GMOインターネット株式会社
ホーム > ニュース > ニュース記事

ニュース

2010年6月16日
報道関係者各位
GMOインターネットグループ
GMOインターネットグループ「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクト
550を超えるエントリーから精鋭27チームが審査通過
~有名な家庭用ゲームを世に生み出した人も多数参加~
 GMOインターネットグループは、総額3億円を掛けてニッポンのクリエイター&エンジニアが世界へ通じるソーシャルアプリを開発するための支援プロジェクト「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクト(URL:http://app-yarouze.com/)を本年3月に発足いたしました。
 そして550を超えるエントリーから27チームが審査を通過し、現在本プロジェクトの支援のもと、ソーシャルアプリの開発にあたっております。
 
【審査通過チームについて】
 「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクトへエントリーされた550超の企画の中には、これまで大手ゲームメーカーに所属されていた方や、家庭用ゲームソフトの開発会社で有名家庭用ゲームを世に生み出した方、東大生が集まった若手チームなどからの応募がありました。ご提出いただいたソーシャルアプリ企画は、大変優秀な企画ばかりで審査は困難を極めましたが、その中でも、技術力、運営力、企画力、財務体質、熱意に優れ、実際にソーシャルアプリを開発し、リリースする実現可能性が大変高い27チームを選出いたしました。
 
【懇親会の実施】
 6月4日にはプロジェクト参加27社のメンバー、専門審査員、協力メディア、GMOインターネットグループスタッフ200名ほどが一堂に会して、懇親会を実施いたしました。現在のソーシャルアプリの熱気が凝縮された本イベントの模様は以下URLよりご覧ください。
 ◎懇親会レポートページ URL:http://app-yarouze.com/together.html
 
  
 
【参加27チーム中、代表的な法人・チームの実績】
社名
実績
アンバイ株式会社
ゲームクリエイターとして14年のキャリアを持つ木村央志氏を中心に編成されたチーム。木村氏は『クーロンズゲート』などPSゲームのディレクションやシナリオをはじめ、数多くのモバイルゲームの受託開発を手がけており、「ゲームクリエイター作法」などの著書もある。
今回、一足先にソーシャルアプリで実績を積んだエンジニアの野知、イラストレーターの斎藤、そしてモバイルサイト運営をプロデュースする伊藤を加え、心機一転、ソーシャルアプリ界に名乗りを上げるべく新会社を発足しての参加となる。
有限会社ソフトニカ
コンシューマーゲームを中心に数多くのゲームを制作してきた、ゲーム業界歴の長いメンバーを中心に構成されているチーム。代表の橋下友茂氏は、1983年の第1回エニックスゲームプログラムコンテストに入賞しているほか、ファミコン全盛期のソフト『バレーボール』『新鬼ヶ島 前後編』など数々の名作コンシューマーゲームを手がけてきた、30年近いキャリアを持つ大ベテラン。豊富な経験と実績を活かし、新たなジャンルとなるソーシャルアプリに参入する。
有限会社Sol Entertainment
大手ゲームメーカーでキャリアを積んだ神江豊氏を中心に構成されたチーム。神江氏はコンシューマーゲームやアーケードゲームでプロジェクトの企画からプロデュースまでを担当、『ガンバレット』『鉄拳』シリーズなどのヒット作に携わってきた経験があり、現在もプラットフォームを問わずさまざまなゲーム開発を手がけている。豊富な経験を活かし、「アプリやろうぜ! by GMO」プロジェクトを通じて、ソーシャルアプリでもヒット作のリリースを目指す。
有限会社パイカル
コンシューマーゲームの企画開発のほか、WEBコンテン ツの企画開発やアートワークなどの制作も行っているチーム。コンシューマーゲームの開発においては、受託開発・スタッフ参加の形で多くの大型タイトルのプロジェクトに関わってきた経験もある。また、チーム内に新進気鋭のイラストレーターたちによるデザイン部門も抱えており、アートワークやキャラクターデザインなど、デザイン面に自信を持っているチームでもある。
「攻殻機動隊(PSP)」、「THE EYE OF JUDGMENTシリーズ」、「ブルードラゴン」、「ゼノサーガ エピソードIII」など多数の実績を持つ。
株式会社マグナムエンタ
ゲーム企画会社のマグナムエンタと、WEBクリエイティブプロダクションのクラップスによるコラボレーションチーム。マグナムエンタは、コンシューマゲームで数々の有名パーティゲームを手がけ、オンラインゲームでユーザー数100万人以上の『ファミスタオンライン』を手がけてきた実績を持つメンバーから成る実力派。今回はマグナムエンタが企画・プロデュースを、クラップスが開発ディレクション・実制作を担当する。またマグナムエンタの佐藤氏には、劇団主宰という開発者としては異色の一面もある。
株式会社マルムゲームス
モバイル向けに数多くのFlashゲームを制作し、ヒットさせてきた西尾タイラー氏と、コンシューマーゲームの世界でディレクターとして活躍してきた世永玲生氏を中心に結成された。世永氏はコンシューマーゲームでファミ通ゴールド殿堂入り作品を複数手がけているほか、iPhone用アプリ『Matrix Music Pad』でApple Rewind 2009ベストアプリ有料部門1位・ベストセラーアプリ選出となった実績もある。今回の「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクトでも、数多くの応募者の中から、いの一番に参加決定となった気鋭のチーム。
有限会社Route24
コンシューマーゲームの世界で個性的な作品の数々をリリースしてきた西健一氏と、クリエイティブに対する情熱を持ったウェブプロダクションであるワン・トゥー・テン・デザインとオンラインゲームで実績を持つジーウェブが中心となって結成された チーム。
西氏は『クロノ・トリガー』、『スーパーマリオRPG』、『PostPetDS 夢見るモモと不思議のペン』、『Moon』(プレイステーション用)『ギフトピア』『ちびロボ!』(ゲームキューブ用)などの諸作ほか、坂本龍一 氏と共同でゲームを開発した経験もあるディレクター。ワン・トゥー・テン・デザインは、これまで40を超える国内外の広告賞を受賞した実績を持つなど多数。


