GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2015年5月18日
報道関係者各位
GMOインターネット株式会社
必要な機能をシンプルに、わかりやすく。

クラウドプラットフォーム「ConoHaコ ノ ハ byGMO」を提供開始
〜高性能、低コスト、海外データセンターにも対応した日本発のクラウド登場〜
 GMOインターネット株式会社(以下GMOインターネット)は、高機能かつ“シンプルでわかりやすい”クラウドプラットフォームとして新しくなった「ConoHa byGMO(以下ConoHa)」(URL:https://www.conoha.jp/ )を、本日2015年5月18日(月)より提供開始いたします。
 クラウドプラットフォーム「ConoHa」は、個人のお客様をはじめ、大規模なシステム運用やサービス展開を行う法人のお客様まで、クラウドの持つ「機能性」「柔軟性」「スピード」といったメリットを最大限にご利用いただけるサービスです。
  
1 優れた基本性能全てのストレージにSSDを採用。高速なサーバー環境を実現。
2 シンプルさとわかりやすさインフラの専門知識は必要なく、直感的に操作できるUIと、わかりやすいプラン構成
3 最小限のコストで利用可能定額制と、時間課金の組み合わせでコストを最小限に抑えて利用可能
4 海外のデータセンターを選択可能ビジネスのグローバル展開に最適

【「ConoHa」提供の背景】
 GMOインターネットでは、2013年7月から『必要な機能をシンプルに、わかりやすく提供する』をコンセプトとしたホスティングサービス(レンタルサーバー)「ConoHa」を提供しており、シンプルなプラン構成と定額制の料金体系で、多くのお客様にご利用いただいております。
 近年、インターネットでビジネスを展開する企業においては、サービスの迅速な立ち上げやシステム運用コストの削減、高い安定性とセキュリティの確保が可能なクラウドサービスの導入が進んでおり、アプリケーションやデータベース、サービスの運用基盤として採用されています。
 こうした場面で利用されるクラウドサービスはIaaS型クラウド(*1)と呼ばれ、サーバーやネットワーク、ストレージなどのインフラをはじめ、システムの構築に必要な多数の機能をインターネット経由で提供されています。また、料金体系は、従量課金制(機能の利用時間に応じて料金が発生する)であることが一般的で、予算のコントロールが難しくなっています。加えて、各機能に関する知識不足から無駄なコストがかかったり、クラウド管理者を新たに採用する必要が出てきたりと、コスト増加の問題を抱えることになってしまいます。
 そこで「ConoHa」は、こうしたクラウドサービスに対するニーズと課題を踏まえ、『必要な機能をシンプルに、わかりやすく』というコンセプトをさらに突き詰め、高機能なクラウドプラットフォームとしてサービスを一新いたしました。
新しい「ConoHa」は、クラウド・ホスティングサービスの専門知識を持たない方でも直感的に操作できるシンプルなインターフェイスや、わかりやすいプラン構成、定額制と時間課金の組み合わせで無駄なコストを抑えられる料金体系が大きな特徴です。個人でサービス開発を行うお客様から、インターネットでビジネスを展開する法人のお客様まで幅広いニーズに対応しており、クラウドの持つメリットを最大限にご活用いただけます。
(*1) IaaS – Infrastructure as a Service の略。サーバー、ネットワーク、ストレージなどをインターネットのサービスとして利用可能にしたもの。

【「ConoHa」の特長】  
1)高機能のクラウドプラットフォームで、システムの安定稼働を実現
 クラウドプラットフォーム「ConoHa」は、15年以上インターネットインフラ事業を運営してきたGMOインターネットが自社開発・運用しており、IaaS型クラウドに求められる多くの機能と高い安定性を備えています。仮想サーバー環境は最新のCPU、SSDの採用によりさらなる高速化を実現し、スケールアップ/ダウンへの対応をはじめ柔軟なネットワーク構成が可能です。また、GMOインターネットの堅牢で高機能なインフラ上で運用することで、お客様が構築したシステムの安定稼働を実現できるほか、稼働率99.99%を保証するSLA(サービス品質保証制度)も完備しています。

2)シンプルで直感的に操作できるコントロールパネル
 「ConoHa」でご用意しているコントロールパネルはシンプルでわかりやすく、インフラの専門的な知識がなくても直感的に操作可能で、料金もひと目で確認することができます。仮想サーバー、ネットワークなど機能のすべてをコントロールパネルで管理できるので、迅速かつ柔軟にシステムを構築できます。また、コントロールパネルはPCのみならず、iPadをはじめとするタブレットなど様々なデバイスにも対応しています。

3)最小限のコストで利用できる、定額制と時間課金の料金体系
 一般的なクラウドサービスは、変動的な料金体系のためコストコントロールが難しくなっています。「ConoHa」では、月額定額制と、1時間単位で使った分だけ料金が発生する時間課金を組み合わせた料金体系となっており、コストコントロールのしやすさを保持しながらも、無駄を省いて最小限のコストでご利用いただけます。
これにより、個人での利用や、企業の新規事業、スモールスタートのサービス運用では、時間課金による最小限のコストでスタートでき、すでに稼働しているオンプレミス環境やプライベートクラウド環境などの大規模なシステムの場合でも、定額のコストで運用可能です。また、クラウドコストを見積もる際の見通しの立てやすさも、大きなメリットの一つです。

