GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2015年5月21日
報道関係者各位
GMOペイメントゲートウェイ株式会社
GMO-PG集客支援サービス」
訪日外国人向け事業を支援する「インバウンドマーケティング」を開始
〜コンテンツマーケティング・海外広告配信・決済まで一貫して支援〜
 GMOインターネットグループで非対面クレジットカード等の決済事業を展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証一部:証券コード 3769 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、事業者のインバウンドビジネス(訪日外国人向けビジネス)を支援する「インバウンドマーケティング」を、本日2015年5月21日(木)よりGMO-PGの決済サービスをご利用の全加盟店向けに提供開始いたします。
「インバウンドマーケティング」は、ECサイトやFacebookページで使用可能な、外国人の関心を引く日本風の素材(写真・映像等)の制作・提供と、海外への広告配信をセットにしたサービスで、GMO-PGが加盟店向けに展開する「GMO-PG集客支援サービス」( http://www.gmo-pg.com/ad )の一つとして提供するものです。
 すでに、株式会社日の丸リムジン様に先行してご利用いただいており、インバウンドビジネスにおいて有用であるとご好評のため、全ての加盟店向けに提供することとなりました。
 
<「インバウンドマーケティング」 コンテンツイメージ>
【背景】
 2014年に日本を訪れた外国人観光客は、前年比29.4%増の1,341万4千人(*1)を突破し、旅行消費額は2兆278億円(*2)と過去最高を記録しています。また観光庁では、オリンピック・パラリンピック東京大会が開催される2020年の訪日観光客2,000万人(*3)を目標に掲げていることから、今後、訪日外国人の消費であるインバウンド需要がますます拡大することが見込まれます。
 このような背景から、日本の宿泊施設、鉄道・交通関連、商業施設などの各業種の事業者や、自治体・市町村では、訪日外国人の受入環境の整備はもちろん、インバウンドビジネスへも積極的に取り組むようになってきております。
 しかしながら、訪日外国人の多くがインターネットを活用して日本の情報収集をするのに対し、これまで日本国内向けのビジネスを基本としてきた国内事業者にとっては、外国人向けインターネットマーケティングが障壁となり、インバウンドビジネスの機会を逸してしまうケースが見受けられます。
 GMO-PGの加盟店にもこうした課題を抱える事業者が多く見受けられることから、このたびGMO-PGでは、加盟店のインバウンドビジネス展開を支援するサービスを提供することといたしました。
(*1)日本政府観光局:2015年1月20日発表「訪日外客数の動向」
(*2)国土交通省観光庁:「訪日外国人の旅行消費額」
(*3)国土交通省観光庁:平成26年5月27日発表「2020年・観光を通じた日本の変革」
 

【「インバウンドマーケティング」について】
 「インバウンドマーケティング」は、海外在住の外国人や訪日している外国人へ日本の地域や商品の魅力を伝え、訪日やECサイトでの商品・サービス購入へとつなげることを目的としたマーケティング施策を支援するサービスです。「GMO-PG集客支援サービス」の一つとして、外国人の興味を引くECサイトやFacebookページ用のコンテンツ制作・提供と海外向けの広告配信運用代行の2つのサービスをセットで提供いたします。
 これによりGMO-PGは、決済サービスからコンテンツマーケティング・海外向け広告配信まで、加盟店のインバウンドビジネス展開を一貫して支援いたします。

1)外国人向けのコンテンツマーケティング支援(日本風コンテンツの制作・提供)
 寺院などの日本の観光地をはじめ、食・伝統・歴史・芸能・文化・最新トレンドなど、日本の魅力がつまった写真や映像を制作し、ECサイトやFacebookページ用に提供いたします。また、各加盟店のご要望に応じたオリジナルコンテンツの制作や、Instagram・YouTubeなどのSNSやメディア向けのコンテンツ提供も行います。

2)海外向け広告配信運用代行
 日本に関心のある海外在住の外国人や訪日している外国人に向け、リスティング広告やFacebook広告などの配信運用を行います。まずは英語での配信に対応し、今後中国語、タイ語、などの言語へも拡大する予定です。
 なお、先行して、株式会社日の丸リムジン様にリムジンタクシー「LIMOTAXI®」にてご利用いただいております。外国人観光客が成田空港や羽田空港に到着した後、ホテル等の目的地へ行く際にスムーズに「LIMOTAXI®」をご利用いただけるよう、海外在住の外国人に日本風コンテンツを用いた広告を配信し、予約サイトへ誘導することで、来日前の事前予約の促進を実現しています。
 今後は、旅行会社や宿泊・交通機関などのEC関連事業者をはじめ、インバウンド商機を狙う商業施設や市町村・自治体などに幅広く提供し、年内10社への導入を目標に展開してまいります。
 


<「インバウンドマーケティング」 フロー>


GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】
 GMOペイメントゲートウェイは、ネットショップやSNS、スマートフォン上で展開するコンテンツなどの非対面販売型の事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など5万4,000店舗(GMOペイメントゲートウェイグループ2015年3月現在)を超える加盟店に、クレジットカードをはじめとする決済処理サービスを提供しております。消費者と事業者にとって安全性が高く便利な決済を実現し、日本の決済プロセスのインフラになることを目指しております。決済業界のリーディングカンパニーとしてイノベーションを牽引し、日本のEC化率の向上に貢献いたします。
 GMO-PG集客支援サービス( http://www.gmo-pg.com/ad )は、GMO-PGの加盟店に向けて集客や売上向上の施策を提供するサービスです。2011年10月より開始し、現在200社以上の加盟店に提供しており、導入後に売上が2割以上伸びた加盟店も多数おられます。今後もさらに多くの加盟店へご提供するべく、サービス拡充を順次進めてまいります。
 
 
【関連URL
・GMO-PG集客支援サービスページ URL : http://www.gmo-pg.com/ad
・GMO-PG コーポレートサイトURL : http://corp.gmo-pg.com/
・GMO-PG サービスサイトURL : http://www.gmo-pg.com/
 

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
 企業価値創造戦略統括本部  集客支援部
TEL:03-3464-1215 FAX:03-3464-2387
E-mail:info-ad@gmo-pg.com 

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
 企業価値創造戦略統括本部 IR・広報グループ
TEL:03-3464-0182 FAX:03-3464-2387
E-mail:ir@gmo-pg.com 

●GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 細田・石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp 

GMOペイメントゲートウェイ株式会社】 URLhttp://corp.gmo-pg.com/
会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証第一部 証券コード:3769)
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目14番6号 ヒューマックス渋谷ビル
代表者代表取締役社長 相浦 一成
事業内容■クレジットカード等の決済代行サービス及び付帯する一切のサービス
【GMOインターネット株式会社】(URL:http://www.gmo.jp/ )
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業

Copyright (C) 2015 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.