GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2017年9月1日
報道関係者各位
GMOドメインレジストリ株式会社
お店のためのドメイン「.shop」登録開始1周年記念!
『.shop 1stバースデーセール』を実施
 GMOインターネットグループでレジストリ事業を展開するGMOドメインレジストリ株式会社(以下、GMOドメインレジストリ)は、お店のためのドメイン「.shop」が、2017年9月27日に一般登録開始1周年を迎えることを記念して、2017年9月1日~30日の1ヶ月間、『.shop 1stバースデーセール』を実施いたします。
 『.shop 1stバースデーセール』期間中は、各レジストラ事業者(ドメイン登録サービス提供事業者)において、通常価格よりもお得な割引価格で「.shop」をご登録いただけます(※1)。
(※1)割引期間や価格はレジストラ事業者によって異なりますので、各レジストラのサービスサイトでご確認ください。

【登録累計26万件超!「.shop」運営の歩み】

 「.shop」は、一目で“お店”を表していることがわかる、EC事業者や実店舗運営者に最適なドメインです。
 GMOドメインレジストリは、2016年1月28日に実施されたICANN(注1)主催のオークションにおいて、当時の世界最高額(※2)となる4,150.1万USドル(約49.2億円(※3))で、新gTLD(注2)「.shop」の運営権利を獲得いたしました。
 そして、2016年9月27日に開始した一般登録では、開始から18時間で5万3,000件超の登録があり、2016年12月8日には累計登録件数10万件を達成。2017年8月時点で、累計登録件数26万件を突破し、順調に登録件数を伸ばしております。

■ネットショップ作成サービスとの連携で「.shop」の利用を促進
 「.shop」は、すでに様々な“お店”のドメインとして国内外で使用されるようになってきています。
 GMOドメインレジストリでは、これまでに海外を中心に多数のサービスと連携しており、2017年8月30日からは、株式会社ブラケットのネットショップ作成サービス「STORES.jp」(URL:https://stores.jp/)と連携し、同サービスのプレミアムプランにおいて、ネットショップのドメインに「.shop」の利用が可能になりました。今後もさらに「.shop」の利用を拡大するべく、GMOメイクショップ株式会社が運営する「MakeShop」、GMOペパボ株式会社が運営する「カラーミーショップ」をはじめ、国内外のネットショップ作成サービスやWebサービスとの連携を積極的に進めてまいります。

■「.shop」専用のSSLサーバ証明書「.shop SSL」を提供
 “お店”を表す「.shop」は、ネットショップのドメインとして最適です。しかし個人情報やクレジットカード情報などを扱うネットショップにおいては、ユーザーに安心してご利用いただくためにも、SSLサーバ証明書(注3)の導入が欠かせません。
 GMOドメインレジストリは、「.shop」ドメインで運営されるネットショップやWebサイトのSSL導入率を高め、安全・安心なネットショッピング環境の実現を目指すべく、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社と共同で「.shop」専用のSSLサーバ証明書「.shop SSL」を開発。2016年11月より各レジストラ事業者を通じて提供しています。

<1周年記念!『.shop 1stバースデーセール』>
 こうした様々な取り組みにより登録件数を伸ばしてきた「.shop」ドメインは、9月27日で一般登録開始から1周年を迎えます。これを記念して、本日~9月30日の1ヶ月間、国内各レジストラ事業者で通常価格よりもお得な割引価格で「.shop」を登録できる『.shop 1stバースデーセール』を実施するに至りました。

 GMOドメインレジストリは、今後も国内外のレジストラ事業者や各種Webサービス事業者との連携を図り、「.shop」の利用拡大、ひいてはEC市場の拡大に貢献してまいります。

(※2)現在の世界最高額は「.web」。1億3,500万USドル(約142.3億円)で落札されました。1USドルあたり105.41円(2016/7/27終値、.web落札日)で換算。
(※3)1USドルあたり118.66円(2016/1/27終値、.shop落札日)で換算。
(※4)「.porn」、「.adult」は商標・ブランド防御の目的で取得されているため除外。

【GMOドメインレジストリについて】

(URL:http://www.gmoregistry.com/
 GMOドメインレジストリは、GMOインターネットグループで培ったドメイン取り扱いノウハウ、システム構築・運用技術を結集し、地方自治体、法人、団体による新gTLDの申請手続きおよびシステム構築・運用からマーケティング・営業活動支援を行う会社として2009年7月に設立された会社です。現在では、東京都、名古屋市、横浜市より管理運営事業者として支持を受けて運用を開始している地域名TLDの「.tokyo」、「.nagoya」、「.yokohama」をはじめ、キヤノン株式会社様の「.canon」や株式会社日立製作所様の「.hitachi」申請・運用において提携に合意しています。

【「.shop」関連URL】

・利用事例紹介サイト URL:https://get.shop/case_jp/
・公式サイト(英文) URL:https://get.shop/
・公式ブログ(英文) URL:http://shoptld.weebly.com/

【用語】

(注1)ICANNInternet Corporation for Assigned Names and Numbersの略称。インターネット上で使用されるドメイン名やIPアドレスといったアドレス資源の割当管理を行う米国の非営利団体。ドメイン登録業務を行うレジストラ(登録事業者)を公認する権限を持っています。
(注2)新gTLDドメイン名において、末尾部に配置される「com」や「net」、「jp」などの文字列のことをTLD(トップレベルドメイン)といいます。TLDは、それぞれICANNに申請をして認められた事業者がICANNから委任されて管理運営業務を行います。2008年6月にICANNの理事会において、TLD導入のルールを大幅に自由化する案が承認され、2012年1月よりICANNの適切な審査プロセスのもと自由な文字列によるTLDの申請が開始されました。これを新gTLDと呼びます。
(注3)SSLサーバ証明書インターネット上でやりとりされる通信を暗号化する機能と、そのWebサイトの運営者・運営組織の身元を証明する「実在証明」の役割を備えた電子証明書です。


【サービスに関するお問い合わせ先】

●GMOドメインレジストリ株式会社 
E-mail:newgtld@gmoregistry.com

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOインターネット株式会社
グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【GMOドメインレジストリ株式会社】 (URL:http://www.gmoregistry.com/
会社名GMOドメインレジストリ株式会社
所在地東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 塚原 廣哉
事業内容■ドメインレジストリ事業
資本金4億9,000万円

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証一部(証券コード9449))
所在地東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金50億円

以上

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.