GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2015年7月8日
報道関係者各位
GMOリサーチ株式会社
ASIA(アジア) Cloud(クラウド) Panel(パネル)」がマレーシア最大級のポイントカード「BCARD(ビーカード)」と連携
〜マレーシア国内320万人以上の消費者への調査が可能に〜
 GMOインターネットグループのGMOリサーチ株式会社(代表取締役:細川 慎一 以下、GMOリサーチ)が運営するアジアの消費者パネル(*1)ASIA(アジア) Cloud(クラウド) Panel(パネル)」は、マレーシアの大手財閥Berjaya(ベルジャヤ)グループのBLoyalty Sdn Bhd(以下、BLoyalty 社)と業務提携し、同社が運営するポイントカードサービス「Berjaya Loyalty Card」(以下、「BCARD(ビーカード)」)の会員(約300万人)へインターネット調査が可能となりました。
 これにより、以前より連携しているマレーシア国内の消費者パネルと合わせて、同国内の計320万人以上の消費者へ調査を行うことができます。
(*1)パネルとは、モニターの集合体。モニターとは、アンケート協力の承諾を得ている会員一人ひとりのこと。
 
 
【概要】
 近年、経済成長の著しいアジア地域は、新たなマーケットとして世界中の企業から注目を集めており、これに伴ってマーケットリサーチのニーズも増加しています。こうしたニーズを受けてGMOリサーチでは、2012年1月にアジア各国・地域を対象にインターネット調査が実施できる消費者パネル「ASIA Cloud Panel」を立ち上げ、現地サービスや調査会社が保有する消費者パネルとの連携を推進しています。現在では、アジア13カ国で約1,700万人の消費者への調査が可能となっております。
 「ASIA Cloud Panel」では、これまでマレーシア国内の約20万人を対象とした調査が可能でしたが、さらに幅広い消費者へ効果的な調査が行えるよう、この度マレーシアの大手財閥Berjaya グループのBLoyalty 社と業務提携し、同社のポイントカードサービス「BCARD」の会員(約300万人)を消費者パネルとして新たに追加いたしました。
 
■「BCARD」との連携について
 「BCARD」は、セブンイレブンやスターバックス、マツダ・マレーシア、ウェンディーズ、クリスピー・クリーム・ドーナッツをはじめ、75社以上のポイント提携先を持つ、マレーシア国民の約1割が利用している共通ポイントサービスです。貯まったポイントは、グルーポンのクーポン券やエアー・アジア、LINEポイントなど、マレーシア国内の3,500店舗以上で交換することができます。
 「ASIA Cloud Panel」は、「BCARD」と連携することで、これまで連携している消費者パネルと合わせて、マレーシア国内の計320万人以上の消費者へインターネット調査が可能となりました。これは、日本から調査依頼できるマレーシアのパネルとしては最大級*2となります。
 これにより、幅広い対象の消費者からセグメントして効果的な調査を実施できるほか、「BCARD」経由の回答者がアンケートで獲得できるポイントの汎用性が高いため、アンケートの回収率の向上が期待できます。
 さらに、GMOリサーチのDIY型リサーチシステム「GMO Market(マーケット) Observer(オブザーバー)」を用いることで、日本だけでなく欧米のリサーチャーも、規模・質・時間の全ての要素を満たすマレーシア国内向けの調査を行うことが可能です。
(*2)GMOリサーチ調べ(2015年7月8日現在)

BCARD会員の属性情報>

[年代別]
[性別]

 
【Berjayaグループについて】(URL:http://www.berjaya.com/ )
 Berjayaグループは、マレーシア国内において不動産投資開発、金融サービス、飲食店フランチャイズ、ホテル&リゾート、宝くじなど130社の関連会社を持つ大手財閥企業です。現在、年間売上高約124億リンギット(4,000億円)を誇っています。

 
GMO Market Observer」について
 「GMO Market Observer」は、GMOリサーチの保有するパネルソースに加え、お客様が独自に保有するパネルソースも利用できるDIY型リサーチシステムです。アンケートの配信から、回収・集計までを同一インターフェースで行うことができるため、より効率的かつスピーディーに調査・データ収集が行えます。
 GMOリサーチは、アジア最大規模の調査対象者とDIY型インターネットリサーチツール2つのサービスを通じて、アジアの生活者のニーズを世界中の企業にご提供し、さらなるインターネットリサーチの発展に貢献してまいります。

 
【参考URL
■「GMO Market Observer」 URL:http://www.gmo-research.jp/rsp
■「ASIA Cloud panel」 URL:http://www.gmo-research.jp/acp
■「BCARD」 URL:http://www.bcard.com.my/


【報道関係お問い合わせ先】
●GMOリサーチ株式会社 マーケティング部 担当 白鳥
TEL:03-5962-0037(代表) 

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
Copyright (C) 2015 GMO Research, Inc. All Rights Reserved.
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.