2018年12月17日

GMO医技研、「おまとめ診察券 byGMO」を提供開始
〜複数医院の予約・問診・受付・決済がスマホアプリで可能に〜

  • GMO医療予約技術研究所株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOイプシロン株式会社の連結会社であるGMO医療予約技術研究所株式会社(代表取締役:熊野 なおゆき 以下、GMO医技研)は、医療機関向け予約管理システム「メディカル革命 byGMO」及び「Dentry byGMO」のオプションサービスとして、両サービスで提供している機能をスマホアプリに搭載できる「おまとめ診察券 byGMO」を、本日2018年12月17日(月)より提供開始いたしました。
 医療機関は「おまとめ診察券 byGMO」を導入することで、これまでWEBサイト上で患者向けに提供していた診察券の登録や『予約・問診票記入・受付・決済』等の機能を、同名の患者向け診察券統合アプリでも提供可能となります。これにより患者は、『予約・問診票記入・受付・決済』といった行為をスマホアプリから行えるほか(※1)、導入している複数の医療機関の診察券をスマホ1つに集約することができ、利便性が向上します。

(※1)アプリで利用できる機能は、各医療機関の導入内容によって異なります。


▼「おまとめ診察券 byGMO」サービスサイトURL
https://medical-reserve.co.jp/medical/lp/omatomessk

【「おまとめ診察券 byGMO」提供開始の背景】

 従来、医療機関においては、患者の予約受付を対面や電話などで行い、予約や診察の順番を記した台帳にスタッフが手入力して管理することが一般的でした。しかし、予約受付は診療内容や担当医師などを考慮する必要もあるため、手入力による台帳管理は煩雑で時間を要するほか、ミスも生じやすいという課題がありました。また、患者も、電話での予約からはじまり、受付や会計等の各過程において待たなければならないという負担がありました。

 このような背景のもと、GMO医技研は、医療機関における予約受付業務のシステム化及び効率化、ならびに予約・受付や会計等での患者の負担軽減を図るべく、医科特化型予約管理システム「メディカル革命 byGMO」、歯科特化型予約管理システム「Dentry byGMO」を2016年9月より提供しています。同サービスを導入することにより、医療機関は予約受付・管理をシステム化でき、患者は医療機関のWEBサイト上から診療予約ができるようになります。また、診察後の支払いをWEBサイトで行える機能をはじめとするオプションサービスも充実しています。

 このたびGMO医技研は、スマホの普及が進む中で、患者の利便性をさらに向上するべく、「メディカル革命 byGMO」及び「Dentry byGMO」で提供している患者向け機能を、スマホアプリとして患者が利用できるオプションサービス「おまとめ診察券 byGMO」を提供開始いたしました。

【「おまとめ診察券 byGMO」について】

■医療機関向け
 「おまとめ診察券 byGMO」は、「メディカル革命 byGMO」または「Dentry byGMO」をご利用の医療機関向けのオプションサービスです。「おまとめ診察券 byGMO」を導入することで、これまでWEBサイト上で患者向けに提供していた『予約・問診票記入・受付・決済』等の機能を、同名の患者向け診察券統合アプリ(iOS/Android対応)でも提供することが可能となります。

■ユーザー(患者)向け
 患者は、診察券統合アプリ「おまとめ診察券 byGMO」を利用することで、医療機関の通院にかかる『予約・問診票記入・受付・決済』等の一連の行為をアプリ上で行えます。また、複数の医療機関の診察券をアプリに登録してスマホ1つに集約できるため、複数の診察券を持ち歩く必要もなくなります。

□タイトル   :おまとめ診察券 byGMO
□価格     :無料
□配信マーケット :
 App Store(近日公開) https://medical-reserve.co.jp/medical/omatomessk/ios
 Google Play https://medical-reserve.co.jp/medical/omatomessk/android
□対応環境   :iOS 9.0以降/Android 4.4以降

