2018年12月3日

GMOデジタルラボ×インターゾーン共同開発
自動車業界特化型のアプリ制作サービス「gNOTE+(ジーノートプラス)」を提供開始
~車検受注・入庫管理システムと連携、お客様ごとにアプリを通じた集客施策が可能~

  • GMOデジタルラボ株式会社
  • 株式会社インターゾーン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社、GMOデジタルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 以下、GMOデジタルラボ)と、株式会社インターゾーン(代表取締役社長:鏡山 健二 以下、インターゾーン)は、自動車業界特化型のアプリ制作サービス「gNOTE+(ジーノートプラス)」(URL:https://www.inter-zone.jp/service/gnote-plus/ )を共同開発し、本日2018年12月3日(月)よりインターゾーンを通じて提供開始いたしました。
 自動車販売店や整備工場、ガソリンスタンドなどの自動車関連サービスを展開する店舗は、「gNOTE+」を活用することで、車検受注・入庫管理システムと連携した店舗アプリ(iPhone®/Android™)を制作することができます。これにより、お客様の車検満了日や定期点検整備記録などの情報を活用し、車検満了前のお知らせやクーポンを自動配信するなど、アプリを通じた店舗への送客・集客施策が行えます。

【「gNOTE+」共同開発の背景】

 GMOデジタルラボは、店舗(企業)専用の集客支援型アプリを短期間・低価格でオーダーメイド制作する、スマートフォンアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」を提供しています。「GMOおみせアプリ」の導入店舗数は国内最大級(※1)の2,000社超にのぼり、各企業・店舗の集客施策等に活用いただいています。

 一方、インターゾーンは、自動車関連業界に特化したマーケティングBPO(※2)サービスを展開する企業です。主力事業の一つである「車検コールセンター事業」では、車検受注・入庫管理システム「gNOTE(ジーノート)」を提供しており、お客様へのコール内容やステータスを瞬時に現場で共有できるシステムとしてご好評いただいています。

 昨今では、自動車そのものの耐久性向上などにより、自動車の買い替えサイクルが長期化傾向にあるほか、レンタカーやカーシェアリングの普及を背景に、自家用車を持たない選択をする人もいることから、自動車業界においては、新規顧客の獲得のみならず、既存のお客様を店舗へ送客・集客する施策が求められています。そして、既存顧客の集客には、車検やオイル交換などの適切なタイミングで接点を持つことが重要となることから、顧客管理システムの利用に加え、情報発信ができる店舗アプリに注目が集まっています。
 そこでGMOデジタルラボとインターゾーンは、車検受注・入庫管理システムと連携した店舗アプリを制作できるサービス「gNOTE+」を共同開発いたしました。両社は、「gNOTE+」の提供を通じて、自動車業界の活性化とカーオーナーのベネフィット向上に貢献してまいります。

(※1) 国内主要アプリ開発会社のアプリ掲載数を比較(2018年11月30日時点、GMOデジタルラボ調べ)。
(※2) BPO(Business Process Outsourcing)サービスとは、企業・団体における業務プロセスを、外部の専門企業に委託するサービスのこと。

【「gNOTE+」について】

 「gNOTE+」は、インターゾーンが提供する車検受注・入庫管理システム「gNOTE」と連携した、自動車業界特化型の店舗アプリ(iPhone®/Android™)を制作できるサービスです。自動車販売店や整備工場、ガソリンスタンドなどの自動車関連サービスを展開する店舗は、「gNOTE+」を活用することで、車検受注・入庫管理システムの情報をもとに、車検満了のお知らせや整備に利用できるクーポンなどをお客様へ自動配信できるため、アプリを通じた店舗への送客・集客施策に活用できます。


特徴1)車検・定期点検など、顧客のステータスに応じてプッシュ通知を自動配信
 車検満了前や定期点検、オイル交換など、お客様の車の整備状態やステータスに応じて、お知らせやクーポンなどを自動配信することができます。例えば『オイル交換時期になったら自動的にプッシュ通知でご案内を配信』『車検満了日の3ヶ月前に、車検割引クーポンを配信』など、配信時期と内容を予め設定しておくことで、店舗スタッフの手間をかけることなく、集客につなげることができます。もちろん個別配信も可能なので、『半年間来店されていないお客様へ、洗車クーポンを発行する』といった活用もできます。


特徴2)アプリから簡単に予約が可能
 車検や定期点検、オイル交換などを行う場合には、事前に車両の入庫予約を行うことが一般的です。「gNOTE+」では、リアル店舗やコールセンター、ホームページなど、あらゆる接点での予約状況がシステム上に集約され、アプリへもリアルタイムで反映されます。そのため、アプリをご利用のお客様は、空き状況を見ながら簡単に予約を入れることができます。なお、車検受注・入庫管理システム「gNOTE」に登録されている情報を引き継ぐため、お客様は個人情報や車輌情報を改めて入力する必要はありません。


