2020年3月18日

消費者への定量・定性調査をオンラインで完結できる
クラウドソリューション「MO Insightsエムオーインサイツ byGMO」提供開始
~ itracks社とアジア独占販売契約により実現 ~

  • GMOリサーチ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットリサーチ事業を展開する GMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、オンライン定性調査ツールを提供するInteractive Tracking Systems, Inc.(本社:カナダ オンタリオ州 CEO:Dan Weber 以下、itracks社)とアジア独占販売契約を締結いたしました。
 GMOリサーチが運営するDIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO Market Observerマーケット オブザーバー」のオンライン調査プラットフォームに、itracks社のオンライン定性調査ツールを組み込み、パネル利用とオンライン定量・定性調査をワンストップで行うことができるクラウドソリューションサービス「MO Insightsエムオーインサイツ byGMO(以下、MO Insights)」の提供を本日3月18日(水)より開始いたします。
 「MO Insights」をご利用いただくことにより、アンケートによる定量調査だけでなく、消費者へのインタビューによる定性調査までも、対面することなくオンライン上で完結することが可能となります。

 

背景】

日本国内での消費者との対面インタビュー調査(以下、オフライン調査)は、消費者向けの商材・サービスを展開する事業者を中心に利用されており、2019年の調査手法別市場規模を基にオンライン定性調査市場の潜在的な規模を算出すると、年間売上高は約200億円にのぼります(※1)。また、昨今では、新型コロナウイルスCOVID-19)の感染拡大への懸念から、様々なビジネスの場面においてオンライン化を取り入れる動きがあり、対面式のオフライン調査の場面においても、今後急速にオンライン化のニーズが高まっていくことが予想されます。

一方、GMOリサーチでは、アジア15国と地域で3,300万人を超える(※2)消費者へのインターネットリサーチが可能なクラウドネットワーク「ASIA Cloud Panel(アジアクラウドパネル)」を保有しており、このクラウドネットワークを活用してアンケート調査が行えるDIY型(セルフ型)リサーチシステム「GMO Market Observer」を提供しています。GMOリサーチは、「GMO Market Observer」を活用し、従来の定量面での調査に加え定性調査もオンラインで実施することができないかと考え、itracks社のオンライン定性調査ツールに着目しました。

そしてこの度GMOリサーチは、itracks社とオンライン定性調査ツールについてアジア独占販売契約を締結し、「GMO Market Observer」のオンライン調査プラットフォームに、itracks社のオンライン定性調査ツールを組み込み、パネル利用とオンラインでの定量・定性調査をワンストップで利用できるMO Insights」を提供することといたしました。

(※1)一般財団法人 日本マーケティング・リサーチ協会「第44回経営業務実態調査」より算出

URLhttp://www.jmra-net.or.jp/Portals/0/trend/investigation/gyoumujitai2019.pdf

(※220201月時点

 

【「MO Insightsについて

MO Insights 」は、アジア15の国と地域の3,300万人を超える消費者と実際に顔を合わせることなく、オンライン上で定量・定性調査を完結することができるクラウドソリューションサービスです。

定量調査はオンライン上でアンケートにて行い、インタビュー形式の定性調査は、調査内容や人数に合わせて『 MO Insights ビデオIDI 』と『 MO Insights ビデオチャット 』の2つの調査方法からお選びいただくことができます。「MO Insights」を利用することで、これまでオフライン調査にかかっていた、インタビューを実施する会場や録画・録音機器の手配、消費者を案内するための人的リソースおよびコストを削減することができます。

 

<選べる2つのオンライン定性調査方法>

MO Insights ビデオIDI

 『MO Insights ビデオIDI』では、一対一で行うデプスインタビュー(IDI)(※3)をオンライン上で実施することができます。

同じ条件で実施したオフライン調査と比較すると、調査内容の起案からレポート化までの時間を14~20日間短縮、調査費用を約1/21/3に抑えることが可能となります(※4)

                            (※3対象者とインタビュアーの1対1で行う定性調査の調査手法のひとつ。

                            (※4)調査サンプル:6名、601名あたり(当社比較)

 

MO Insights ビデオチャット

 MO Insights ビデオチャット』では、最大8名までのグループインタビューをオンライン上で実施することができます。

同じ条件で実施したオフライン調査と比較すると、調査内容の起案からレポート化までの時間を10~14日間短縮、調査費用を約1/21/3に抑えることが可能となります(※5)

                            (※5)調査サンプル:6名x 1グループ、60分/1グループあたり(当社比較)

 

<サービス概要>

名称

MO Insight byGMO

利用料金

5万円(税別)

*実施期間調査内容によ費用は異なります。

お申込み方法

【サービスに関するお問い合わせ先】に記載のメールアドレスへご連絡ください。

 

【itracks社について】

itracks 1996年創業のオンライン/モバイルリサーチのソフトウェアメーカーです。1999年にAOLのダイアルアップコネクションを通じてのオンラインリサーチの開発に始まり、これまでの年月をモバイルの定性調査とオンライン動画インタビューの技術革新に貢献してきました。北米で最も権威ある市場調査メディア Greenbook が発行する GRIT Report の「最も革新的なトップ20リスト」に名を連ね、調査会社のテクノロジーパートナーとして独自のエンジンを提供しています。

 

GMOリサーチ株式会社について】

 GMOリサーチは「想いを、世界に」をフィロソフィーに掲げ、企業と生活者の関係の再構築を実現する、新しいマーケティング・ソリューション・プラットフォームを普及させる事業を展開しております。

 アジア15の国と地域で3,300万人を超える消費者に、インターネットリサーチが可能な「ASIA Cloud Panel」のネットワークを活用して、日本のみならず世界各国の企業から調査依頼を受けています。

 

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOリサーチ株式会社
     国内事業部 今成・長澤
     TEL:03-5459-5565 E-mail:c-eigyo@gmo-research.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOリサーチ株式会社
     経営管理部 和田
     TEL:03-5962-0037 E-mail:pr@gmo-research.jp

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 石井
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOリサーチ株式会社

    株式情報 東証マザーズ(証券コード3695)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 細川 慎一
    事業内容 ■インターネットリサーチ事業
    資本金 2億9,903万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP