2018年4月23日

「MakeShop」年間総流通額が6年連続業界No.1に
~2017年は1,480億円を達成!アパレルカテゴリが成長を牽引~

  • GMOメイクショップ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、 GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築サービス「MakeShop」(URL:http://www.makeshop.jp)において、2017年1月~2017年12月の全ネットショップにおける年間総流通額(※)が過去最高の1,480億円に達し、6年連続でネットショップASP業界No.1となりましたので、お知らせいたします。
(※) 流通額=受注金額。

【流通額増加の背景】

■アパレルカテゴリが成長を牽引
 2017年の「MakeShop」の流通額をカテゴリ別に見ると、単価の高い「家電カテゴリ」が最多であるものの、2014年をピークに減少が続き、前年比13%減に落ち込みました。背景には、モール型ECや家電量販店系の大型ネットショップなどの販路拡大の影響により、特に白物家電の販売が振るわなかったことが挙げられます。
 一方、「家電カテゴリ」に続く「アパレルカテゴリ」は、中小規模のアパレルショップの新規出店増加や、既存ショップの売上拡大により、年間流通額が前年比34%増を記録し、大きな成長を見せました。「アパレルカテゴリ」の各月の流通額を前年同月と比較すると、最も成長率が高い3月で42%増、最も低い6月でも28%増と、年間を通じて高い成長率を維持しました。「アパレルカテゴリ」は2015年を境に急速に拡大しており、この傾向は、アパレルのEC化が進んでいることのほか、2013年以降GMOメイクショップが取り組んできたアパレルEC向けの機能強化・拡充をはじめとしたファッション・アパレル戦略が背景にあると考えています。

【GMOメイクショップ株式会社について】

 GMOメイクショップは、“EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。
 「MakeShop」は国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇っており、2017年1月〜12月には年間総流通額が1,480億円に達し、6年連続で業界No.1を獲得いたしました。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」のシステムをベースに「予約販売機能」や「定期購入機能」、BtoBサイト構築を可能にする「BtoBオプション」、社内販売専用ショップを構築できる「シークレットショップ機能」など、店舗様のご要望に応じた様々な機能を追加しています。
 また、2013年から提供している「MakeShop」の上位プラン「カスタムMakeShop for クラウド」では、外部基幹システムや販売管理システム、POSシステムとの連携も可能となっています。
今後もGMOメイクショップは、広範なEC領域において、店舗様が抱える様々な課題を解決できるよう、サービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOメイクショップ株式会社 
    TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOメイクショップ株式会社
    プロモーション戦略室 広報担当 佐々木
    TEL:03-5728-6227  E-mail:pr@ml.makeshop.jp

    ●GMOインターネット株式会社
    グループ広報・IR部 石井・島田
    TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp 

会社情報

  • GMOメイクショップ株式会社

    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 向畑 憲良
    事業内容 ■EC-ASP事業
    ■ECソリューション事業
    ■Web制作事業
    資本金 5,000万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP