2014年9月3日

ConoHa byGMO」で「オブジェクトストレージ」提供開始
~同時に支援プログラムを拡充、スタートアップにも最大100万円~

  • GMOインターネット株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、ホスティングサービス「ConoHa(コノハ) byGMO」(以下、「ConoHa」)」において、「オブジェクトストレージ」を本日2014年9月3日から提供開始いたしました。
 「オブジェクトストレージ」は、従来提供している「ConoHa」のVPSをご利用でないお客様でもお使いいただけるサービスです。
 また、同日より「ConoHa」の支援プログラムを拡充し、スタートアップ企業支援も実施いたします。
 
【「オブジェクトストレージ」提供の背景】
 「ConoHa」は、“VPSの次の世代のサービス”を目指し、2013年7月から提供している仮想専用サーバー(VPS 1)です。市場の拡大やニーズの変化に応じてさまざまな機能を追加し、多くのお客様にご支持いただけるサービスの提供に努めております。
 近年、インターネット上では蓄積されていくデータの保管に対するニーズが爆発的に増加しております。特に、ウェブサイトのログデータや動画、画像、文書といったデータベース化のしにくい非構造化データの保管場所となるインフラに対して、更なる信頼性や拡張性を望む声が数多く寄せられています。
 こうした背景から「ConoHa」では、高い信頼性と拡張性を備え、非構造化データの保管に適した「オブジェクトストレージ」をVPSに並ぶサービスラインナップとして追加し、提供することといたしました。
※1:VPS(Virtual Private Server)とは、専用サーバーの自由度と共用サーバーの低価格を実現した仮想専用サーバー。
 
【「オブジェクトストレージ」について】
 「オブジェクトストレージ」とは、画像ファイル/動画ファイル/バックアップファイル/アーカイブファイルなどの大容量の非構造化データを保存するのに適したデータ保管サービスです。

特徴
1. 低コストでありながら容量・転送量ともに無制限で利用可能
 低価格でありながら容量無制限で拡張性が高く、データの転送量も無制限に使用できるので、増え続けるデータ量を気にせず、保存・管理が可能です。また、保存データを複数のストレージ機器に複製して格納していますので、高い耐障害性を備えてご利用いただけます。

特徴
2SSL通信(暗号化)によるセキュアな環境をどこからでも利用可能
 「オブジェクトストレージ」へはREST API2を通じてインターネット経由でアクセスすることができるため、ネットがつながればどこからでもデータの取得・保存が可能です。また、「オブジェクトストレージ」との通信はすべてSSLで暗号化することで、安全性と機密性を高めています。
 基盤ソフトウェアには「OpenStack Swift」を採用し、日本語版のコマンドリファレンスをご用意しておりますので、PCやスマートフォンのアプリ開発者様は、REST APIを利用して簡単にアプリ内データの保存先として組み込むことができます。また、プログラミングの知識をお持ちでない方でもご利用いただけるよう、「ConoHa」のコントロールパネル(管理画面)にファイル操作機能を追加しています。
※2:REST APIとは、インターネット上でWebサイトを閲覧する際にURLなどで用いられるHTTPの仕様を使い、システム連携を行う仕組み。

■「オブジェクトストレージ」ご利用料金
 「オブジェクトストレージ」のご利用には転送量やリクエスト数による課金は一切なく、ディスク容量による月額のご利用料金のみとなっております。
初期費用
無料
月額費用
450円(税別) / 100GB
備考
・100GBごとの月額固定料金制です。月内の月額費用の超過分は、日割りでご精算となります。
・「ConoHa」のVPSをご契約でないお客様も、ご利用いただけます。
 
オブジェクトストレージ」1年間無料で使えるモニターを30名募集!
 「ConoHa」では、お客様によりご満足いただけるサービスを提供するべく、「オブジェクトストレージ」のモニターを個人・法人問わず30名募集いたします。モニターになっていただいた方は、1年間無料で「オブジェクトストレージ」をご利用いただき、その期間中は定期的に簡単なアンケートにお答えいただきます。モニター募集に関する詳細は「ConoHa」のサービスページをご確認ください。
 
 
【「ConoHa」の支援プログラム拡充について】
 「ConoHa」では、オープンソースソフトウェアの開発コミュニティやユーザー会など、IT業界を盛り上げるコミュニティを対象に、VPSサービスの無償提供やイベントスペースの貸し出しなどで活動を支援する「ITコミュニティ支援プログラム」を実施しております。  今回、この支援プログラムを拡充し、ITスタートアップ企業の積極支援を開始いたしました。
 拡充された支援プログラムは、ITスタートアップ企業を対象に、「ConoHa」のサービス(VPS/オブジェクトストレージ)を最大で100万円分3ご利用いただけるものです。スタートアップ企業は費用の心配をする必要なく、事業に専念することができます。新規事業の開発環境や既存インフラの移行、ウェブサイト運用など、さまざまな用途で「ConoHa」のサービスをご利用いただくことができますので、お気軽にお問い合わせください。
 「ConoHa」は、今後も継続してインターネットにかかわる多くの団体・企業を積極的に支援してまいります。
※3:支援の金額は所定の審査をもって個別に決定させていただきます。
 
【「ConoHa」について】
 「ConoHa」は、従来のVPSのイメージをくつがえす「ローカルネットワーク」や「コンソール」などの機能により、かつてオンプレミスや高価なクラウドでしか実現できなかった自由で柔軟なシステム構成を体験できるホスティングサービスです。小〜中規模のウェブサイトやサービス、開発環境はもちろん、台数無制限の複数台構成にも対応しているため、大規模システムにも安心して使えるインフラです。「ConoHa」では、今後もお客様のご要望・ご期待にお応えすべく、サービスの拡充を図り、お客様の笑顔と感動の創造を目指してまいります。
 
VPSのご利用料金
スペック
ひと月あたりの料金(税別)
メモリ
CPU
HDD
標準プラン
Windowsプラン
1GB
2コア
100GB
930円
1,930円
2GB
4コア
200GB
1,400円
3,700円
4GB
6コア
400GB
3,780円
5,780円
8GB
8コア
800GB
7,590円
9,590円
16GB
10コア
1TB
15,400円
17,400円
 
【参考URL
●「ConoHaURL:https://www.conoha.jp/ 


【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社  ホスティング事業部
E-mail:info@conoha.jp
 
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【GMOインターネット株式会社(URL:http://www.gmo.jp/)】
会社名GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業

Copyright (C) 2014 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.

TOP