特徴3)データに基づいたお客様の行動を分析し、販促に活用可能
 「gNOTE+」は、車検受注・入庫管理システム「gNOTE」に登録された情報に加え、アプリや来店を通じて収集したデータからお客様の行動を分析することができます。これにより、『一定期間に5回来店されたお客様へ限定クーポンを発行する』といったように、販促に活用することができます。


■第一弾「アップル車検」に採用
 「gNOTE+」の提供開始に先駆けて、自動車総合メンテナンスチェーン「アップル車検」に本サービスを採用いただき、11月12日(月)に「アップル車検」公式アプリがリリースされました。「アップル車検」の公式アプリは、全国100店舗以上の加盟店から、ユーザーの近くの店舗を検索し、車検・定期点検等の予約をすることができます。また、行きつけの店舗を登録することで、その店舗からお得な情報を受け取ることができます。

・「アップル車検」公式アプリ URL:https://introduction.bp-app.jp/apple-search/

<サービス概要>(金額は全て税抜)

名称 gNOTE+
主な機能 ・プッシュ通知             ・ニュース配信
・車検、洗車など、各整備予約      ・クーポン発行
・マイカーデータ表示          ・来店スタンプ機能
・オリジナル会員証
利用料金 月額1万円~ *詳細はサービスサイトよりお問い合わせください。
提供会社 株式会社インターゾーン
サービスサイトURL https://www.inter-zone.jp/service/gnote-plus/

【株式会社インターゾーンについて】

 インターゾーンは自動車関連業界に特化したマーケティングBPO会社です。整備工場、ガソリンスタンド、自動車ディーラーなどの自動車関連業界の「現場」を知り尽くし、整備工場入庫管理システム「gNOTE」を活用した車検コールセンター事業のほか、車検新規顧客獲得のためのネット車検受注プランなどにも力を入れています。

【GMOデジタルラボ株式会社について】

 GMOデジタルラボは、札幌を本社に、東京・仙台・新潟・静岡とエリア展開している、1993年に設立した企業です。多様かつ複雑化する企業のデジタル領域において、顧客視点に立ったデジタルサービスをワンストップで提供しております。
主力事業は、デジタルメディア事業(スマホアプリ開発、ホームページ制作、ポータルサイト運営)、デジタルマーケティング事業(サイト運用支援、SEOサービス、WEBソリューション)、デジタルデバイス事業(OA機器、モバイル端末)の3事業を中心とした、中小企業の持続的な成長を支援するデジタルソリューション・エージェンシーです。
 今後も、便利で豊かな笑顔ある社会の実現のため、「コトをITで変えていく。」企業を目指し、中小企業の集客支援・販売促進に注力してまいります。

【参考URL】

・「GMOおみせアプリ」URL:https://gmo-app.jp/ (GMOデジタルラボ)
・「gNOTE」URL:https://www.inter-zone.jp/service/ (インターゾーン)

  • 【サービスに関するお問い合わせ先】

    ●GMOデジタルラボ株式会社 広報担当 羽田
    TEL:011-219-0037 FAX:011-219-1897
    E-mail:info@digitallab.jp 

    ●株式会社インターゾーン gNOTE+事務局
    TEL:027-387-0003 
    E-mail:support@inter-zone.jp

  • 【報道関係お問い合わせ先】

    ●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
    TEL:03-6415-6100 FAX:03-6415-6101
    E-mail:pr@gmocloud.com

    ●GMOインターネット株式会社
    グループ広報・IR部 石井・島田
    TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

  • GMOデジタルラボ株式会社

    所在地 北海道札幌市中央区北二条西3-1 敷島ビル5F
    代表者 代表取締役社長 山田 裕一
    事業内容 ■デジタルメディア事業  
    ■デジタルマーケティング事業  
    ■デジタルデバイス事業
    資本金 3,455万円
  • 株式会社インターゾーン

    所在地 群馬県高崎市緑町4-5-17
    代表者 代表取締役社長 鏡山 健二
    事業内容 ■マーケティングBPO事業(WEBマーケティング運用サポート、コールセンター事業)
    資本金 2,400万円
  • GMOインターネット株式会社

    株式情報 東証一部(証券コード9449)
    所在地 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
    代表者 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷 正寿
    事業内容 ■インターネットインフラ事業
    ■インターネット広告・メディア事業
    ■インターネット金融事業
    ■仮想通貨事業
    資本金 50億円
TOP
すべての人にインターネット
関連サービス