【「メディカル革命 byGMO」、「Dentry byGMO」について】

 GMO医技研が提供する、医科特化型予約管理システム「メディカル革命 byGMO」、歯科特化型予約管理システム「Dentry byGMO」は、医療機関の予約受付業務のシステム化・効率化が図れるサービスです。2016年の提供開始以来、東京都内を中心に多くの医療機関に導入されており、予約受付業務が約60%削減した医療機関もあります(当社調べ)。
 以下をはじめ、オプションサービスが充実しているため、各機能を利用することで『予約・問診票記入・受付・決済』等一連の作業のシステム化による医療現場の業務効率向上と、患者の利便性向上が実現できます。


▼オプションサービス一例

レセコン自動連係 GMO医技研独自のレセプト・コンピュータ連係モジュールを利用することで、医療機関で導入している既存のレセプト・コンピュータ(診療報酬明細書を作成する専用ソフトウェア)の情報と、予約システムのデータを自動で連係できる機能です(※2)。これにより、保険診療を考慮し算出した診療費情報を手作業で予約システムに入力する必要がありません。
クレジット決済連携 診療後にWEBサイト上でクレジットカード決済ができる機能です(※3)
多言語 予約サイトを英語・中国語・フランス語などの言語で表示することができる機能です(※4)
自動キャンセル待ち 予約サイト上でキャンセルが出た際に、キャンセル待ちを希望していた方に通知ができる機能です。
(※2)一部のレセプト・コンピュータには、非対応のものがございます。詳細はお問い合わせください。
(※3)決済サービスの導入には、別途医療機関とGMOイプシロン株式会社との契約が必要となります。
(※4)翻訳は医療機関で実施いただきます。


<今後の展開>
 今後「メディカル革命 byGMO」「Dentry byGMO」は、医療機関・患者双方の利便性を向上するべく、以下の機能をオプションサービスとして順次搭載予定です。これにより、医療機関の経営に欠かせないプラットフォームとなることを目指してまいります。
・決済手段の拡充(医療費後払い、電子マネー等)
・スマートウォッチ等のデバイスとの健康情報連携

【GMO医療予約技術研究所株式会社について】

 GMO医技研は、医科特化型予約管理システム「メディカル革命 byGMO」、歯科特化型予約管理システム「Dentry byGMO」の開発および販売を通じて、「医院の予約管理の効率化」「医院の経営改善」「集患のサポート」の実現を目指しています。
さらに、近年ではAIやロボットの研究開発にも取り組んでおり、「深層学習によるキャンセル率の予測」「人型ロボットによる医院受付の自動化」などを実現しています。

【関連URL】

・「メディカル革命 byGMO」 URL: https://medical-reserve.co.jp/medical/
・「Dentry byGMO」 URL: https://medical-reserve.co.jp/dentry/
・「メディカル革命 byGMO」「Dentry byGMO」お問い合わせフォームURL: https://inquiry.sys.reserve.ne.jp/db_iejbnon/lp/iekbnoo/
・GMO医技研 URL: https://medical-reserve.co.jp/

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMO医療予約技術研究所株式会社 営業部
    TEL:03-6413-0612

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
    企業価値創造戦略 統括本部
    TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2387
    E-mail:pr@gmo-pg.com 
    ※GMOイプシロン株式会社は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社の連結会社です。

    ●GMOインターネット株式会社
    グループ広報・IR部 石井・島田
    TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp 

会社情報

  • GMO医療予約技術研究所株式会社

    所在地 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館7F
    代表者 代表取締役 熊野 なおゆき
    事業内容 ■医療予約システム(医科・歯科)
    ■ロボット・AIの開発・運営
    ■予約システムのOEM提供
    ■予約システムプラットフォームの提供
    ■他業種予約システムの提供
    (英会話スクール予約、料理教室スクール予約、鍼灸予約システムなど)
    資本金 1億3,490万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP