GMO サービスご利用1000万件突破 ありがとうございます

Internet for Everyone

GMOインターネットグループのインフラ事業

GMOインターネットグループのインターネットインフラサービスのご契約件数は、おかげさまで1,000万件を突破しました。1995年の事業開始以来、“すべての人にインターネット”をコーポレートキャッチに、お客様のインターネットでの情報発信をお手伝いし、今では生活に欠かせないインフラとして、なくてはならない多様なサービスを展開しています。

  • 1995
  • 1997
  • 1998
  • 1999
  • 2000
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
インフラサービス契約件数 1000万件突破 2019年3月

プロバイダ(ISP)

  • 1995
  • 1997
  • 1998
  • 1999
  • 2000
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
152万件

  • 1995年
    非会員制インターネット接続サービス「interQ ORIGINAL」提供開始
  • 1997年
    「interQ MEMBERS」提供開始
  • 2004年
    「ベッコアメ・インターネット」および「ZERO」を事業譲受けによりGMOインターネットのサービスとして提供開始
  • 2009年
    「GMOとくとくBB」提供開始

モバイルWi-Fi端末「WiMAX」、光回線など152万件(※1)のインターネットライフを「お得」に提供

1995年12月に世界初の非会員制インターネット接続サービス「interQ ORIGINAL」を、1997年10月に「interQ MEMBERS」を提供開始。その後、老舗ブランドの「ベッコアメ・インターネット」、「ZERO」を譲り受け、GMOインターネットのサービスとして提供。現在はWiMAX、光回線を中心としたラインナップをご用意した、業界最安値水準の圧倒的なコストパフォーマンスと毎月ポイントが貯まるお得なサービス「GMOとくとくBB」を提供しています。ダイヤルアップ、ADSLなどのアナログ方式が中心だった2000年前半の国内インターネット接続普及率は約30%(※2)、その後スマートフォンの普及、様々なWebサービスの誕生による接続機会は拡大し、現在の普及率は80%(※3)、インターネットのデータ量は60倍(※4)を超えています。今後も生活のあらゆるシーンで欠かせないインフラとして多様なニーズに対応してまいります。

  • (※1) 自社調べ(2019年3月末時点)
  • (※2) 出典 平成12年「通信利用動向調査」の結果:総務省
  • (※3) 出典 平成29年通信利用動向調査 ポイント 図表1-2 インターネット利用状況の推移:総務省
  • (※4) 出典 平成31年「我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計・試算」:総務省
    2004年、2018年データを比較した自社調べ:総務省
1995
開始

GMOインターネット初のインフラ事業

  • とくとくBB

ドメイン

  • 1999
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
652万件

  • 1999年
    「お名前.com」アジア初のICANN公認レジストラとして事業開始
  • 2004年
    GMOペパボがグループジョイン 「ムームードメイン」提供開始
  • 2011年
    GMOデジロックがグループジョイン 「バリュードメイン」提供開始
  • 2016年
    GMOドメインレジストリが「.shop」を世界へ提供開始

インターネットの住所「ドメイン」登録件数は国内1位、世界では10位の実績(※5)

1999年にアジア初のレジストラ事業者としてICANNの認定を受けて「.com」や「.jp」などインターネットの住所となるドメイン登録サービスを提供開始。現在、GMOインターネットグループでは「お名前.com」「ムームードメイン」「バリュードメイン」の複数ブランドでサービス展開しています。販売累計ドメインは2019年3月15日時点で2000万件を突破し、国内では87.3%(※6)の圧倒的No.1シェアとなっています。
2014年に「.tokyo」、2016年に「.shop」という新しく誕生したドメインを世界中のレジストラ事業者へ向けてそれぞれ販売開始。今後は国内での運用実績を活かし、アジア圏におけるインターネットを通じた情報発信のお手伝いも積極的に取り組んでまいります。
最近では、新元号「令和」の発表を受け、「令和」関連のドメインが発表からわずか3日で登録件数2,300件を超え、話題を集めました。

国内シェア
87.3%
※国内ドメインシェアICANN調べ
  • お名前.com
  • バリュードメイン
  • ムームードメイン
  • .shop
  • .tokyo
No.1

