GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2015年8月6日
報道関係者各位
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
エスキュービズムの「Orange(オレンジ) Club(クラブ)」にGMO-PGの「GMO Pallet」が導入
〜小売・流通業やEC事業者などのオムニチャネル化を支援〜
 GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、リアル店舗用のスマートフォン決済サービス「GMO Pallet」を株式会社エスキュービズム・テクノロジー(代表取締役社長:武下 真典 以下、Sテック)が2015年8月6日より提供開始する店舗専用の会員アプリ作成サービス「Orange(オレンジ) Club(クラブ)」に導入いただきました。
 GMO-PGは、リアル店舗とECサイト双方の効率的な運営を決済面から支援することで、小売・流通業やEC事業者などのオムニチャネル(*)化を促進してまいります。
(*) オムニチャネルとは、リアル店舗やECサイトをはじめとするあらゆる販売チャネルを統合する施策
 
【背景と概要】
 近年、スマートフォンから手軽に利用できるECサイトが増加していることを背景に、消費者はリアル店舗/ECサイトといった垣根なく、自由に購入場所を選択するようになっています。これを受けて小売業などの販売業者側も、商品管理や顧客情報の管理を販売チャネルで区別せず、シームレスに統合するオムニチャネル化の動きが出てきています。しかしオムニチャネル化の実現には、各チャネルが保有している情報を統合するためのシステム開発、組織体制の改革などの課題が多く、容易に実施できないのが現状です。
 こうした中でGMO-PGでは、リアル店舗/ECサイトの双方に決済サービスを提供していることから、消費者の“商品代金の支払い”という側面からオムニチャネル化を支援できないかと考えておりました。
 一方、これまでもGMO-PGとサービス連携で協業しているSテックでは、リアル店舗向けの業務システムEC-Orange POS」と、ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」の両サービス間で、顧客データベースの一元管理を可能にし、販売業者のオムニチャネル化を支援しています。
 こうした背景からGMO-PGは、Sテックが新たに提供開始するオムニチャネル化の支援サービスである、店舗専用の会員カードの機能を備えた会員アプリ作成サービス「Orange Club」に、「GMO Pallet」のスマホ決済機能を提供することといたしました。

 
【「Orange Club」へのGMO-PG決済サービス提供について】
 Sテックが提供する「Orange Club」は、“ホームページを1社1つ持つように、自社ブランドアプリを1社1つ持つ”という考えのもと開発された、店舗が顧客に対して発行する会員カードの機能と、GMO Pallet」のスマホ決済機能を搭載したスマホ向け会員アプリ(iOS/Android対応)が作成できるサービスです。また、Sテックが提供するEC-Orange」で構築されたECサイトへ、会員アプリ内からシームレスにアクセスできるので、消費者はアプリから離脱することなくECサイトでの購入を行うことができます。
 
Orange Club」の店舗・事業者のメリット>
・リアル店舗とECサイトで収集した顧客情報、購入履歴、ポイント情報などをリアルタイムに一元管理できます。
・プッシュ通知機能などのスマホの機能を活用した販促ツールとしてもご活用いただけるので、例えば、店頭で購入された商品の関連商品を消費者がECサイトを訪れた際にレコメンド表示するといったことが可能となります。

「Orange Club」の消費者(会員アプリユーザー)のメリット>
・リアル店舗とECサイトでシームレスにポイントを貯め、活用することができます。
・店頭で気になったものをアプリのお気に入りに登録しておき、後で吟味してアプリ内からECサイトにアクセスし、購入することも可能です。
・店頭とECサイトの区別をせずに、購入履歴を会員アプリ上で確認することができます。
・会員アプリ内にクレジットカードを登録しておくと、アプリ上の「決済」を選択するだけで、お財布を出さずにスマホでカード払いができ、ストレスなく店舗での購入が可能となります。
 
