TechReport

技術者情報

ソリューション

2013年5月15日(水)公開

第118回

パソコンライフを一新するリモートデスクトップ Vol.7

セッションベースのデスクトップ展開方法

GMOインターネット株式会社 システム本部 樋口 勝一が担当するGMO最新ネット業界レポート-ソリューション編。

Windows Server 2012のリリースによって、搭載されているリモートデスクトップサービスも新しくなり、リモートデスクトップの展開シナリオが2種類選択できるようになりました。1つはHyper-Vを利用した仮想マシンベースのデスクトップ展開、もう1つはこれまでのリモートデスクトップサービスと同様のセッションベースのデスクトップ展開です。
今回と次回、2回分を使って、セッションベースのデスクトップ展開方法と、セッションベースのリモートデスクトップサービスを構成することで利用できるようになるRemoteAppの公開方法までを具体的にご紹介します。

記事INDEX

前提条件として、リモートデスクトップサービスを提供するサーバーはドメインに参加している必要があります。

まずは、サーバーマネージャーから「役割と機能の追加」を選択

「役割と機能の追加ウィザード」を起動

「インストールの種類の選択」で「リモートデスクトップサービスのインストール」を選択

「展開の種類の選択」

1台のサーバーですべて完結する場合はクイックスタートが簡単です。今回は解説の意味もこめて「標準の展開」を選択します。


このときサーバーがドメインに参加していないと、このようなエラーダイアログが表示されますのでご注意を。


「展開シナリオの選択」で「セッションベースのデスクトップ展開」を選択

「役割サービスの確認」では、自動的にインストールされる役割サービスとその役割が確認できます。


これ以降、各役割サービスを担当するサーバーを指定してゆきます。


今回は1台のサーバーにすべての役割サービスをインストールしますが、それぞれを別のサーバーに指定することもできます。


「RD 接続ブローカー サーバーの指定」

サーバープールからサーバーを指定します。


「RD Web アクセス サーバーの指定」

こちらも同様にサーバープールからサーバーを指定します。


「RD セッション ホスト サーバーの指定」

最後も同様にサーバープールからサーバーを指定します。


選択内容を確認して展開を開始します。


インストールが成功すると、サーバーマネージャーにリモートデスクトップサービスが追加されます。


左のリストから「リモートデスクトップサービス」を選択すると、「リモートデスクトップの概要」が確認できます。


今インストールした3つの役割サービスが確認できます。




次回は引き続きセッションベースのデスクトップ展開方法と、RemoteAppの公開方法をご紹介します。



Windowsの環境をいつでもどこからでもリモート操作で利用できるクラウド型デスクトップサービス
▼お名前.com デスクトップクラウド

*本文中に記載されている会社名および商品名・サービス名は、各社の商標 または登録商標です。

樋口 勝一

GMOインターネット株式会社

1999年6月GMOインターネットに入社。Windowsを用いたホスティング事業の立ち上げの際、サービス開発からその後の保守・運用まで1人で担当。2010年には「お名前.comWindowsデスクトップ」をリリースし、マイクロソフト社と強い信頼関係を構築。2007年から連続で「マイクロソフトMVPアワード」を受賞し、Windowsのスペシャリストとして活躍。

執筆者一覧

 マイクロソフト社の導入事例でご紹介いただきました

 当レポートを担当している樋口 勝一のインタビューをマイクロソフト社のウェブサイトでご紹介いただきました。
Dynamic Memory   Hyper-V を活用したクラウド環境を活用して、
システム停止が許されない仮想デスクトップ サービスを提供。
FX ユーザーなどから「安定稼働」に高い評価を獲得


FX ユーザーをメイン ターゲットとしたリモート デスクトップ サービス「お名前.com Windows デスクトップ」クラウド環境構築のために採用した仮想化技術が、Windows Server 2008 R2 SP1 Hyper-V