2020年6月15日

FREENANCEフリーナンス byGMO」
九州の1次産業生産者をITで支援するデナーダにOEM提供
〜新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける漁業や農業などの生産者を支援〜

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社
  • 株式会社デナーダ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社であるGMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:伊藤 毅)は、日本初のフリーランス(※1)に特化した金融支援サービス「FREENANCEフリーナンス byGMO」(以下、FREENANCE)を、九州の1次産業生産者をITで支援する株式会社デナーダ(代表取締役:佐々木 大樹 以下、デナーダ)へOEM提供いたします。
 デナーダでは、本日2020年6月15日(月)より、漁業・農業・畜産業・林業などの1次産業に関わる生産者に向けて「サポートペイpowered by FREENANCE」を提供開始いたします。
 「サポートペイpowered by FREENANCE」では、生産者が請け負った仕事の請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できる『FREENANCE即日払い』(以下、即日払い)(※2)を提供しており、これにより新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける生産者を資金繰りの面から支援します。

(※1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(※2)通常手数料は請求書額面の3.0%〜10.0%。即日払いを利用するには所定の審査を通過する必要があります。

【OEM提供の背景】

 昨今の新型コロナウイルス感染の拡大を受け、一般生活者の消費行動は減少し、漁業や農業をはじめ1次産業に関わる生産者の多くが、売上の減少や出荷停止など、収入に直結する問題に直面しています。
 こうした状況を受け、1次産業生産者へのIT技術の導入による売上向上・6次産業化を支援するデナーダは、資金繰りに困っている生産者に向けて金融支援を行うべく、新しいサービスの提供を検討していました。
 一方、GMOクリエイターズネットワークでは、フリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」を提供しており、特に請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できる『即日払い』は、フリーランサーの安定した収入を支える資金繰り支援として大変好評いただいています。
 そこで、このたびGMOクリエイターズネットワークとデナーダは、資金繰りをはじめとする生産者が抱える収入面の不安をなくすことを目指し、「FREENANCE」を生産者向けに提供するべく業務提携いたしました。
 デナーダは、GMOクリエイターズネットワークからの「FREENANCE」のOEM提供を受け、1次産業に関わる生産者向けの金融支援サービス「サポートペイpowered by FREENANCE」として提供開始いたします。

【「サポートペイpowered by FREENANCE」の提供について】

 デナーダは、一次産業に携わる九州の生産者を中心に、生産品直送サービス「CHOKSENチョクセン」や、ブロックチェーン技術を用い生産者情報・出荷日を証明することができるトレーサビリティシステム「tresaトレーサ」を提供しており、九州の一次産業に多くのお客様を持ちます。今後は、こうした生産者に向けて「サポートペイpowered by FREENANCE」を提供していきます。

■「サポートペイpowered by FREENANCE」の特徴
 生産者は「サポートペイpowered by FREENANCE」のアカウントを開設(無料)し、収納代行用口座『FREENANCE振込専用口座』を事業収入の受け取り先とすることで、通常は翌月末支払いとなることの多い請求書(売掛債権)を最短即日で現金化できる『即日払い』が利用可能となります。
 その他にも、「FREENANCE」が提供する各種サービスは、「サポートペイpowered by FREENANCE」においても、生産者向けにご提供いたします。

<「FREENANCE」概要>
 「FREENANCE」には、翌月末支払いとなることの多い取引先からの報酬の支払いをすぐに受け取れるよう、請求書(売掛債権)を最短で即日現金化できる『即日払い』や、フリーランス向けの損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』などのサービスが無料で付帯しています。また、会員登録時に本人確認・反社チェックを行っているため、FREENANCE会員であることを信用の証としてご利用いただけます。


■GMOクリエイターズネットワークについて(URL:https://gmo-cn.jp/
 2002年に早稲田大学および九州電力グループなどのジョイントベンチャーとして、中国語インターネット放送局の運営を目的として設立され、日本初のフリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」をはじめ、ライター登録サイト「woofoo.net byGMO」や「編集プロダクション studio woofoo byGMO」など、個人クリエイターの活躍をサポートするサービスを提供しています。
 今後もGMOクリエイターズネットワークでは、幅広く活躍するフリーランサー・個人事業主向けに事業を展開する企業とのOEM契約を積極的に進めてまいります。

■デナーダについて(URL:https://denada.co.jp/
 宮崎・九州の食材を最大限に活かすため、IT技術の導入による地域活性化を目的として設立。一次産業を取り巻く環境が変化していく中、「新しい販路の開拓」、「生産品の付加価値向上」、「既存流通網の効率化」を行う事で生産者の所得向上を目指します。2016年、新しい販路の一つとして、生産品直送サービス「CHOKSEN」を開始致しました。また、ブロックチェーン技術を用いて生産者情報・出荷日をタグで証明することで、生産者の利益・ブランドを守りお客様へ食の安心と安全をお届けするトレーサビリティシステム「toresa」を展開中です。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOクリエイターズネットワーク株式会社
     FINTECH事業部 広報担当 中野・森
     TEL:03-5458-8056 E-mail:pr@gmo-cn.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社
     広報担当 伊早坂
     TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 石井
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOクリエイターズネットワーク株式会社

    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号セルリアンタワー
    代表者 取締役会長 伊藤 毅
    事業内容 ■コンテンツ制作事業
    ■フリーランス向け金融支援サービス
    資本金 9,165万円
  • 株式会社デナーダ

    所在地 宮崎県児湯群農町大字川北1167-43
    代表者 代表取締役 佐々木 大樹
    事業内容 ■CHOKSEN、toresaの運営
    ■システム開発
    ■HP制作
    資本金 3,590万5千円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■暗号資産(仮想通貨)事業
    資本金 50億円
TOP