クラウド・ホスティング

  • 1997
  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
86.4万件

  • 1997年
    GMOインターネット 「interQ OFFICE」提供開始
  • 2001年
    GMOペパボ「ロリポップ」提供開始
  • 2001年
    GMOクラウドがグループジョイン 「アイル」提供開始
  • 2005年
    GMOインターネットが「お名前.com」で共用サーバーを提供開始
  • 2011年
    GMOデジロックがグループジョイン 「バリューサーバー」提供開始
  • 2013年
    GMOインターネットがVPS新ブランド「ConoHa byGMO」提供開始
  • 2015年
    グローバルブランド「Z.com」による海外展開始動
  • 2018年
    GMOインターネット「Z.com Cloud ブロックチェーン」提供開始

スマホアプリや多様化するクラウドニーズにお応えし、国内シェア56.6%(※7)

30年前の1989年に米国で考案されたWWW(World Wide Web)は世界へ広がり、日本では1995年にYaoo!JAPANによってWebサイトをデータベース化・検索できるサービスが開始されました。
一方、法人のインターネットによる情報発信が徐々に広まりつつある1997年、GMOインターネットでは当時の利用料金としては低価格となる月額1万円程度で法人向けレンタルサーバーサービス「interQ OFFICE」を提供開始。その後、GMOペパボ、GMOクラウド、GMOデジロックがグループに加わったことで、個人・法人へと豊富なサービスラインナップを提供可能となり、その結果、国内シェアNo.1となっています。今後もより高度化するお客様のニーズに応じて、最先端技術と安定したIT基盤を便利に使いやすく提供することに努め、インターネットを通じた企業活動や皆様のコミュニケーションなどを支えてまいります。

国内シェア
56.6%
※Webhosting.info調べ
  • お名前.com レンタルサーバー
  • お名前.com クラウド
  • ConoHa
  • GPUクラウド
  • ALUTUS
  • LOLIPOP
  • バリューサーバー
No.1

ショッピングカート

  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
7.4万件

  • 2004年
    レンタルサーバー「ロリポップ」のオプションとしてショッピングカート機能を提供開始
  • 2005年
    「カラーミーショップ」「MakeShop」開始
  • 2012年
    無料ショッピングカートの台頭によりEコマースを始める店舗が増加
  • 2012年
    ハンドメイドマーケット「minne」開始

7万1,000店舗のECショップを全力サポート

日本におけるインターネットショッピングの歴史は、1997年に楽天市場、1999年にYahoo!ショッピングが登場したことで始まりました。
新たな販売チャネルとしてオンライン上のモール型の店舗が増える中、GMOインターネットグループでは、店舗独自のオンラインショップを簡単に構築できるサービスとして、2005年から「カラーミーショップ」(GMOペパボ)、「MakeShop」(GMOメイクショップ)をそれぞれ提供開始。ショップオーナーと購入者にとって、便利で使いやすい機能を提供し続け、現在ではご利用店舗数は7万1,000店舗と、国内の有料店舗数はNo.1(※8)となっています。
2012年からは新たなECのカタチとして、ハンドメイド作品を「売りたい人」と「買いたい人」をつなぐハンドメイドマーケット「minne」を提供開始するほか、2014年にはオリジナルグッズの作成・販売プラットフォーム「SUZURI」を提供開始。また、フリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」の提供など、オンラインで商品を販売する法人だけではなく、個人、フリーで活躍される方向けにも、様々なお手伝いをしています。

  • (※8) 自社調べ(2019年3月末時点)
年間流通金額
2,900億円

2019年3月末時点(Makeshop、カラーミーショップ合算)

  • カラーミーショップ
  • MakeShop
  • minne
  • SUZURI
  • FREENANCE
No.1

セキュリティ(SSL)

  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
123万件

  • 2003年
    「SSLサーバ証明書」を販売開始
  • 2006年
    グローバルサイン社(ベルギー)がグループジョイン、「GlobalSign」ブランドのサービスを日本発・世界へ販売開始
  • 2013年
    ネット選挙解禁「国会議員認証サービス」「政党認証サービス」開始
  • 2018年
    半導体等に必要な「IoTデバイス向け大量証明書発行サービス」開始

インターネットの通信を守って国内シェアNo.1(※9)

