GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2012年10月4日
報道関係者各位
GMOインターネット株式会社
日本マイクロソフト株式会社 
GMOインターネットと日本マイクロソフトが提携し、
Windows®アプリケーションのクラウド型開発環境を世界で初めて提供
〜Android™、iOSなど他のプラットフォームの開発者が、
すぐにWindowsアプリを開発できる環境を用意〜
 GMOインターネット株式会社 (以下、GMOインターネット)と日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)は、PC、タブレット、モバイルデバイス向けのWindows®アプリケーション開発市場の拡大を目指して提携し、GMOインターネットが、アプリケーション開発者向けに、仮想デスクトップ*1を利用した世界初のクラウド型開発環境「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」を本日より提供開始したことを発表します。
 「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」は、開発者がWindows 8 やスマートフォンなどの様々なデバイスに対応したアプリケーションを開発する際、開発用にPC環境やソフトウェアを準備することなく、コストを抑えてすぐに開発を始められる、クラウド型の開発環境です。従来のWindows アプリケーション開発者に加えて、Android™やiOSなど他のプラットフォームでアプリケーション開発をされてきた方など、幅広い開発者がWindows 8の新しいユーザーインターフェイスやマルチタッチなどを活用したアプリケーションを容易に開発できるようになります。クラウド型の開発環境であることから、MacなどWindows以外の端末からも利用でき、また、海外でもインターネットにアクセスできる環境であれば、いつでもどこでも同じ開発環境が利用できます。両社では本開発環境をより多くの開発者に利用いただくため、アプリケーション開発者向けの支援も連携して実施します。

*1:仮想デスクトップ…GMOインターネットが有するデータセンター内のサーバー上に仮想的に構築したWindowsデスクトップへ、自宅のPCやスマートフォンなど外部の端末から接続できるリモートデスクトップ環境です。
 
【提携の背景】
 現在、急速に拡大しているタブレットを含むモバイルデバイス市場は、過去2年間で4倍の市場に成長し、2015年まで年率約14%で伸びると予測されており(出典:IDC Japan 「Q2 2012 Japan Quarterly Mobile Device Tracker」)、これに伴いアプリケーション市場も大幅な伸びが見込まれます。また、日本マイクロソフトが2012年10月26日に発売を予定しているWindows 8の登場により、さらなるWindowsアプリケーションの拡大も期待されています。
 このような市場ニーズを受けて、開発者が安価かつ利便性の高いWindowsアプリケーションの開発に取り組めるよう、両社が提携しWindowsアプリのクラウド型開発環境を世界で初めて提供するに至りました。
 今回の取り組みによりGMOインターネットと日本マイクロソフトは、3年以内に1万人の開発者に本開発環境を利用いただくことと、数多くのWindowsアプリケーションを創出することを目指しています。
 
【「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」について】
 アプリケーション開発者は、複数のデバイス向けのアプリケーション開発環境を、それぞれ自前で準備し、メンテナンスも自身で行わなければならないため、作業負担および開発環境の費用負担を解消することが、課題となっていました。今回、GMOインターネットが提供する「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」は、こうした課題を解決するために開発した、 「お名前.com デスクトップクラウド」*2のパッケージプランです。
*2: この度の提携を契機に、ブランド名を「お名前.com Windowsデスクトップ」から「お名前.com デスクトップクラウド」に刷新しました。

 
特徴1) 仮想デスクトップで Visual Studio® Professional 2012を提供
 仮想デスクトップでの提供により、開発に利用するPC、デバイスの種類や場所を問わず、最新の開発環境である Visual Studio Professional 2012を利用して、Windowsアプリケーションの開発を行うことができます。これまでVisual Studioを使用するにはライセンスもしくはパッケージなどを購入する必要がありましたが、それらに加えて仮想デスクトップ サービスを利用するという選択肢が加わりました。また、海外でも利用可能なことから、海外出張時に出張先のPCなどを使って開発を続けることもできます。

特徴2) 初期投資を抑えてWindowsアプリケーションの開発が可能
 Windowsユーザーだけでなく、Macのユーザーも利用できるため、AndroidやiOSなど、他のプラットフォームのアプリケーション開発者でも、新たな開発環境に向けて初期投資やPC環境を準備する必要がなく、初期投資を抑えてすぐにWindowsアプリケーションの開発を開始できます。Windows 8のデバイスを持たなくとも、新しいOSを体感し、対応アプリケーションを開発する環境を低コストで利用できます。

