GMOインターネット株式会社
ホーム > GMOすごいエンジニア支援制度

企業情報

 
GMOすごいエンジニア支援制度
サバろうぜ!
セミろうぜ!
椅子ろうぜ!
学ぼうぜ!

GMOインターネットグループは、「革新的で素早い展開」と「低価格」により、多くのお客様の笑顔を生み出すため、これまでもグループの持つ技術力を武器にドメイン事業、サーバー事業、セキュリティ事業、インターネット証券事業において様々なサービスをフルスクラッチで自社開発・提供してまいりました。

わたしたちの創業の精神として掲げる「スピリットベンチャー宣言」には、『"一番"であり続ける為に、「エンジニア」と「クリエイター」が自然と集まり、互いに切磋琢磨できるような、仕組み・環境を整備しよう。』と謳っています。
この度、GMOインターネットグループでは、エンジニア・クリエイタースタッフの満足度と技術力をさらに向上する取り組みとして、新技術の研究・開発支援を行う「GMOすごいエンジニア支援制度」を新設いたしました。

スキルアップ補助制度「学ぼうぜ!」

エンジニア、クリエイターに向けた、技術関連の書籍や最新ガジェットの購入、開発合宿への参加費など、スキルアップに繋がることであれば年間10万円を上限に費用を補助するプログラムです。

スキルアップに対するモチベーションの向上と、エンジニアスタッフが自ら考え積極的にスキルアップに取り組むことを支援いたします。

さらに、そこから得た成果やスキル・ノウハウをグループ内のスタッフ同士が共有し合うことで、結果としてGMOインターネットグループ全体の技術力の向上を目的としています。



快適な開発環境支援プログラム「椅子ろうぜ!」

GMOインターネットで働くエンジニア・クリエイターへ「快適な椅子」や「デザイン性に優れた椅子」の提供によって、開発環境を支援する制度です。

長時間パソコンに向かって開発作業をするエンジニア・クリエイター自身が自分に合った椅子を選べる制度を設けました。
また、スタッフにより優れたデザインに触れ感性を磨けるよう、インテリアの一つでもある椅子の選択肢には、デザイン性を追求した椅子も用意しています。



勉強会・セミナー支援制度「セミろうぜ!」

業務の一環としてエンジニア・クリエイターは、四半期に1度の勉強会やセミナーへ参加する権利を有することを明示します。

本取り組みでグループのエンジニア・クリエイターにアンケートを取った結果、

「出たいセミナーがあるけれども、現在の開発案件の
 手を止めてまで行きたいと言い出しにくい」
「一緒に働くスタッフの手前、業務時間内に開催される
 勉強会に出ていいのか悩む」

というさまざまな声から生まれた支援制度です。



研究・開発環境支援「サバろうぜ!」

希望するスタッフに研究・開発環境として自社サービスを「無料」で提供します。

・自らの技術力と開発力の向上に役立ててもらうこと
・自らがユーザーとなることで、より優れたサービスへ進化させること

これらを目的とした支援制度です。

これはグループのエンジニア・クリエイターから「グループのサービスを個人的に使ってみたいが、どこに申し込んだらいいのか?」や「実際に個人的に使って、その声をフィードバックしたい」という声が多かったことから実現した支援制度です。




Copyright (c) 2016 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.