 この他のチームにつきましては、WEBサイトもしくは本リリースの参考資料をご参照ください。
(参加27チーム紹介ページURL:http://app-yarouze.com/sap.html
 
【審査について】
 「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクトの審査は、応募多数のため大変厳しい審査となりました。審査の流れは以下の通りです。
 
1)ソーシャルアプリ企画をプロジェクト事務局へエントリー
2)事務局で第一次書類審査
3)書類審査を通過した100企画を専門審査員、プラットフォーマー審査員、メディア審査員にて審査。
4)審査後有望な80社を対象に「熱意」「技術力」「企画力」「財務体力」の4つの分野に分けて個別面談。
5)全ての分野で得点の高かった上位30チームを選抜。その後、条件等をすり合わせ27チームが審査通過。
 
【今後について】
 開発が完了したソーシャルアプリは、本プロジェクトの開発対象プラットフォームいずれか(GREE、mixiアプリ、モバゲータウン)で順次リリースしていく予定です。今後もリリースしたソーシャルアプリごとにお知らせして参ります。
 
【関連URL
◆「アプリやろうぜ!by GMO」公式サイト:http://app-yarouze.com
◆参加27チーム紹介ページ URL:http://app-yarouze.com/sap.html
懇親会レポートページ URL:http://app-yarouze.com/together.html
 
 
■参考資料1:プロジェクト参加が決定した27チーム(50音順)
 
法人・チーム名
PR
1
株式会社アイ・コネクト
家庭用、PC、携帯とそれぞれでの開発経験のあるメンバーが、アイドルを本気で育てる環境を作るためアプリ開発に挑む!
2
アンバイ株式会社
ゲーム&コンテンツのプロが結集してアプリ始動!
社名を裏切らない「いい塩梅」でソーシャル本陣に斬り込む!
3
インタラクティブエンゲージメント合同会社
インタラクティブなWebメディア構築や運営を得意とするメンバーが、今年3月に集結。オリジナルアプリでユーザーの心をガッチリ掴む!
4
株式会社エクスクウェイド
 代表者は学生!mixiモバイルアプリの制作実績を持つ
彼らが、若さを武器にオリジナルアプリ開発に挑む。
5
河本産業株式会社
ニンテンドーDS『風雲!大籠城』開発チームが参戦!
アプリに新風を巻き起こす!
6
株式会社K sound design
既に66万人を超えるユーザーを魅了する「モバイルウォーズ」を
さらに進化させるため、一切の受託開発を断り、プロジェクトへ参加!
7
株式会社ゲームロア
家庭用機20タイトル超、携帯電話向け50タイトル超の実績の持ち主が次世代ソーシャルゲームの覇者となることを目指す!
8
株式会社スーパーアプリ
モバイルコンテンツ・アプリの受託開発実績豊富な彼らが
オリジナルコンテンツに挑む!
9
株式会社スカイリンク
広告を軸に制作ソリューションの提案・制作を行う彼らが
本プロジェクトでソーシャルアプリへ本格参入!新風に期待!
10
株式会社SCOOPY
東大生チームが審査に通過!学生ながら既に実績あり!
学生だからこそ生み出せる自由なソーシャルアプリに期待!
11
株式会社スプーキーズ
人気mixiアプリ「庭爺」をさらに進化させるべく、プロジェクトへ参加!アプリ運営経験の強みを生かして目指せ、トップアプリ!
12
星座をテーマにしたRPGアプリ(仮称)を作るプロジェクト
昨年★4★5の評価を得るも、たったの2日でサービスを終了した
幻のmixiアプリが、GMOの強力なバックアップを得て再び登場!?
13
有限会社ソフトニカ
「VSエキサイトバイク」「遊遊記」を手掛けたソフトニカ橋下氏と、
20年以上の制作経験豊富なベテランスタッフがタッグを組む!
14
有限会社Sol Entertainment
「鉄拳」「ガンバレット」などヒット作に携わった神江氏が率いる精鋭たちが世界を震撼させるメガヒットコンテンツの創造を目指す!
15
株式会社ティンマシン
スタッフの半数以上が大手ゲームメーカー出身者!
クリエイターの個性のぶつかり合いから生まれる独創的なアプリに期待!
16
有限会社パイカル
大型コンシューマーゲーム数多く関わってきた企画・開発集団!
実力派イラストレーターによる魅せるアプリに期待!
17
株式会社ファーストインパクト
家庭用ゲームで10年以上のキャリアを持つクリエイターが集合!
本プロジェクトでオリジナルアプリ開発を目指す!
18
株式会社ぼんさい
有名ゲームを生みだしたメンバーが、プロジェクトを通じて
ニッポンのゲーム開発力が世界に通用することを証明する!
19
株式会社マグナムエンタ
コンシューマゲームで数々の有名パーティゲームを手がけたマグナムエンタと、
WEBサイトプロモーションに定評のあるクラップスのコラボチーム!
20
株式会社マルムゲームス
プロジェクト審査トップ通過チーム!コンシューマーゲームで
ファミ通ゴールド殿堂入り、iPhoneアプリ日本一位の実力派!
21
株式会社マロウエンターテイメント
オンラインゲーム開発会社でキャリアを積んだ
バランス良いメンバーでヒットアプリに挑戦!
22
ものづくりインジャパン株式会社
ハンゲでもヒットゲームを誕生させた実力者が
ネットワークゲームのノウハウを持って、ヒットアプリを狙う!
23
有限会社ラチェットタイプ
小学4年からゲーム制作を始めた強者がプロジェクト参戦。
オリジナルコンテンツで夢を掴む!
24
株式会社リット
100タイトル以上の幅広いゲーム開発実績を武器に
長年あたためてきた企画を形にする!
25
有限会社Route24
個性的な作品を生みだしてきた西健一がプロジェクトへ参加!
時代にマッチしたソーシャルアプリの誕生に期待!
26
レックスバート・コミュニケーションズ
株式会社
PC版での実績を引っさげ、モバイルの開発に挑む!
ゲームに掛ける情熱でパワーアップするアプリに期待!
27
株式会社 六面堂
「ベイブレード」や「イナズマイレブンTCG」の企画・開発を
手掛けた実力派がソーシャルアプリの新たな未来を拓く!
※法人化(法人化準備中)のためエントリー時のチーム名と異なるチームもございます。
 