インターネットでは様々なWebサイトでお買い物や会員登録が行われていますが、この大切なお客様情報(データ)をインターネット上でやり取りする際、そのデータの通信を暗号化することで、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みがセキュリティ(SSL)です。そしてWebサイトを介してつながっている相手が、なりすましではなく本物であることを証明するのが、SSLをはじめとする電子証明書です。
GMOインターネットグループでは2003年にセキュリティ(SSL)の販売事業を開始。2006年には、ヨーロッパで初めてWebTrust(※10)を取得した実績や、ベルギー政府関連機関への数多くの実績を持つ、ベルギー電子政府プロジェクトの最上位認証局である「GlobalSign」をグループに迎え、以降は電子証明書の発行から販売までを一貫して行うサービスとして「グローバルサイン」を提供。現在では日本国内におけるSSL市場にてシェアNo.1だけではなく、純増数も4年連続でNo.1(※11)となっています。また、日本を含め17カ国・地域の拠点を通じてサービスの海外展開を推進しており、東南アジアのうち数カ国でシェアNo.1(※12)を獲得、2019年1月には韓国でもシェアNo.1(※13)となっています。
最近ではPCやスマートフォンだけでなく家電や自動車など、インターネットにつながるデバイスの多様化を受けて、通信のセキュリティ強化の目的で利用が広がっています。

  • (※9) (※11) (※12) (※13) Netcrft社「SSL Survey」
  • (※10) AICPA(米国公認会計士協会)とカナダ勅許会計士協会による国際的な電子商取引認証局の監査プログラムのこと
SSL発行実績
累計440万枚以上
  • GlobalSign
No.1

決済

  • 2001
  • 2002
  • 2003
  • 2004
  • 2005
  • 2006
  • 2007
  • 2008
  • 2009
  • 2010
  • 2011
  • 2012
  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016
  • 2017
  • 2018
  • 2019
13.3万件

  • 2004年
    GMOペイメントゲートウェイがグループジョイン
  • 2005年
    GMOイプシロンがグループジョイン
  • 2007年
    「自治体・公共機関向け決済サービス」開始
  • 2013年
    「GMO後払い」開始
  • 2013年
    海外決済代行サービス「GMO-PG Global Payment」開始
  • 2017年
    年間決済流通金額2兆円を超える
  • 2018年
    加盟店舗数10万店を超える

安全で便利な決済手段を国内最大規模(※14)の13万を超える店舗に提供 今後のキャッシュレス時代を支えるメインプレイヤーへ

日本では2000年前後からインターネットでモノを買う時代が到来しました。
GMOインターネットグループでは、2004年に加わったGMOペイメントゲートウェイが中心となり、ネットショップやオンラインサービスを手掛ける事業者向けにクレジットカード決済やコンビニ決済など、様々な決済手段を総合的に提供。グループのショッピングカートサービスと共に成長し続け、現在では国内最大規模(※14)の13.3万店舗(2019年3月末時点)に決済サービスをご利用いただき、年間決済流通額は3兆円を超えています。
また、昨今では、日本政府が来たる2020年に向け推進している対面でのキャッシュレス化に貢献するべく、銀行口座と連動してスマホアプリから即時に口座引き落としができる「銀行Pay」の基盤システムを提供しています。
今後も、各社の提供する決済手段を扱うマルチペイメントサービスのプラットフォーマーとして、安全で便利なサービスの提供を目指してまいります。

  • (※14) 自社調べ(2019年3月末時点)
流通金額4.1兆円

(2019年3月末時点)

  • GMO PaymentGateway
  • GMO Epsilon
  • GMO FinancialGate
  • GMO PaymentService
No.1

GMO
ご利用1000万件感謝キャンペーン
1000万円分 ビットコインプレゼント 応募方法

  1. STEP 1

    GMOインターネットグループのTwitter公式アカウント「@GMOGroup」をフォロー!

  2. STEP 2

    右のツイートをリツイート(RT)!

    下のツイートをリツイート(RT)!

    • ※「@GMOGroup」をフォロー済みの方はSTEP2のみで応募完了!!
  3. STEP 3

    応募完了!!

    • ※当選者へのご連絡はTwitterのDMで行いますので、必ずフォローしてください。

抽選チャンスは全部で10回!!

キャンペーン期間中、合計10回抽選を行います!全部で10回つぶやかれる「@GMOGroup」の抽選対象のツイートをTLでチェック!