 
<「Orange Club」の決済画面イメージ>
  

SテックのサービスとGMO-PGのサービスの連携について】
■「PGマルチペイメントサービス」の提供(ECサイト構築パッケージ「EC-Orange」)
 「EC-Orange」で構築されたECサイトは、「PGマルチペイメントサービス」が取り扱う、クレジットカード決済やコンビニ決済、代引き払いなどといった多様な決済手段の中から、必要なものを選んで導入することが可能です。
 
■「GMO Pallet」の提供(リアル店舗向けの業務システムEC-Orange POS」)
 GMO-PGが提供する「GMO Pallet」は、Sテックが飲食店や小売店などのリアル店舗向けに提供する業務システム「EC-Orange POS」とサービス連携しております。「EC-Orange POS」のレジ機能で受けた決済金額データを「GMO Pallet」へと簡単に引き継ぐことができ、カード決済処理業務の効率化が図れます。また、「GMO Pallet」の利用で蓄積された来店・購買履歴などの顧客情報は、「EC-Orange POS」内のPOSデータとともに一元管理できるので、「いつ・どこで・何を・誰が購入したか」という詳細な情報を活用し、効果的にマーケティングを行うことが可能です。
 
【「GMO Pallet」について】(URL: https://www.gmo-pg.com/pallet 
 GMO-PGが開発した「GMO Pallet」は、お財布いらずのスピーディーな決済を提供する新しいタイプのスマホ決済サービスです。2014年に東京都渋谷区の飲食店を中心にサービスを開始し、現在は提供地域を拡大し、アパレルや美容院など様々な業種への展開を進めており ます。
 またGMO-PGでは、「GMO Pallet」のAPIを公開し、Sテックをはじめ、GMO TECH株式会社、GMOデジタルラボ株式会社の「WEB View API」など様々な企業と連携しております。今後もより便利な支払い環境を提供すべく、提携を進めてまいります。

【「PGマルチペイメントサービス」について】
 「PGマルチペイメントサービス」は、クレジットカードをはじめ、コンビニ収納・電子マネー・代引・口座振替・PayPal・キャリア決済・後払い・多通貨決済など様々な決済手段を一括して提供する、SaaSベースの総合決済サービスです。EC事業者はいつでも必要な決済手段を選んで導入・追加でき、一つのWeb画面で全決済を処理・管理することができます。

【株式会社エスキュービズム・テクノロジーについて】
 エスキュービズム・テクノロジーは、EC構築システム・スマートデバイスアプリソリューションの導入実績を多数持ち、小売企業の「オムニチャネル・O2O」などを実現するシステムも提供しております。
 店舗業務をサポートするための、スマートデバイス用アプリ開発なども取扱っており、小売企業をあらゆる角度からサポートできる製品ラインナップとなっております。
 日本のECインフラ・店舗インフラの成長に貢献するプロダクトを開発し、未来の店舗のインフラを創造する企業を目指しております。
 
 
GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】
 GMOペイメントゲートウェイは、ネットショップやSNS、スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万7,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年6月現在)を超える加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。

【関連URL】
Orange ClubサイトURL : http://ec-cube.ec-orange.jp/club/
GMO-PG コーポレートサイトURL : http://corp.gmo-pg.com/
GMO-PG サービスサイトURL : http://www.gmo-pg.com/


 
【サービスに関するお問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 PALLET事業推進室
TEL:03-3464-2323 FAX:03-3464-2477
E-mail:info@gmo-pg.com 
【報道関係お問い合わせ先】
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部 IR・広報グループ
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2387
E-mail:ir@gmo-pg.com 

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 細田・石井・島田
 TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp  

GMOペイメントゲートウェイ株式会社】URL:http://corp.gmo-pg.com/ 
会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者代表取締役社長 相浦 一成
事業内容■クレジットカード等の決済代行サービス及び付帯する一切のサービス
資本金47億1,000万円
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金50億円
Copyright (C) 2015 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.