GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2017年5月9日
報道関係者各位
GMO-Z.comコイン株式会社
GMO-Z.comコイン株式会社 (旧GMO Wallet株式会社)
仮想通貨FX、仮想通貨の売買が行える「Z.comコイン byGMO」
5月24日(水)より提供開始
 
 GMOインターネットグループのGMO-Z.comコイン株式会社(代表取締役社長:若松 剛史 以下、GMO-Z.comコイン社)は、仮想通貨FXおよび仮想通貨の売買が行えるサービス「Z.comコイン byGMO(以下、Z.comコイン)」を2017年5月24日(水)より本格的に提供開始いたします。
 これに先立ち、本日2017年5月9日(火)より口座開設の先行申込を受付開始いたします。 
 
【「Z.comコイン」提供開始の背景】
 近年、個人・企業の国際送金や決済といった様々な取引の場面で、ビットコインをはじめとする仮想通貨の活用が進んでおり、仮想通貨の市場規模は数年後には1兆円に達するとも言われています。
 日本においては、2017年4月に施行された改正資金決済法※1によって、消費者を保護するための各種規定が整備された他、ビットコインをはじめとする仮想通貨の売買や交換等の事業を行う事業者に対して、仮想通貨交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備や、財産的基礎等の基準を満たすことなどを求める登録制が導入されました。これにより仮想通貨市場の健全性が高まると見られています。さらに2017年7月以降は、仮想通貨の譲渡にかかる消費税も撤廃されることから、今後、より急速に仮想通貨が普及すると見込まれています。
 
 一方、GMO-Z.comコイン社は、こうした市場背景のもと、仮想通貨の交換および取引事業を展開するべく2016年10月に設立された会社です。GMOインターネットグループが展開するクラウド・ホスティングやセキュリティ(電子証明書)などのインターネットインフラ事業、FX取引などのインターネット金融事業で培った技術力・サービス提供ノウハウを活用し、仮想通貨交換サービスの企画・開発を進め、2016年11月には、仮想通貨の売買を行えるサービスの試験提供を開始いたしました。以降、本格稼働に向けて準備を行ってまいりました。
 そしてこの度、GMO-Z.comコイン社は、多くのお客様にご利用いただける環境が整ったことから、仮想通貨FXおよび仮想通貨の売買が行えるサービス「Z.comコイン」を正式に提供開始する運びとなりました。
※1:改正後の「資金決済に関する法律」のこと。
 
【「Z.comコイン」について】
 「Z.comコイン」では、「仮想通貨FX」と「仮想通貨売買」の2種類の商品を提供いたします。また、仮想通貨の盗難防止対策として、コールドストレージ※2とマルチシグネチャ(多重署名)※3を採用するなど、お預かりするお客様の資産の管理体制およびセキュリティ体制を整備しております。
※2:コールドストレージとは、ネットワークにつながっていない安全性の高い仮想通貨の保管環境のこと。
※3:マルチシグネチャとは、複数の署名(秘密鍵)がなければ仮想通貨の移動(送付)ができない仕組みで、これにより安全性が高まる。
 
Z.comコイン」商品ラインナップ(2種類)
1)「仮想通貨FX」:ビットコインの店頭証拠金取引
 「仮想通貨FX」は、FX(店頭外国為替証拠金取引)と同じようにレバレッジを効かせたお取引が可能です。
 (1) 売値(Bid)と買値(Ask)を同時に提示する『2wayプライス(Bid, Ask)』方式での直接取引。
 (2) 最大5倍のレバレッジ取引が可能。
 (3) 注文方法は、「成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFD-OCO」から選択可能。
 (4) スマートフォン専用アプリのご利用が可能。
 (5) 24時間365日、土日祝日を問わずいつでもお取引可能。
2)「仮想通貨売買:いつでも手軽に仮想通貨を日本円で購入・売却
 日本円で仮想通貨を購入したり、持っている仮想通貨を売却したりすることが可能です。
 また当初はビットコインのみの取り扱いとなりますが、今後、仮想通貨の種類を拡大していく予定です。
 (1)    取り扱い仮想通貨:ビットコイン
 (2)    24時間365日お取引が可能。
 (3)    売買手数料「0円」
 (4)    ビットコイン出金手数料「0円」
 
 
<資産管理体制、セキュリティ体制について>
 GMO-Z.comコイン社では、お客様の大切な資産をお預かりする事業者としての管理体制や、仮想通貨交換業者としてのセキュリティ体制を整備し、お客様に安心してサービスをご利用いただける環境をご用意しております。
(1)金銭および仮想通貨の分別管理
 お客様から預託された資産はすべて、GMO-Z.comコイン社の資産と分別して管理し、毎営業日算定・照合を行います。
 金銭の分別管理
お客様から預託を受けた金銭は、当社の自己資金とは別の口座で管理。
 仮想通貨の分別管理
仮想通貨の秘密鍵の保管場所を自己分とお客様分で物理的に分離。


(2) 仮想通貨の盗難対策
 ハッキング対策
■インターネットから隔離された「コールドストレージ」によるオフライン保管
仮想通貨の秘密鍵は、即時送付に必要な分以外はすべて、インターネットから隔離されたコールドストレージで保管しています。
■資金を動かすために複数鍵が必要な「マルチシグネチャ」で盗難リスクを低減
また、コールドストレージで保管していない仮想通貨の保管については、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てるマルチシグネチャを採用し、秘密鍵はセキュリティ構成の異なる複数の場所に分散して設置し、リスク低減を図っています。
 内部不正対策
■内部統制による「コールドストレージ」の管理
コールドストレージからの仮想通貨の出し入れには、技術的に複数部署の承認を必要とすることで、一部担当者の不正により秘密鍵が盗難されるリスクを防止する体制を整備しております。
 
(3) セキュリティ対策
 GMO-Z.comコイン社が提供するサービスのインフラシステムは、24時間365日、常時監視する体制となっており、定期的に脆弱性診断等を実施しております。
 また、中小企業への無償サービスをはじめとした企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う三井住友海上火災保険株式会社と連携し、サイバー攻撃への対策を行っています。

 
【「Z.comコイン」提供開始までの流れとお申し込み方法】
 商品
「仮想通貨売買」および「仮想通貨FX」
 スケジュール
5月9日(火)  口座開設の先行申込受付開始
5月24日(水) 口座開設申込受付開始
 先行申込方法
以下のページから先行申込を受け付けております。メールアドレスをご登録いただいた方へ、サービス開始時に当社からご案内のメールを送らせていただきます。
 
 
【「Z.comコイン」の今後の展開】
 「Z.comコイン」では今後、イーサリアムをはじめ、ビットコイン以外の仮想通貨の取り扱いを予定している他、チャートをはじめとした各種ツールの開発・機能拡充を行ってまいります。
 また、GMOインターネットグループの各社と連携し、仮想通貨を活用した新サービスの開発や、同グループのグローバルブランド「Z.com」におけるアジア圏でのサービス展開も行っていく予定です。
 

【報道関係お問い合わせ先】
●GMO-Z.comコイン株式会社 担当:福留
E-mail:prcoin.z.com

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:prgmo.jp 

【GMO-Z.comコイン株式会社】(URL:https://coin.z.com/jp/
会社名GMO-Z.comコイン株式会社
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 若松 剛史
事業内容■仮想通貨の交換・取引サービスの提供
資本金5億円(準備金含む)
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金50億円
※記載されている会社名・製品名は、 各社の商標、もしくは登録商標です。
 
Copyright (C) 2017 GMO-Z.com Coin, Inc. All Rights Reserved. 
以上

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.