終了しました

キャンペーン要項

キャンペーン名

ご利用1000万件感謝キャンペーン

  • ※以下、本キャンペーンとします
開催期間

2019年5月9日(木) 13:30 ~ 5月22日(水) 23:59

賞品

ビットコイン(1万円相当分)を1000名様にプレゼント

  • ※弊社所定の方法にて算出したビットコイン(1万円相当分)をプレゼントいたします。
  • ※レートの変動によって1万円分に満たない場合もございます。予めご了承ください。
応募方法
  1. ①「GMOインターネットグループ」公式Twitterアカウント「@GMOGroup」をフォローしてください。
  2. ②公式Twitterアカウントから本キャンペーン期間中に投稿される「応募用の投稿」をリツイートしてください。

以上でキャンペーンへの応募は完了です。

当選者発表

厳正なる抽選の上、ご当選者の方にはTwitterのダイレクトメッセージ(以下 DM)にて連絡を行います。

応募条件
  • ・GMOインターネットグループ社員、および関係者は応募できません。
  • ・有効なTwitterアカウントをお持ちの方
  • ・「GMOインターネットグループ」公式アカウント「@GMOGroup」をフォローしていること。
    • ※当選発表前にフォローを解除した場合、応募・当選は無効となります。
  • ・Twitterアカウントは“公開”状態で参加ください。非公開の場合は参加とみなされません。
  • ・DMを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。
注意事項
  • ・本キャンペーンの内容ならびに実施の可否については、事前の予告なく変更することがあります。予めご了承ください。
  • ・通信状況により期間中にご応募が間に合わない場合がございます。最終日締め切り直前のご応募にはご注意ください。
  • ・キャンペーン期間中は応募用ツイートを10回公式アカウント「@GMOGroup」が行います。このツイートをリツイートすることで最大10回応募が可能です。
  • ・本キャンペーンでは、当選者の方にはTwitterのダイレクトメッセージを利用して「GMOインターネットグループ」のアカウントより当選のご連絡をお送りいたします。
  • ・ダイレクトメッセージ上での個人情報のやりとりは致しません。
    キャンペーン関係者を名乗る第三者のアカウントから、お客様の個人情報を聞き出そうとする行為にご注意ください。
  • ・当選者の方はビットコイン受け取りには仮想通貨のウォレットが必要です。
  • ・本キャンペーンの応募状況、および選考結果に関するお問い合わせにはお答えしかねます。
  • ・本キャンペーンの賞品には、受け取り期限がございます。
  • ・受け取り期限切れでの賞品獲得権利の消失についても一切保証いたしません。
  • ・商品はビットコイン以外の通貨でお受け取りいただくことはできません。
  • ・ビットコインアドレスの入力ミスによる賞品の消失については一切保証いたしません。
  • ・複数のTwitterアカウントを使用してキャンペーンに応募したと事務局が判断した場合には応募を無効とさせていただきます。
  • ・同一人物が複数当選したと事務局が判断した場合には応募を無効とさせていただきます。
  • ・当選連絡後であっても、事務局が不正があったと判断した場合は応募を無効とさせていただきます。
  • ・当選した賞品の権利の譲渡、賞品当選後の当選権利のキャンセルはできません。
  • ・応募方法の操作や、Twitterサービス自体の操作方法、賞品の当選の可否等に関するお問い合わせにはお答えいたしかねます。
  • ・抽選の詳細や結果については公表いたしません。当選者の方へはビットコインの入金用フォームのご連絡をもって発表と代えさせていただきます。
個人情報の取り扱いについて

ご通知頂いた個人情報は、抽選、当選者への賞品の発送、本件に関する諸連絡のみに利用させていただきます。お客様の個人情報をお客様の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・提供することはありません(法令等により開示を求められた場合を除く)。お客様の個人情報はGMOインターネット株式会社にて適切に管理いたします。
また、個人を特定しない性別、世代などのアンケート情報は、統計情報としてのお客様サービス向上のために利用させていただきます。

  • 仮想通貨も安心のGMOインターネットグループで GMOコイン
  • 超速ビットコインウォレット発行 アカシックウォレット

お名前.com .com 399円&10万円分大還元キャンペーン 2019年6月3日まで
連動企画開催決定!!

大変ご好評をいただいております「サービスご利用1000万件感謝キャンペーン ビットコイン1000万円分プレゼント」に続き、連動企画として、GMOインターネットグループの各インフラサービスでキャンペーンを実施いたします!

  • 100名様に1万円分のクーポンプレゼント ハッシュタグ「SUZURIで買ったもの見て」
  • GMOポイント 総額350万円分のGMOポイント大放出
  • お名前.com .shop 199円
  • お名前.com .com 399円
  • とくとくBB 抽選で500名様にAmazonギフト券2,000円プレゼント
1995年 アクセス事業スタート、1998年 ホスティング事業スタート、1999年 ドメイン事業スタート、2002年 決済事業スタート、2003年 セキュリティ事業スタート、2005年 EC支援事業スタート、2019年 インフラサービスご利用 1000万件突破