GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2015年7月16日
報道関係者各位
INSOMNIAC HOLDINGS, LLC
GMOカルチャーインキュベーション株式会社
LIVE NATION JAPAN合同会社
全世界100万人動員!!*1
全米最大のダンスミュージックフェスティバル
EDC」2016夏・日本開催決定!!
 INSOMNIAC HOLDINGS, LLC GMOインターネットグループのGMOカルチャーインキュベーション株式会社ならびに、LIVE NATION JAPAN合同会社は、世界最大規模の動員数を誇るEDMフェス「EDC(Electric Daisy Carnival)」の日本初開催*2を決定しました。
*1 2014年6月-2015年6月の間でのチケット販売枚数   *2 日本における運営事業者は今後決定し、発表いたします。
 
 
【究極の光と音のカーニバル、衝撃のアジア初上陸】
 EDCは、単なる音楽イベントの枠を超え、遊園地のアトラクション・花火・コスチュームに身を包んだパフォーマーなどの演出が特徴的なダンスミュージックの祭典です。北中米を中心に世界で開催され、通年の動員数はなんと100万人! 事実上、世界最大規模のEDMフェスとなっています。今年6月にラスベガスで開催された「EDC LAS VEGAS 2015」は、広大なレースサーキットをフェス会場にし、3日間、8つのステージで総勢200人を超えるDJが出演。カルヴィン・ハリスやハードウェル、アヴィーチーなど世界的なトップDJが40万人以上の観客を魅了しました。アジア初上陸となる「EDC JAPAN 2016」は、日本のみならず、周辺各国からも広く参加者が集う、究極の光と音のカーニバルとなること必至。

■開催 :2016年7月
■場所 東京
  ・EDC JAPAN 公式 WEBサイト:www.edc.tokyo
  ・EDC JAPAN 公式 Facebook:www.facebook.com/ElectricDaisyCarnivalJapan
  ・EDC JAPAN 公式 Twitter   :www.twitter.com/EDC_Japan
  ・EDC JAPAN 公式 Instagram:www.instagram.com/edc_japan
  ※詳細日程ならびに開催場所、チケット販売などについては、2015年8月以降に随時発表する予定です。


EDC(Electric Daisy Carnival)について】
 
 EDCは、1997年にロサンゼルスにてスタートした、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の祭典です。ラスベガス、ニューヨーク、オーランド、プエルトリコ、メキシコと、北中米を中心に開催されています。ラスベガス開催は、2011年に23万人、2012年・2013年は30万人超、そして2014年・2015年には過去最高かつ世界最大を記録する40万人以上を動員。その経済効果は、わずか3日間で337百万ドル(2014年)、日本円で約414億円*3と言われています。年を追うごとにファンが増え、観客を魅了し続けるこの大型EDMフェス「EDC」のアジア上陸は、日本のみならず、アジアのファンからも切望されていました。
*3 INSOMNIAC HOLDINGS, LLC調べ、$1=123円換算
 
GMOインターネットグループの取り組みについて】
 DJ支援やEDC招致をはじめ、今後もGMOカルチャーインキュベーションを主体に、GMOインターネットグループは、デジタルネイティブ層(ネットのある生活が当たり前の世代)を魅了するユースカルチャーを支援してまいります。
 
【「EDC LAS VEGAS 2015」の様子】

(すべての写真の著作権はINSOMNIAC HOLDINGS, LLCに帰属します。Photo Credit by INSOMNIAC HOLDINGS, LLC)


【参考URL】
EDC 公式 WEBサイト http://www.electricdaisycarnival.com/
EDC LAS VEGAS公式 WEBサイト  http://lasvegas.electricdaisycarnival.com/


INSOMNIAC HOLDINGS, LLCについて】
http://www.insomniac.com/about-us
 Insomniac(インソムニアック)は1993年設立、カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を置く、ミュージックフェスティバル・イベント運営会社。最先端の照明、花火やサウンドデザイン、大規模なアートインスタレーションやパフォーマーたちによる演出など、次世代の特殊効果を活用した革新的な世界観を体験できるようなフェスティバル、イベントを企画・運営。EDCおよび、それ以外にも10ものミュージックフェスティバルブランドを保有し、これまで250以上のフェス運営、400万人以上の動員を記録。創業者のパスクアーレ・ロテラ氏は米国においてEDM業界で最も影響力のある人物のナンバー1にランクイン。


LIVE NATION JAPAN合同会社について】
http://www.livenation.co.jp/
 Live Nation Japan (ライブネーションジャパン)は2012年1月に設立。渋谷区神宮前にオフィスを構える。アメリカの世界最大手ライブイベントプロモーター会社の一つであるLive Nation Entertainment(ニューヨーク証券取引所上場企業)の日本支社。
 Live Nation Entertainmentは、マドンナ、Jay Z、U2など世界的アーティスト約280名との契約を締結し、彼らを含む2,700名を超えるアーティストによる年間約23,000のコンサートを世界33カ国において実施し、約59百万人を動員。また、年間60以上のフェスティバルを企画運営。さらに、傘下のTicketmasterは世界最大級のeコマースウェブサイト。
 日本においてはレディー・ガガのThe Born This Way Ball(2012年5月)開催をはじめとして、各種洋楽、邦楽アーティストによるコンサート等の開催実績がある。


GMOカルチャーインキュベーション株式会社について】
http://gmo-ci.com/
 GMOカルチャーインキュベーションは、GMOインターネットグループの一社で、世界ナンバーワンとなるアーティストマネージメント事業・イベントプロモーター事業を中心とし、2014年に設立しました。
第一弾事業として、世界チャンピオンの称号を持つDJ SHINTAROのマネジメントを発表。インターネットの総合グループが音楽・カルチャー支援へ参入するという事で、変化に富んだ業界の中でも異色の存在感を示しています。
 昨今日本でも大きな流行の兆しを見せているEDMをはじめとした音楽ジャンルへの参画、および世界最大のフェスの招致により、日本の音楽とユースカルチャーへの理解促進、応援を強化して参ります。
 
【GMOインターネットグループについて】http://www.gmo.jp/
 東証一部上場のGMOインターネットを中心に、上場8社(GMOクリックHD、GMOペイメントゲートウェイなど)を含むグループ84社、スタッフ数4,300名を超える総合インターネットグループです。1995年にインターネット事業を開始して以来、「すべての人にインターネット」を合言葉に、技術力とマーケティング力、それを支える組織力を強みに、インターネットのプロフェッショナル集団として、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業を展開。現在、海外17カ国に40拠点を置き、グローバルブランドである「Z.com」でインターネットインフラ事業およびインターネット証券事業を推進しています。


【報道関係お問い合わせ先】
●EDC JAPAN 2016 PR事務局
担当:村山、木村 E-mail : edc-pr@gmo-ci.com

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp 

※大変申し訳ありませんが、こちらの窓口では、一般の方からのお問い合わせは受け付けておりません。
 EDC JAPAN 2016に関する詳細情報は、公式WEBサイトもしくは公式Facebookでご確認ください


GMOカルチャーインキュベーション株式会社】(URL:http://gmo-ci.com/
会社名GMOカルチャーインキュベーション株式会社
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 吉山 勇樹
事業内容カルチャー支援事業
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金50億円
EDCならびにElectric Daisy Carnivalは、INSOMNIAC HOLDINGS, LLCの商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※その他、本文に記載されている製品、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

Copyright (C) GMO Culture Incubation, Inc. All Rights Reserved.

以上
 

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.