GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2012年11月27日
報道関係者各位
GMO VenturePartners株式会社
スマートフォン・アドテク・EC/決済・プラットフォーム等の分野への投資に特化した
VCファンド「GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合」設立
〜第一号投資案件として「Coda Payments PTE. LTD.」に出資〜
 GMOインターネットグループでベンチャー投資・インキュベーション事業を行うGMO VenturePartners株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:熊谷正寿 以下、GMO VenturePartners)は、ベンチャー企業の成長を支援する新たなベンチャーキャピタル(VC)ファンド「GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合」(以下、当ファンド)を設立し、この度、本格的に新規投資を開始いたしました。
 当ファンドは、スマートフォンやアドテクノロジー、プラットフォーム、Eコマース/決済、エンタープライズ・ソーシャルの分野におけるスマートフォン、ソーシャル関連の技術・サービスに関わるベンチャー企業を支援する、GMOインターネットグループのVCファンドです。
 当ファンドの投資案件の第一号として、東南アジア初となるマイクロペイメント(小額決済)を新しいキャリア決済で実現するCoda Payments PTE. LTD.(本社:シンガポール CEO:Neil Davidson 以下、Coda Payments)に出資いたしました。
 
■当ファンド設立の経緯
 GMO VenturePartnersは、2005年よりGMO VenturePartners投資事業有限責任組合とブログビジネスファンド投資事業有限責任組合、Social Ad & Commerce technology Fund等(ファンド総額計約23億円)を運営しています。これらの既存ファンドが新規投資を完了し、現時点で投資先5社がIPOを達成、主力ファンドにおいては、既にファンド元本以上の投資リターンを実現しております。GMO VenturePartners投資事業有限責任組合は、中国本土のセキュリティ分野でシェア一位を誇るQihoo 360 Technology Co,Ltd.へ投資、IPOを実現しており、海外においても実績を上げております。
 今回、GMOVenturePartnersは、既存ファンドの新規投資の完了に伴い、新たな投資テーマを設定し、より大きなリターンを目指すため、当ファンドを設立いたしました。従来の日本国内や中国に加えて、成長著しい東南アジアにおける広告、EC、決済、スマートフォンなどの分野への投資も想定したファンドとなります。
 
■当ファンドの概要
 GMOVenturePartnersの投資活動は、GMOインターネットグループ各社の総力を結集しネット分野に特化した優良案件の発掘・創出と投資後の収益直結型の支援を特徴としております。
 当ファンドにおいても、ドメイン登録数346万件(*1)以上、サーバー事業国内シェア53.8%、ECサイト62,000店舗、決済処理金額1兆円以上などの実績を誇る(2012年9月末時点)、GMOインターネットグループ各社が出資者として参加しており、経営資源を活用した、収益に直結する投資・支援活動を展開してまいります。
投資対象は、GMOインターネットグループ各社との高いシナジー効果が期待できる「Eコマース/決済」「アドテクノロジー」「エンタープライズ・ソーシャル」の分野において、スマートフォン、ソーシャル関連の技術・サービスに関する独自の技術・事業モデルを持ち、これからの10年を担うプラットフォームとなりうるベンチャー企業としております。当初は5億円で設立、上限10億円をめどに募集いたします。

 なお、GMOインターネットグループでは東南アジアを含め海外展開を重視しており、当ファンドにおいても組成にあたり、東南アジアを重要な投資エリアと位置づけております。東南アジアにおける同分野は日本の2000年前後のインターネット業界に類似しており、GMOVenturePartnersが既存ファンドの運用において経験した成功事例が当てはまるだけではなく、進出予定企業との実際のビジネスアライアンスを通じた成長支援が有効だと考えております。
(*1)2012年9月末時点の有効なドメイン登録数。

<当ファンド要項>
 ファンドの名称
 GMO VenturePartners 3 投資事業有限責任組合
 ファンド設立日
 2012年9月15日
 ファンド運営期間
 10年(最大2年の延長期間有)
 ファンド募集期間
 2012年9月15日〜2013年5月末
 (※セカンドクローズについてはお問い合わせ下さい。)
 募集予定金額
 上限10億円
 
■投資第一号の「Coda Payments PTE. LTD.」について
 Coda Payments PTE. LTD.は、東南アジア初となる「次世代型キャリア決済」(SMSシステムを使わない新しいキャリア決済)により、マイクロペイメントサービスをインドネシア等の東南アジア地域で実現いたします。クレジットカードを介さず、かつ小額での決済ができるため、人口2億5千万人のインドネシアにおいて、多くのユーザーを獲得することが期待されます。東南アジアではECトランザクション量が急激に伸びており、マーケットポテンシャルは高く、アップサイドが大きいと評価し、東南アジア投資や決済に特化した複数のVC、インキュベーターとの共同投資に至りました。 

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMO VenturePartners株式会社 塩田
TEL:03-5458-8663  FAX:03-3780-2611 E-mail:shiota@gmo-vp.com

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 福井・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp 

【GMO Venture Partners株式会社】(URL:http://www.gmo-vp.com
会社名GMO Venture Partners株式会社
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役 熊谷 正寿
Founding Partner 村松 竜
事業内容■国内外の上場、未上場の IT 系ベンチャー企業への投資、事業拡大支援、企業価値向上支援事業 等

■ファンド運用 (以下、運用中のファンド)
GMO VenturePartners投資事業有限責任組合
ブログビジネスファンド投資事業有限責任組合
Social Commerce & Ad technology Fund 
GMO VenturePartners 3投資事業有限責任組合
総額約28億円
■主な投資先実績 
Qihoo 360 Technology Co Ltd (NYSE)、ネクスト(東証一部)、
フルスピード(東証マザーズ)、ベクトル(東証マザーズ)、
アクセルマーク(東証マザーズ)、GMOクリック証券、三三、ウェブリオ、
Kauli、dango、VASILY、ユーザベース、ロックオン、アラタナ  等 約40社
資本金2億1,000万円
【GMOインターネット株式会社(URL:http://www.gmo.jp/)】
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金30億円
以上

Copyright (c) 2014 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.