4)海外データセンターの利用も可能
 「ConoHa」では、日本以外の地域でのビジネス展開をお考えの企業向けに、東京のほか、シンガポールとアメリカ西海岸にもデータセンターを設置しています。データセンターはコントロールパネル上から選択でき、海外のデータセンターでも、日本語でのサポート(電話、メール、チャット)と、日本円での決済をご利用いただけます。
データセンターは、今後さらに世界各地へ設置を拡大してまいります。


【「ConoHa」の今後の展開 〜日本発クラウドプラットフォームとして〜】
 「ConoHa」は、GMOインターネットグループで豊富なシステム開発実績を持つGMOシステムコンサルティング株式会社(代表取締役社長:糸山日出男)と連携し、「ConoHa」の導入や開発の支援など、インテグレーションサービスの提供も本日より開始いたします。
 また、今後も順次、機能拡張、性能強化、海外拠点増設、サポート体制の充実などを行い、お客様のご要望や市場のニーズへの対応を進め、インターネットサービスを支えるクラウドプラットフォームとしてより魅力のあるサービス提供に努めてまいります。 

【「ConoHa」のサービス一覧】(料金は全て税抜、日本データセンター選択時のもの)
■VPS
メモリ
1GB
2GB
4GB
8GB
16GB
32GB
64GB
CPU
2コア
3コア
4コア
6コア
8コア
12コア
24コア
SSD
50GB
50GB
50GB
50GB
50GB
50GB
50GB
料金 (1ヶ月)
900円
1,750円
3,420円
6,670円
1万3,010円
2万5,370円
4万9,480円
料金 (1時間)
1.3円
2.5円
4.8円
9.3円
18.1円
35.3円
68.8円
 
■VPSのオプションサービス
サービス
料金
機能
1ヶ月
1時間
追加SSD (200GB)
2,500円
3.5円
VPSにアタッチできるSSDのブロックデバイスです。アタッチ先のVPSは自由に選択できます。
追加SSD (500GB)
4,500円
6.3円
追加IPアドレス
350円
0.5円
グローバルIP (IPv4) を1/2/4/8/16個単位で追加できます。
ロードバランサー
1,000円
1.4円
複数のVPSに対してヘルスチェックしながら処理を分散します。分散方式はリーストコネクションまたはラウンドロビンから選択可能です。
イメージ保存
1,500円
2.1円
VPSのイメージを任意のタイミングで保存できます。保存容量はリージョンごとに50GBまでは無料で、500GB単位で追加できます。
自動バックアップ
300円
0.5円
VPSをバックアップします。最大3世代分が自動的に取得されます。バックアップからイメージとして保存することも可能です。
 
その他の便利なサービス
サービス
料金
機能
1ヶ月
1時間
メールサーバー
500円
0.7円
すぐにメールアドレスを設定して使い始められる、容量10GBの共用型メールサービスです。APIで着信メール一覧などを取得することもできます。
DBサーバー
500円
0.7円
すぐにテーブルを作って利用を始められる、容量10GBのRDBサービスです。MariaDBを採用しています。VPSとローカル接続で連携することも可能です。
オブジェクトストレージ
450円
0.7円
API (OpenStack Swift) 経由で利用するファイル保存サービスです。容量は100GB単位で追加でき、上限はありません。
DNS
無料
無料
A/AAAA/CNAME/MX/TXTなどのレコードが設定できます。無料で何ドメインでも利用可能です。
GeoDNS
500円
0.7円
上記のDNSに設定された複数のAレコードのうち、リクエスト元にもっとも近いIPアドレスを返答します。
 

【「ConoHa」のパートナーシップ】
 「ConoHa」は、パートナーとともに成長していくサービスです。まずは「ConoHa」をご利用いただくパートナーである企業のお客様向けに、技術情報および検証環境を無償で提供開始いたしました。今後、「ConoHa」における新機能を優先的に先行提供し、パートナーからのフィードバックを受けて共同で新サービスを開発するなど、パートナーとの取り組みを行っていきます。
 こうした取り組みにより「ConoHa」を活用したパートナー企業のソリューション開発を促進することで、クラウドサービスの新しい利用シーンの創出をはかってまいります。
 また、第一期パートナー様(6社)より、以下のエンドースメントをいただいております。


<第一期パートナー様からのエンドースメント(6社)>
アセンテック株式会社 代表取締役社長 佐藤 直浩 様
 アセンテック株式会社は、GMOインターネットによる「ConoHa」のサービス開始を歓迎します。「ConoHa」は、定額料金で国内のお客様の利用を前提に開発された、極めて優位性の高い国産クラウドサービスです。アセンテックは、本サービスを基盤とし、デスクトップサービスを提供していく意向を表明します。この背景には、中小規模事業者における仮想デスクトップのニーズがあり、アセンテックの培った仮想デスクトップにおける豊富な実績と、GMOインターネットによる先進的なクラウドサービスの融合により、より最適なサービスが提供できるものと確信しております。今後アセンテックはGMOインターネットとの強固なリレーションシップを活かし、本サービス展開によって、特に中小事業者におけるデスクトップインフラを、セキュアかつ、機動性あるものに変革すべく尽力してまいる所存です。

