2011年4月13日

GMOインターネット株式会社
Mobageクラウド GMOプラン USデータセンター」を提供開始
~DeNAが運営する「Mobage」のパートナーサポートを拡充~

  • 株式会社ディー・エヌ・エー
  • GMOインターネット株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)が運営する「Mobage(モバゲー)」プラットフォームでアプリを公開するサービス事業者・開発者(以下、デベロッパー)に向けた専用プラン「MobageクラウドGMOプラン USデータセンター」を本日4月13日(水)より提供します。両社は、本プランの提供を通じてデベロッパーの海外進出を支援します。
 【「Mobageクラウド GMOプラン USデータセンター」の提供について】
 GMOインターネットは、DeNAと協力して、2010年10月より、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage」(2010年12月末現在 会員数:2,448万人、URL:http://mbga.jp)のパートナーサポートプログラムにおける運用サポート公式サービスとして、ソーシャルアプリ専用のクラウドサービス「MobageクラウドGMOプラン」を提供しています。

 この度GMOインターネットは、今春にDeNAの米国子会社であるngmoco, LLC (以下ngmoco)が運営する「Mobage」の本格展開を予定しているのに合わせ、アメリカ西海岸に新しくデータセンターを設置し、特別プラン「MobageクラウドGMOプラン USデータセンター」を提供します。デベロッパーは、当プランを利用することにより、DeNAが運営する「Mobage」だけでなく、ngmocoが運営する「Mobage」へアプリを公開する際に、言語や通貨の違いを気にすることなく、快適にインフラを利用することができます。

【「MobageクラウドGMOプラン USデータセンター」の特徴】
1.アメリカを拠点に展開
 ngmocoが運営する「Mobage」は、アメリカを拠点に展開します。日本にあるサーバーを利用してソーシャルアプリを提供する場合、距離的な要因からレスポンス遅延が発生し、アプリが快適に利用できないことからユーザ離れなどの機会損失につながる可能性があります。「MobageクラウドGMOプラン USデータセンター」では、ngmocoが運営する「Mobage」との通信環境を考慮して、アメリカ国内にデータセンターを設置します。

2.契約からサポートまで、すべて日本語で対応
 導入前の相談や契約、利用開始後の電話・メールサポートは、すべて日本語で対応します。また、請求も日本円で行い、クレジットカードを持っていなくても利用可能なことから、デベロッパーは、海外サーバーを使用する際にネックとなる言語の違いや時差を気にする必要なく導入することができます。
 
3.申し込みから最短1営業日でサーバー納品、準備期間完全無料
 申し込みから、仮想サーバーは1営業日、専用サーバーは1週間程度で、サーバー環境を納品します。また、納品後でも、ngmocoが運営するMobage」でのアプリの正式公開まで(最大30日間)は料金が発生せず、各スペックを何台利用しても費用が発生しないことから、当期間中に最適なサーバー構成を調整することが可能です。

4.アプリ運用に必要な機能をすべて標準装備
 「MobageクラウドGMOプラン USデータセンター」は、GMOインターネットが独自開発したコントロールパネルを備えており、Webブラウザから簡単にサーバーノードの追加・削除ができる上、「MobageクラウドGMOプラン」で日本国内向けにもアプリを公開している場合は同じ管理画面で一元管理が可能です。また、急なアクセス増による高負荷や帯域不足でアプリが停止することを防ぐため、負荷分散のためのアプライアンス型の高性能ロードバランサーを標準提供し、トラフィックに合わせて上位回線の随時増強も行います。その他、アプリのチューニングに必要なアクセス解析ツールや、サーバーの監視ツールも無償で提供します。

Mobageクラウド GMOプランUSデータセンター」のスペック・料金
 アプリ運用に最適化されたサーバーを業界最安水準で提供します。
プラン名
スペック
価格(税込)
CPU
メモリ
HDD
初期費用
稼働時
停止時
仮想
タイプXS
1vCPU
4GB
80GB
無料
418円/日
88円/日
〃 High-CPU
2vCPU
4GB
80GB
616円/日
121円/日
タイプSS
2vCPU
8GB
160GB
814円/日
154円/日
〃 High-CPU
4vCPU
8GB
160GB
1,177円/日
209円/日
タイプS
4vCPU
16GB
320GB
1,540円/日
264円/日
タイプM
4vCPU
30GB
640GB
2,860円/日
396円/日
タイプL
7vCPU
60GB
800GB
5,500円/日
462円/日
タイプXL
12vCPU
120GB
1200GB
9,020円/日
528円/日
専用
タイプM
Xeon E5620
24GB
292GB
85,800円/月
データ転送量
8.4円/GB
Mobage向けアプリ:上限33,500円/月
Yahoo! Mobage向けアプリ:上限165,000円/月
 
Mobageクラウド GMOプランUSデータセンター」その他サービス仕様
サーバー追加
注文後、最短5分で提供
内部ネットワーク
契約ごとに1つのVLANを構成し、グローバルIPを2つ付与
ロードバランサー
httpの通信を希望のサーバーにバランシング(コントロールパネルで設定可)
管理・監視用
タイプXSを1台無料で提供
課金開始日
申告いただいたアプリ公開日
無料提供期間
 納品からアプリ公開日まで最大30日間、全サーバーの転送量無料
お支払い方法
GMOインターネット指定口座への銀行振込
 
※スペック、料金の詳細につきましては下記「DeNAデベロッパーサイト」よりお問い合わせください。
 
DeNAは、安定したソーシャルアプリ運営環境を提供することで、デベロッパーのソーシャルアプリ展開を支援し、ひいては「Mobage」のユーザに快適な環境でソーシャルアプリをお楽しみいただけるよう、引き続き、サービス開発・運営に邁進いたします。

【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社 事業本部 高田・藤浪
TEL:0120-50-6065  E-mail:info@cloud.gmo.jp
【報道関係お問い合わせ先】
◆株式会社ディー・エヌ・エー  広報部  立石
TEL:03-5304-1732 FAX:03-5304 -1770 E-mail:pr@dena.jp

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp


【株式会社ディー・エヌ・エー 会社概要】
会社名 株式会社ディー・エヌ・エー (東証第一部 証券コード:2432)
所在地 東京都渋谷区代々木四丁目30番3号 新宿MIDWESTビル
代表者 代表取締役社長兼CEO  南場 智子
事業内容 ソーシャルメディア事業、国際事業、ソーシャルゲーム事業、インターネットマーケティング事業、eコマース事業、他
資本金 103億81百万円 (2010年12月31日現在)
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容 ■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
資本金 20億万円
TOP