特徴3) 開発者のスキルに合わせたツールをワンパッケージで提供
 仮想デスクトップのクラウド型開発環境では、各種開発用テンプレート、自習書、開発者向けナレッジ集も提供します。アプリケーション開発者のスキルに応じてWindowsアプリケーションの開発を進めることが可能です。
 
■「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」概要
ご利用料金
 初期費用:2,100円(税込)  月額費用:6,720円〜(税込)
ディスク容量
 最大100GB
メモリ
 2GB〜4GB
OS
 Microsoft Windows Server® 2012
内容
 ・Windows Server 2012の仮想デスクトップを利用した開発環境及びリソースキットの提供
 ・Visual Studio Professional 2012
 ・素材集
 ・サンプルテンプレート
 ・サンプルソースコード
 ・開発者用自習書
申込み方法
 サービスページからお申し込みください。(URL:http://www.onamae-desktop.com/dev/
 
【サービス提供開始記念キャンペーンについて】
 GMOインターネットと日本マイクロソフトは、「お名前.comデスクトップクラウド for Windows アプリ」の提供開始を記念して、本開発環境の初期費用、及び月額費用最大3ヶ月間を無料とするキャンペーンを実施します。
キャンペーン期間
 2012年10月4日 正午 〜 2012年12月28日 正午
対象
 期間中に「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」を申し込みいただいたお客様
内容
 「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」の初期費用、及び月額費用最大3ヶ月間が無料となります
 
【Windowsアプリケーション開発者支援について】
 両社では、より多くの開発者にWindowsアプリケーションを開発いただくため、本サービスの提供に加えて、開発者向けのイベントやセミナーを開催するほか、開発サポートコンテンツ、Windowsアプリケーションの作成からリリース、集客までをサポートするプログラムを提供します。
 
GMOインターネット 日本マイクロソフト 共催イベント
Windowsアプリケーション開発セミナー「2時間でストア申請まで!Windowsアプリ開発セミナー」
開催日
 2012年10月24日 (水) 、2012年11月1日 (木) 
 ※上記以降も開催予定です。確定次第、「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」サービスサイト(URL:http://www.onamae-desktop.com/dev/)でご案内します。
場所
 渋谷 セルリアンタワー
Webサイト
 
日本マイクロソフト主催 イベント
Visual Studio 2012の発表イベント「Developer Camp 2012 Japan Fall」
開催日
 2012年10月4日 (木) 〜 2012年10月5日 (金)
場所
 渋谷 ヒカリエ
Webサイト
 
全国で開催中のWindows 8、Windows Azure等の開発者向けセミナー
開催日・場所
 全国各地でほぼ毎日開催
Webサイト
 
【Visual Studio 2012について】
 2012年9月に発売されたVisual Studio 2012は、最新のオペレーティングシステムである Windows 8 や Windows Server 2012から、クラウドプラットフォームである Windows Azure™まで、多種多様なWindows プラットフォームやデバイス向けのアプリケーション開発をサポートする統合開発環境です。詳細は下記Webサイトを参照ください。
 
【「お名前.com」について】
 ドメインの登録からホームページやメール利用、ネットショップ構築ツールやSSLセキュリティなど、ネットビジネスに必要な各種関連サービスを包括的に提供する、GMOインターネットのWebインフラサービスブランドです。「お名前.com」は、今後もお客様のご要望・ご期待にお応えすべく、ドメインの登録、レンタルサーバーサービス、携帯サーバーに代表される各種SaaS型サービスの最新サービスの提供を通じ、常に進化し多様なニーズに応え続けるWebインフラサービスとして、お客様の笑顔と感動の創造を目指してまいります。
 
【参考URL】
○「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」URL:http://www.onamae-desktop.com/dev/

【サービスに関するお問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社  ホスティング事業部 谷田
 (※お問い合わせは下記Eメールまでお願いいたします。)
E-mail:info@onamae-server.com
【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社  グループ広報・IR部 福井・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp 

◆日本マイクロソフト株式会社  社長室 コーポレートコミュニケーション部 金澤
TEL:03-4535-8055(部門代表) E-mail:mskkpr@microsoft.com 

【日本マイクロソフト株式会社】 (URL:http://www.microsoft.com/ja-jp/
会社名日本マイクロソフト株式会社
所在地東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
代表者代表執行役 社長 樋口 泰行
事業内容■コンピュータソフトウエアおよび関連製品の営業・マーケティング
資本金4 億 9950 万円

【GMOインターネット株式会社(URL:http://www.gmo.jp/)】
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金30億円
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.