂
     TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 石井・高橋
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社

    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー
    代表者 取締役会長 佐藤 健太郎
    事業内容 ■コンテンツ制作事業
    ■フリーランス向け金融支援サービス
    資本金 9,165万円
TOP