■参考資料2「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクトについて
〈理念〉
 私たちGMOインターネットグループは、創業以来「すべての人にインターネット」を掲げ、インターネット上の情報量を増やす事業に集中してまいりました。 現在、急激な成長を見せるソーシャルアプリの世界で、クリエイター&エンジニアの皆さまにオリジナルコンテンツ制作の支援・提供をすることもインターネットの情報量を増やす一つと考え、私たちは「アプリやろうぜ!」プロジェクトの発足にいたりました。次代を担うこれからの作り手にとっての、最初の一歩になるように。興味を抱いた実績ある作り手にとっての、新たな種火になるように。志をくすぶらせている作り手にとっての、奮起の機会になるように。「アプリやろうぜ!」プロジェクトが、ニッポンのクリエイター&エンジニアをサポートします。
 
〈プロジェクト内容〉
 新たな才能を持ったクリエイター&エンジニアを対象に、GMOインターネットグループが総額3億円を掛けて、開発資金や開発環境、技術サポート、必要人員のマッチングなどを行います。クリエイター&エンジニアがアプリの開発だけに専念できる環境を整えることで、力を存分に発揮していただき、mixiやモバゲータウンのランキング上位を目指すアプリ、オリジナリティのあるアプリ、作り手がきちんと収益を得られるアプリの開発を支援します。
 
〈支援内容(5つのメリット)〉
(1)開発費(30万円×開発スタッフ数×開発期間)を提供
(2)GMOインターネットグループの持つインフラをパッケージ化し、「GMOソーシャルアプリ運営キット」として提供
(3)必要に応じて、開発・制作に集中できるオフィス、及び人材・技術交流機会の提供
(4)アプリリリース前後の集客支援・「アプリやろうぜ!」ネットワークの提供
(5)プラットフォームとの交渉、経営のサポート、将来の海外展開の支援
 
<プロジェクトにご賛同いただいているメディア様>
●特別協力
 ファミ通グループ様
●協力(五十音)
 @IT(アットマーク・アイティ)様
 ASCII.jp様
 ASCII.technologies様
 Web Site Expert様
 Web Designing様
 gihyo.jp様
 CodeZine様
 マイコミジャーナル 様
 
【本プロジェクトに関するお問い合わせ先】
◆「アプリやろうぜ!by GMO」プロジェクト事務局 お問い合わせフォーム

【報道関係お問い合わせ先】
◆GMOインターネット株式会社  グループ広報部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611  E-mail:pr@gmo.jp
【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長熊谷 正寿
事業内容■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
資本金12億7,683万円

以上

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.