シスコシステムズ合同会社 データセンター/バーチャライゼーション事業 執行役員 俵 雄一 様
 シスコシステムズ合同会社は、GMOインターネット株式会社の「ConoHa」サービス提供開始を心より歓迎いたします。昨今のクラウドサービスの需要拡大やトラフィック量の増加を受け、広帯域な40G通信ネットワークと拡張性の両立を求めるお客様の声がますます増えてきています。GMOインターネット株式会社のクラウド・ホスティング事業での優れた技術力と実績、そしてシスコのデータセンター向けスイッチNexusシリーズとの組み合わせにより、クラウド環境におけるネットワークの広帯域化と高拡張性、そしてTCOの低減を可能とし、お客様のビジネスをより加速させるクラウド・ホスティングサービスを提供できるものと確信しております。

鈴与シンワート株式会社 クラウドサービス事業部長 岩崎 洋 様
 鈴与シンワート株式会社は、GMO インターネットのクラウドプラットフォーム「ConoHa」の発表を心より歓迎いたします。弊社鈴与シンワートは「S-Port ソリューション」として、自社所有のインフラ基盤に先進のクラウドサービスを融合し、多様な環境変化に伴う幅広い経営課題に最適なビジネスインフラ&サービスを提供しております。
GMO インターネットのクラウドプラットフォーム「ConoHa」は、低コストかつスピーディなインフラとトータルサービスの提供でお客様のビジネスを支援する弊社のモットーと強く一致しており、クラウドへの多様なニーズやデータセンターを利用されるお客様のニーズに最適なサービスを提供できるものと確信し、2015年 6月以降「S-Port仮想専用サーバー(Gシリーズ)」「S-Port名刺管理サービス(Nシリーズ)」等の弊社新サービスを「ConoHa」上で提供できるよう開発を進めることをここに表明いたします。

デル株式会社 執行役員 法人営業統括本部 統括本部長 諸原裕二
 GMO インターネット株式会社のクラウドプラットフォーム「ConoHa」のご提供開始を心から歓迎いたします。成長著しいクラウド市場において、シンプルなプラン構成と低価格で高品質なサービスを提供する「ConoHa」はまさに時代に求められるサービスであり、そのインフラ基盤をDell PowerEdge第13世代サーバーにより支えられることを光栄に思います。総合ITカンパニーであるデルは、GMO インターネットのパートナーとして、ソフト・ハードを組み合わせた様々なITソリューションの提供を通じて、本クラウドサービスの発展に寄与していく所存です。

株式会社パソナテック 代表取締役社長 吉永 隆一 様
 株式会社パソナテックは、GMOインターネット株式会社のクラウドプラットフォーム「ConoHa」の提供開始を心より歓迎いたします。テクノロジーを最大限に活かしますます発展させる「人」の力、「HUMANWARE®」。パソナテックは創業時より、「HUMANWARE®」の活躍ステージの創造を通じてビジネスのイノベーション促進に努めてまいりました。15年以上のクラウド・ホスティング事業で培われた信頼の新クラウドプラットフォーム「ConoHa」は、時間や場所にとらわれることない環境を提供し、あらゆるビジネスの可能性を拡げるものと確信します。株式会社パソナテックは、「ConoHa」を活用した高品質で迅速なソリューションの提供を通じ、世界を変えるイノベーションの創造に寄与して参ります。

FPTジャパン株式会社 副社長 畠山 勉 
 FPTジャパン株式会社は、GMOインターネット株式会社様の「ConoHa」の販売開始に歓迎の意向を表明いたします。現代のクラウド利用企業の拡大に伴い、「ConoHa」の開発企業向けのローコストクラウド環境の提供が、多くのアプリケーション開発者の大きな支援施策となることと期待しております。本サービスの特徴は「信頼性」「柔軟性」「コストパフォーマンス」を兼ね備え、安定して利用することができることです。定額料金という大手クラウドベンダーとは別のアプローチをとることにより、本サービスがクラウドマーケット全体のシェア拡大に必ず寄与することと確信しております。FPTジャパンはクラウドサービス提供会社として、今回の「ConoHa」のリリースによって、多くのお客様からの新規案件の要望が増加すると考えております。開発企業向けのクラウド分野において、弊社はこれまで以上にGMOインターネット株式会社様との協業体制をとることにより一層のサービス強化をして参ります。 

【参考URL】
「ConoHa byGMO」 https://www.conoha.jp/ 



 以上


【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社 ホスティング事業部 永尾
E-mail:
info@conoha.jp  URL:https://www.conoha.jp/ 

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 細田・石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:
pr@gmo.jp
【GMOインターネット株式会社(URL:http://www.gmo.jp/)】
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.