GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2012年6月5日
報道関係者各位
GMOリサーチ株式会社
「GMOクラウドVPS」サービスを拡充
OS「CloudLinux™」とサーバー管理ツール「Parallels Plesk Panel 10」を採用
〜複数のドメインによるWEBサイト運用に最適な組み合わせ〜
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山 満 以下、GMOクラウド社)は、本日2012年6月5日(火)にクラウド基盤のVPSサービス「GMOクラウド VPS」において、新たにOS「CloudLinux」と「CentOS 6」、サーバー管理ツール「Parallels Plesk Panel 10」を追加しサービスを拡充いたしました。
クラウド基盤のVPS でOS「CloudLinux」と、サーバー管理ツール「Parallels Plesk Panel 10」とを組み合わせて利用することで、複数ドメインによるウェブサイト運営を簡単に行うことができます。この組み合わせを利用できるクラウド基盤のVPSサービスは「GMOクラウド VPS」が国内初となります。
※1:VPS(Virtual Private Server)とは、1台のサーバー上にあたかも専用サーバーのような独立した領域(仮想専用サーバー)を動作させることで、共用サーバーの運用の手軽さと専用サーバーの高い拡張性能を併せ持ったレンタルサーバー。

【「GMOクラウドVPS」サービスの拡充について】(URL:http://vps.gmocloud.com/
 「GMOクラウドVPS」は、GMOクラウド社がこれまで培ってきたクラウドサービス提供ノウハウを活かし、自由度や使いやすさを追求したVPSサービスです。仮想化技術にKVM※2を採用し、クラウドサービス並みに高い可用性と自由度を持つ仮想化されたサーバー環境を、GMOクラウド社が独自に開発したサーバー管理ツールから簡単に構築・管理することが可能です。
 今回、多様化するサーバー構築のニーズにお応えするため、新たに2種類のOSと、サーバー管理ツールとしてホスティング自動化コントロールパネル「Parallels Plesk Panel 10」を追加いたしました。これにより選べる仮想OSテンプレートの種類が6種類に拡大し、またサーバー管理ツールにも選択肢が加わったことで、より一層の自由度が高まります。
 またサーバー監視・管理の作業が管理画面からできる「Parallels Plesk Panel 10」と、複数ドメインによるウェブサイト運用に適したOS「CloudLinux」は、組み合わせて利用することで、収容ドメインごとのリソース使用状況や制御などをグラフィカルな画面で確認、設定することができます。
※2:KVM(Kernel-based Virtual Machine)とは、サーバーを仮想化するための技術の1つで、Linux OSの基本機能の役割を担うソフトウェアであるLinuxカーネルに組み込まれているため、仮想マシンを効率よく実行できるうえ、高性能かつ高い拡張性、そしてサーバーの仮想化を実現することができます。

■新OS「CloudLinux」と「CentOS 6」について
 「CloudLinux」とは、複数ドメイン収容時におけるパフォーマンスの最適化と安定性の実現を主眼に米国Cloud Linux, Inc.によって開発されたOSで、サーバーの収容密度を高め、運営コストの削減を図ることができます。「GMOクラウド VPS」より提供することで、VPS上での共用ホスティング環境の構築や、複数のドメインによるWEBサイト運用などのご利用も可能となりました。
また、「CentOS 6」は業務用OSとして高い評価を得ているRed Hat Enterprise Linux※3ベースのLinuxディストリビューション※4で、安定性と信頼性が高いことから多くの企業で採用されています。
※3:Red Hat社によって開発・販売されているLinuxディストリビューション。
※4:Linuxディストリビューションとは、OSのカーネルとアプリケーションなどを1つにまとめてインストールすることが可能な配布形態。


<新OSの利用料金・主な特徴>

OS名

 初期費用

月額料金

主な特徴

CloudLinux

無料

1,575円(税込)

・CPU、メモリ等のリソース独立分離化で安定運用を実現
・仮想化されたファイルシステムで、サーバー内の高い安全性を確保
・「Parallels Plesk Panel 10」との親和性に優れ、サーバー・リソースを効率的に監視可

CentOS 6

無料

無料

・安定性と信頼性が高く、企業サーバーのOSに最適
・Red Hat Enterprise Linuxの運用ノウハウを活用できることが多く、インターネット上で簡単に情報が得られる

■「Parallels Plesk Panel 10」について
 「Parallels Plesk Panel 10」は、米国Parallels, Inc.によって開発されたホスティング自動化コントロールパネルです。Windowsに似たグラフィカルなユーザーインターフェースにより、サーバー管理を直感的かつ容易に行うことができます。 

<コントロールパネル イメージ図>


<「Parallels Plesk Panel 10」利用料金> 

サービス名

初期費用

月額料金

10ドメイン版

無料

787円(税込)

無制限ドメイン版

無料

1,575円(税込)


 この度の「Parallels Plesk Panel 10」の提供開始にあたって、Parallels, Inc.の日本法人であるパラレルス株式会社の代表取締役社長 富田 直美様より、コメントをいただいています。

■パラレルス株式会社 代表取締役社長 富田 直美 様のコメント
 パラレルスは、クラウド及びホスティング事業における長年の協業パートナーであるGMOクラウド社が「GMOクラウド VPS」に「Parallels Plesk Panel 10」を採用したことを大変嬉しく思います。ITビジネスの収益性を高める、使いやすく高機能なソリューションである「Parallels Plesk Panel 10」は、今日までサービス提供事業やWebデザインを行うお客様の多くに高く支持されています。「GMOクラウド VPS」と「Parallels Plesk Panel 10」また「CloudLinux」を組み合わせることによって、お客様はサーバー管理時の利便性を一層享受できると確信しております。パラレルスでは、今後もGMOクラウド社を重要な戦略的パートナーとして認識し、同社のクラウド及びホスティング事業推進を一層支援してまいります。

【「Parallels Summit 2012 Japan」への出展について】
 GMOクラウド社は、本日2012年6月5日(火)に東京都渋谷区で開催される「Parallels Summit 2012 Japan」へのブース出展をしています。
●「Parallels Summit 2012 Japan」
URL:http://www.parallels.com/jp/summit/japan/2012/

【「GMOクラウド株式会社」とは】
 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内6,000社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。
 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポールの拠点でグローバルに展開しております。 

【報道関係お問い合わせ先】

◆GMOクラウド株式会社 コーポレート部 遠藤・古見
TEL:03-6415-6100  FAX:03-6415-6101 E-mail:pr@gmocloud.com

◆GMOインターネット株式会社  グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp 

【GMOクラウド株式会社】 (URL:http://www.gmocloud.com/
会社名GMOクラウド株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3788)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 青山 満
事業内容■ホスティングサービス事業   
■セキュリティサービス事業
資本金9億1,007万円(2012年3月末現在)
【GMOインターネット株式会社】  (URL:http://www.gmo.jp/
会社名GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金30億円
以上

Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.