2019年7月1日

障がい者雇用を推進するGMOドリームウェーブ株式会社が
「第Ⅱ種(障害者雇用)適正事業者認定」を取得

  • GMOドリームウェーブ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネット株式会社の特例子会社(※1)であるGMOドリームウェーブ株式会社(代表取締役社長:橋口 誠 以下、GMOドリームウェーブ)は、障がい者を雇用するにあたり適正な雇用環境が整備されている事業者として、一般社団法人日本雇用環境整備機構の「第Ⅱ種(障害者雇用)適正事業者認定」を取得したことをお知らせいたします。
 これは、働くパートナー(従業員)のそれぞれの障がい特性に配慮した職場環境の整備や、能力に応じた業務の最適化に加え、対面コミュニケーションを中心とした組織の活性化などの取り組みが評価された結果と考えております。今後も、GMOドリームウェーブは誰もが生き生きと働くことのできる環境づくりに注力し、お客様に喜ばれる”No.1のサービス”の提供を目指してまいります。

(※1)企業(親会社)が障がい者の雇用の促進及び安定を目的に設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣(公共職業安定所長)より認可を受けた子会社。特例子会社は、障がい者雇用率の算定において親会社の一事業所とみなされる。

【「適正事業者認定」とは】

 「適正事業者認定」は、一般社団法人日本雇用環境整備機構により2016年1月に開始された認定制度であり、第Ⅰ種(育児者雇用)、第Ⅱ種(障害者雇用)、第Ⅲ種(エイジレス(※2)雇用)の計3種目からなります。これは、育児者・障がい者・エイジレス等の対象者を雇用するにあたり、適正な職場環境が整備されているか、また、公平な雇用機会の促進に努めているかを判断するものです。
 この度GMOドリームウェーブが取得した「第Ⅱ種(障害者雇用)適正事業者認定」は、現在当社を含む14社の事業者が取得しており、その中でもIT関連の事業を展開する企業はGMOドリームウェーブのみとなります(※3)

(※2)年齢にこだわらないという意味。
(※3)2019年7月1日現在。

【GMOドリームウェーブについて】

 GMOドリームウェーブは、誰もが生き生きと働くことのできる環境づくりの一環として、障がい者の雇用推進を図るべく2017年9月に設立されました。現在18名のパートナーが就労しており、インターネット広告関連業務とグループ会社の管理部門業務のサポートに従事しています。
 GMOドリームウェーブは、これまでの障がい者雇用の取り組みに基づき、「障害者雇用促進法」に定める一定の要件を満たした企業として、2018年10月1日に特例子会社の認定を取得しています。
 今後もGMOドリームウェーブは、障がい者雇用のさらなる創出に取り組むとともに、多様な人財を受け入れ活躍できる場の拡大と、働きやすい環境づくりを推進してまいります。

【参考URL】

・雇用環境整備/適正事業者認定制度
 URL:http://www.jee.or.jp/authorize/authorize.html

・雇用環境整備/適正事業者認定 取得企業一覧
 URL:http://www.jee.or.jp/authorize/proper/proper.html

・GMOドリームウェーブ株式会社 採用ページ
 URL:https://recruit.gmo.jp/dreamwave/

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOドリームウェーブ株式会社
     TEL:0985-61-5730 FAX:0985-61-5731
     E-mail:support@gmo-dw.jp

    ●GMOインターネット株式会社
     グループコミュニケーション部 広報担当 石井・蕪木
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOドリームウェーブ株式会社

    所在地 宮崎県宮崎市広島1-5-3 NTT西日本宮崎広島ビル北棟1階
    代表者 代表取締役社長 橋口 誠
    事業内容 ■インターネット広告支援事業
    ■管理部門業務支援事業
    資本金 3,700万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP