GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2016年2月24日
報道関係者各位
GMOクラウド株式会社
産学公金が連携し、下関地域商社」として海外展開を支援
GMOクラウド、山口県下関市と地域企業の海外展開に関する連携協定を締結
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMOクラウド社)は、下関市内の企業の海外展開を支援することを目的に、昨2016年223日(火)に、山口県下関市(市長:中尾 友昭)と、 「下関市市内企業等の海外展開に関する連携協定」を締結いたしました。また同日、下関市役所で協定締結式を行いましたのでお知らせいたします。


1
.本協定の目的
 本協定は、下関市と同市内に拠点を置く「産・学・公・金」の各組織の間で締結した協定です。行政、大学、貿易機関、貿易コンサル、金融機関、IT企業が集結し、各分野に関するノウハウを持ち寄り、擬似的な貿易会社「下関地域商社」として、市内企業の海外展開を支援いたします。
 
2協定に基づく今後の取り組み
 「下関地域商社」では、参画組織が持つそれぞれの強みを活かして、地域内の商品のPR、販路開拓、商流の確立など、国内・海外向けPRや販売支援に取り組みます。GMOクラウド社は、「下関市地域商社」内のIT企業として、企業・製品情報の発信や、ECを利用した販売力強化を支援するべく、関連情報やWebサイトの構築支援サービス等を提供いたします。
 
3.協定締結
 昨日、本協定の締結式が下関市役所で行われました。下関市長・中尾氏のご挨拶にはじまり、協定趣旨の説明、参画組織の紹介後に署名式が行われ、各組織が懇親を深めました。
 


※本協定締結式に関する下関市の発表は、以下のURLをご参照ください。
 
GMOクラウド株式会社とは】
 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,500社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシアの拠点よりグローバルに展開しております。


 【報道関係お問い合わせ先】
●GMOクラウド株式会社 社長室 広報担当 遠藤・松下
TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101
E-mail:pr@gmocloud.com

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp 

【GMOクラウド株式会社】 (URL:http://ir.gmocloud.com/
会社名GMOクラウド株式会社 (東証第一部 証券コード:3788)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 青山 満
事業内容■ホスティングサービス事業
■セキュリティサービス事業
■ソリューション事業
■IAM事業
資本金9億1,690万円
【GMOインターネット株式会社(URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金50億円
※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
Copyright (C) 2016 GMO CLOUD K. K. All Rights Reserved.
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.