2019年3月28日

「MakeShop」、自由度の高いデザイン編集機能
「クリエイターモード」を提供開始
~販売パートナーからも高評価のレスポンシブWebデザイン対応も実現~

  • GMOメイクショップ株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築ASP「MakeShop」(URL:https://www.makeshop.jp)において、自由度の高いレイアウト編集と優れたカスタマイズ性を特徴とし、レスポンシブWebデザインにも対応した新しいデザイン編集機能「クリエイターモード」(URL:https://reference.makeshop.jp/manual/info/creator-mode/ )を、本日2019年3月28日(木)より提供開始いたしました。「クリエイターモード」を活用することで、以下を実現することができます。

1)オリジナリティのあるデザインを表現できるようになり、同業種をはじめ他のネットショッピングサイトとデザイン面での差別化を図ることができます。
2)レスポンシブWebデザイン対応により運用業務の効率化やモバイルでの表示対策が行いやすくなります。

 また、提供開始に先駆け「MakeShop」の販売パートナー・制作担当者向けに実施した「クリエイターモード説明会」では、東京・大阪・福岡の3拠点で延べ100名以上の方にご参加いただき、自由なレイアウトが可能となることはもちろん、以前より期待の声が多かったレスポンシブWebデザイン対応については、特に高い評価をいただきました。説明会でお寄せいただいたご意見を踏まえて、今後も「クリエイターモード」は随時機能のアップデートを行ってまいります。

【「クリエイターモード」提供開始の背景】

 GMOメイクショップが提供する「MakeShop」は、お好みのデザインを選択するだけで自動的にショップ構築ができる173種類のデザインテンプレートと、HTML・独自タグを使用してデザイン編集が可能なカスタマイズテンプレートをご用意している、業界No.1(※1)のネットショップ構築ASPです。
 「MakeShop」では、ネットショッピングの普及を背景に、ショップ運営者の間で高まる他のショップとの差別化や、商品の持つ世界観を表現したいという、オリジナリティのあるデザインに対するご要望に加え、「MakeShop」の販売パートナーからのレスポンシブWebデザイン(※2)へのご要望が寄せられていました。
 そこで、こうした声にお応えするため、より自由度の高い編集機能として「クリエイターモード」を提供することといたしました。

(※1)国内ネットショップASPの2018年1月~12月の年間総流通額を比較。
(※2)ひとつのソース(HTML)で、スマートフォンやPC、タブレットなどユーザーの閲覧するデバイスの画面サイズに応じて、ページのレイアウト・デザインを自動で最適化して表示する技術。

【「クリエイターモード」について】

 「クリエイターモード」は、レイアウトの編集も可能な自由度の高さと、優れたカスタマイズ性が特徴の編集機能です。従来のtable タグを廃止したことで、レスポンシブWeb デザイン対応のショップ構築も可能なうえ、SEO対策の強化も行いやすくなります。「MakeShop」をご利用のショップ様や制作パートナーは、通常の「MakeShop」の編集画面から画面を切り替えるだけで、簡単に「クリエイターモード」を使用することができます。なお、専用テンプレートも2種類ご用意しており、順次追加していく予定です。

■「クリエイターモード」の特徴
特徴1:優れたカスタマイズ性でオリジナリティを発揮
 「クリエイターモード」では、smarty(※3)を採用した独自タグを用意しています。生成されるソースの粒度が細かいため、優れたカスタマイズ性を実現します。具体的には、ショップに必要な要素(パーツ)の配置が自由にレイアウトできるうえ、各パーツのカスタマイズも容易に可能となります。

特徴2:各ページ1ソースで管理でき、自由なレイアウトと効率化が可能
 従来の編集画面では、上段のメニューや中央画面ブロックなど、予め決められたテンプレートの枠内しか編集できませんでした。「クリエイターモード」では、全てひとつのエディタ内で編集できるうえ、ページごとのカラム数(レイアウトの段組み)の変更も簡単に行えます。HTMLソースをローカル環境で編集し、管理画面へコピーペーストして使うような上級ユーザーにとっては、圧倒的な業務効率化にもつながります。

特徴3:レスポンシブWebデザインに対応可能
 同一URLでデバイスを問わず最適なページを表示することができる、レスポンシブWebデザインに対応したショップの構築が可能です。ページをシェアする際にPC用、モバイル用とURLを区別する必要がなくなるため、SEO対策の強化にもつながります。

特徴4:コンテンツの再利用で効率化を図れるウィジェット機能
 ユーザーが自ら作成したコンテンツをタグ化し、コンテンツの再利用ができるウィジェット機能を搭載しています。複数箇所に同じコンテンツを簡単に追加する場合、タグ化することで追加作業の効率化を図ることができます。

特徴5:マーケティングツールへの対応で戦略的なショップ運営が可能
 独自タグの中身以外はすべて編集できるため、Googleが推奨しているMFI(モバイルファーストインデックス)に対応した編集も可能です。また、サイト内の行動分析や効果測定などの数値計測するために必要な各種マーケティングツール用のタグも自由に追加できる設計のため、環境に合わせた戦略的なショップ運営が実現します。

特徴6:複数のデザインセットを並行して編集&プレビュー可能
 「クリエイターモード」では、運営ショップに適用中のデザインセット以外にも、複数のデザインセットを保存することができます。適用されていない編集中のデザインセットは、各ページ単位でプレビューを表示し、確認することができます。リニューアル作業の際に、わざわざ別のショップを立ち上げ表示を確認するといった面倒な作業が不要になり、効率的に編集・確認ができるようになります。

(※3) PHP で使用できるテンプレートエンジンで、デザイン(HTMLソース)とロジック(PHPソース)を分離して管理できるので、Webサイトを構築するうえでの作業効率を高めることが可能になります。

<機能概要>

対象「MakeShop」のプレミアムショッププランをご利用のお客様
ご利用料金無料
ご利用方法「MakeShop」の管理画面よりご利用いただけます。
特設サイトURLhttps://reference.makeshop.jp/manual/info/creator-mode/

■「クリエイターモード」の今後の展開
 「クリエイターモード」では、専用テンプレートの提供を随時拡大していく予定です。また、オプション機能の開発も順次進め、優れたカスタマイズ性と機能性、デザイン性を両立した高い機能性を誇るネットショップ構築ASPを目指してまいります。

【GMOメイクショップ株式会社について】

 GMOメイクショップは、“EC for a better future.”と、スローガン“あなたの「ホンキ」を「本気」でサポート”のもと、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。
 「MakeShop」は国内 2万 2,000店舗以上にご利用いただいており、2018年には 年間総流通額 が 1,594億円に達し、7年連続でネットショップ構築ASP業界No.1を獲得いたしました。
 今後もGMOメイクショップは、広範なEC領域において、ショップが抱える様々な課題を解決できるよう、サービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOメイクショップ株式会社
     TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOメイクショップ株式会社
     デザイン戦略部 プロモーション 担当 近藤・広報担当 戸恒
     TEL:03-5728-6227 E-mail:pr@ml.makeshop.jp

    ●GMOインターネット株式会社
     グループ広報・IR部 石井  
     TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOメイクショップ株式会社

    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役社長 向畑 憲良
    事業内容 ■EC-ASP事業
    ■ECソリューション事業
    ■Web制作事業
    ■EC運用受託事業
    資本金 5,000万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP