2019年12月13日

レンタルサーバー「ロリポップ!」の「マネージドクラウド」が、
『Ruby biz Grand prix 2019』でグランプリを受賞!

  • GMOペパボ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎 以下、GMOペパボ)は、レンタルサーバー「ロリポップ!」(URL:https://lolipop.jp/)のマネージドホスティングサービス「マネージドクラウド」プラン(以下、ロリポップ!マネージドクラウド URL:https://mc.lolipop.jp/)が、2019年12月12日(木)に開催されたプログラム言語Rubyを活用したビジネス事例を表彰する『Ruby biz Grand prix 2019』において、グランプリを受賞したことをお知らせいたします。
 GMOペパボの「ロリポップ!マネージドクラウド」は、レンタルサーバーという世間に広く浸透した事業領域においてRubyを使った野心的な新しい試みを行っており、このようなRubyを用いた積極的な開発を通じてRubyの発展に寄与している点が評価され、この度の受賞となりました。

写真左:審査委員長 まつもとゆきひろ氏
写真右:GMOペパボ株式会社 ホスティング事業部ホスティンググループ マネージドクラウドチーム プリンシパルエンジニア 小山 健一郎

【「Ruby biz Grand prix」について】(URL:https://rubybiz.jp/

 「Ruby biz Grand prix」とは、ビジネスの領域においてプログラム言語Rubyを活用して、新たなサービスを創造し世界へ発信している企業、団体及び個人を対象としたグランプリです。毎年、Rubyを使った自社商品・サービス等で、Rubyの特徴を活かし、新規性、独創性、市場性、将来性に富んでおり、今後継続的に発展が期待できるビジネス事例を表彰しています。

【「ロリポップ!マネージドクラウド」について】(URL:https://mc.lolipop.jp/

 「ロリポップ!マネージドクラウド」は、VPSやクラウドの拡張性・自由度の高さと、“マネージド型”であるレンタルサーバー(共用サーバー)の運用の手軽さを兼ね備えたホスティングサービスです。
 GMOペパボの研究開発組織である「ペパボ研究所」が独自に開発したコンテナ型仮想化技術(※)を用いることで、通常のレンタルサーバー同様、専門的な知識を持たなくても手軽に利用ができ、なおかつクラウドホスティングのようにリソース増減が簡単に行えるサーバー環境を提供しています。また、構築済みのサーバーやセキュリティ、サーバーの運用機能、サーバーリソース最適化機能を搭載しているため、利用者のインフラ構築やアプリケーション開発のコスト削減を実現しています。

(※)1つのOS上に、コンテナと呼ばれる、他のユーザーから隔離されたアプリケーション実行環境を複数構築すること
   で、より少ないコンピューターリソースで仮想的な動作環境を実現する技術。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社
     ホスティング事業部
     ホスティンググループ 尾川
     E-mail:hosting_director@ml.pepabo.com

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペパボ株式会社 広報担当 田辺
     TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 石井・長井
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOペパボ株式会社

    株式情報 JASDAQ(証券コード3633)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 佐藤 健太郎
    事業内容 ■ホスティング事業 
    ■EC支援事業
    ■ハンドメイド事業
    資本金 1億5,967万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP