2014年10月30日

GMOインターネット、Fusion-ioの「ioDriveを採用
WordPress専用クラウドサービス「GMO WP Cloud」を提供開始

  • GMOインターネット株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、Fusion-ioの超高速半導体ストレージ「ioDrive」を採用し、ビジネス利用の大規模Webサイトの運営にも対応できる安全性・快適性と、個人のお客様でも使いやすいコストパフォーマンスを兼ね備えた、WordPress専用クラウドサービス「GMO(ジーエムオー) WP(ダブリュピー) Cloud(クラウド)」(URL:https://www.wpcloud.jp )を、本日2014年10月30日(木)より提供開始します。
 今後GMOインターネットは、「GMO WP Cloud」を通じて、WordPressの技術・製品・サービスの開発、WordPressコミュニティの支援を進めてまいります
 

【「GMO WP Cloud」提供開始の背景】

<世界のトップ100万サイトにおけるCMSシェア>
 WordPressは、個人のブログから企業サイトに至るまで、全世界で多くの人々に利用されている、自由度と拡張性の高いオープンソースのホームページ・ブログ作成CMS(*1)ツールです。そのシェアは6割を超え(右図)、世界の人気サイトの23%(*2)がWordPressで作られていると言われているほどに成長しています。また、WordPressはユーザーコミュニティがサービスの開発やサポートの中心となっていることが特徴で、ユーザー自身で作成したテーマやプラグインを公開できる「WordPress.org公式ディレクトリ」には、現在、2,700超のテーマ、3万4,000超のプラグインが公開されており、その数は日々増え続けています。
 このような世界規模でのWordPressの人気に伴い、近年では、国内の共用レンタルサーバーやVPSサービスをご利用のお客様の間でもWordPressでWebサイトを開設するニーズが高まっています。これを受けて多くの国内レンタルサーバーサービスで、WordPressを1クリックでインストールできる機能が実装され、より一層、WordPressの普及拡大を後押ししています。
 しかしながら、オープンソースはソースコードが公開されているため不正な攻撃の標的となりやすく、またユーザーコミュニティによるサポートが中心のため、最新かつ正確な情報を利用者が自らインターネット上で収集する必要があるなど、WordPress独特の運営方法がサイト管理者の負担になることも少なくありません。

 

 そこでGMOインターネットは、国内最大級のサーバー運用実績(*3)を誇る「お名前.com レンタルサーバー」や、VPSサービス「ConoHa byGMO」などのホスティングサービス提供ノウハウを活かし、サイト管理者の負担を抑えWordPressをご利用いただける、WordPress専用クラウドサービス「GMO WP Cloud」を開発いたしました。
 「GMO WP Cloud」はSSDよりも高いパフォーマンスを誇るFusion-ioの超高速半導体ストレージ「ioDrive」(*4)を採用することで、プラグインに頼ることなく快適なサイト表示を実現し、ビジネスでの大規模Webサイトの運営にも対応できる高度なセキュリティと、Webサイトの作成・運営をサポートする機能を兼ね備えています。月額900円(税別)と導入しやすい低価格帯ながら、セキュリティ対策やサーバー構築などの負担を軽減できるため、お客様はWebサイトの作成やコンテンツの更新に集中することができます。
*1:CMSとは、コンテンツマネージメントシステムの略で、管理画面からWebサイトの構築やコンテンツ編集が簡単にできる仕組みのこと。
*2:w3techs.com調べ(2014年10月現在)
*3:WebHosting.Infoでの調査より
*4:Fusion-ioの「ioDrive」とは、NAND型フラッシュメモリベースの高速半導体ストレージで、SSDと並ぶ信頼性を確保しながら、SSDと比較しても読み込み、書き込みのパフォーマンスが高いことが特徴。


【「GMO WP Cloudの特徴
1超高速半導体ストレージioDrive」採用〜オリジナルキャッシュシステム搭載で快適な運用が可能〜
 「GMO WP Cloud」はFusion-ioの超高速半導体ストレージ「ioDrive」を使用したWordPress専用設計となっており、通常のHDDやSSDでは実現できない軽快な動作が可能です。また、Webサイトやブログの表示速度を向上するオリジナルキャッシュシステムを搭載し、キャッシュクリア/キャッシュシステムOFFも簡単に変更できるので、キャッシュプラグインをインストールする必要なく、快適で柔軟な運用ができます。
 
2)テスト環境と本番環境をシームレスにつなぐ「ステージング機能」
 本番公開前にWebサイトの動作や表示を確認できるステージング環境(*5)を用意しています。また、本番/ステージングの各環境で個別に複数のSFTPアカウントを発行できるため、Webサイトの作成を外注する場合にも安心してサーバー環境を共有することができます。さらに、nginxとPHP(*6)で表示されたエラーは、本番環境のみならずステージング環境でも5日前まで遡って確認することが可能です。
*5:ステージング環境とは、本番環境と同じ動作をする検証環境のこと。
*6:nginxとは、オープンソースのWebサーバーで、処理能力の高さを特徴とする。PHPとはオープンソースの開発言語のこと。
 
3)最低限のコストで複数のWordPressサイトを運営可能 
 「WordPressサイト数」、「HDD容量の追加」オプションを用意しており、必要に応じていつでも追加・削除が可能です。また、「GMO WP Cloud」で作成したWebサイトを簡単に複製できる「サイトコピー機能」を搭載しており、本番/ステージング環境の双方からコピーできるため、複数のサイトでも簡単にWordPressで作成することができます。
 
4突然のアクセス増加にも自動で対応、お客様のWebサイトを守る標準機能
 「GMO WP Cloud」のクラウドサーバーは、Webサイトへのアクセス増による高負荷で、サーバーがダウンすることを防ぐ「オートスケール機能」を搭載しています。Webサイトのアクセス状況を24時間監視し、急激にアクセスが増加した際、自動でサーバーがスケールアウト(*7)します。また、1日1回〜任意のタイミングで自動バックアップ(*8)する「バックアップ機能」も備えており、万が一の際にはそれぞれのバックアップデータからリストア(復元)が可能です。
*7:スケールアウトとは、接続するサーバーの数を増やすことで、サーバー全体のパフォーマンスを向上させること。
*8:自動バックアップは、14日間データを保存します。
 
5)簡単に機能を追加できるオリジナルプラグイン
 
目立たせたいコンテンツを視覚的にアピールできるコンテンツスライダー(スライドショー)やWebフォントなど、人気の機能が簡単に使えるオリジナルプラグインを用意しています。どのプラグインを使えばよいか悩んだり、外部のプラグインを利用することによるセキュリティリスクを抱えたりする必要なく、オリジナルプラグインをインストールして使用することで、安心して目的に応じたオリジナルテーマや機能を追加できます。
 また、「GMO WP Cloud」では、Automattic社の統合プラグイン「Jetpack(*9)」をプリインストールしており、オリジナルのプラグインと合わせて、安全性の高いプラグインの活用をサポートします。
*9:Jetpackとは、フリーのブログサービス「WordPress.com」で提供されている機能をサーバーインストールタイプのWordPressでも利用できるようにパックしたプラグイン。

6安心の24時間365日電話サポートとわかりやすいマニュアル
 24時間365日営業の電話サポート窓口を設けているほか、「GMO WP Cloud」の利用マニュアルをWeb上に掲載準備しているため、WordPressをすでにご利用の方はもちろん、初めてWordPressでサイトを立ち上げるお客様も安心してWebサイトの作成・運営を行っていただくがことが可能です。

<「
GMO WP Cloud」サービス概要>(金額はすべて税別)
URL
初期費用
 0円
月額費用
 900円
無料トライアル
 10日間
WordPress数
 1サイト分 ※追加オプションあり(月額100円/1サイト)
ディスク容量
 10GB   ※追加オプションあり(月額100円/10GB〔無制限〕)
データ転送量
 無制限
独自ドメイン
 対応
 ※お客様がすでに登録しているドメインでのWordPressサイト公開に対応しています。
  ドメインを持っていない場合は、「お名前.com」(URL:http://www.onamae.com/ )での登録が便利です。
訪問者数/月
 30,000訪問/月
 ※超過した場合、1,000訪問につき100円の料金が加算されます。
  超過した場合でも快適なサイトアクセスを提供します。
基本機能
 オートスケール/バックアップ・リストア/サイトコピー/キャッシュ設定/SFTP/
 phpMyAdmin/エラーログ/ステージング環境
オプションサービス
 WordPress数の追加 : 月額100円/1サイト
 ディスク容量の追加  : 月額100円/10GB
 独自SSL : 2万4,000円/年
 固定IPアドレス : 200円/1IP

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社 ホスティング事業部 /今江


【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【GMOインターネット株式会社】(URL:http://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業

Copyright (C) 2014 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.

TOP